スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手にスポンサーサイトを載せるな

何度も言わせるな、うっとおしいんだよ!!
スポンサーサイト

自律した国民になるために

西欧が自律した個人を作り上げた原因は宗教革命であった。中世という時代の中では、人は生まれてから死ぬまで、ローマを頂点としたキリスト教支配による教会のもとに全てが決められ、人は生まれた身分のまま一生を終えることが伝統であった。そして教会の支配のもとに、生まれれば教会で洗礼を受け、結婚し、死んで葬られることが人生であった。西欧の人間を支配していたものは、絶対的な君主ではなくキリスト教会という政治制度であった。

それを変えたものはなんであったのか!明らかに宗教改革と呼ばれる教会を中継として神との契約の中に生活するものから、個人と神との直接契約の世界に変わったことである。それによって、人間は、どのように自分を律すれば神の意に沿える人間になれるのかと考えて行動する自律した主体に変わったのである。他律の世界が自律の世界に変わったものを中世からの脱却と呼ぶ。

今、日本人は自律しているのだろうか?自らに問う時が来ている。敗戦によって与えられた民主主義は機能しているのか?国民主権と言いながら、全てが官僚の決めた閣法制度という行政府の言いなりの国家に成り果てていることに、あなたは気づいているのか?自律とは自らが国を、制度を、人生を作り上げることであるが、本当にそのような国になっているのか!我々は自分たちに真剣に問う時にいる。戦後の日本は、全てが占領国の意思のもとに制度が決められ、それに従って我々、日本人は生きる道が定められた。それは決して自律した結果に生まれたものではない。一体、戦後の日本人の、どれだけの国民が実態を認識してきたのだろうか。明らかに国民は何も考えてこなかった。敗戦で焦土と化した廃墟の中から、国民は一刻も早く生活を取り戻すことだけを目標に懸命に働くしかなかった。結果として急速な経済発展は得られたが、国民は自分たちの人間としての目標を忘れ、ただ西欧並みの物質的な豊かな国の実現が目標と勘違いして今日に至っている。

我々は、もう一度、真剣に自らに問うべきだ。一体、戦後から現在まで、自分たちは何も求めて、どんな国や社会を作ろうとしてきたのか!ただ、時代の流れの中で、漫然と流されてきただけではないのか!選挙で選ばれてもいない官僚と呼ばれる自民党と一体化した国家公務員という公僕が、勝手に法律を作って国民支配をしてきたことを見てこなかったのではないのか!何も考えずにうまくいってきたという過去は忘れるべき時に来た。自民党から民主党に政権交代が起き、官僚たちは真剣に危機感を持ち、戦後以来の自分たちの既得権が消えることに真剣に向き合い、ついに国民に牙をむいたのだ。それが不正選挙というものであり、結果として官僚の傀儡の自民党の選挙での圧勝を実現させた。そして現在、この国では何が起きているのだ!

気づけ国民、阿部晋三・自民党政権は今日まで何をしてきたのだ。あらゆる意味で国民の権利に制限をかけ、官僚の利権拡大と、それと一体化した自分たち自民党の権力の強化に走り、集団的自衛権や秘密保護法で、完全に国民を支配して明治の官僚国家に戻そうとしている。そんな国にしたいのか!もっと国民は真剣に考えるべきだ。国民主権とは何か、本当に何もわかっていないことを自覚すべきだ。国家とは政治制度なのだ。今のこの国の政治制度が民主国家で国民主権の国なのか!あなたはそれを真剣に考えているのか。今しか変えるチャンスはない。このままでは本当に北朝鮮と同じ国にされてしまう。怒れ国民、本気で国を変える時だ!!

そして私も気づいた。仏教は自分の外にいる神に従うという西欧の一神教と根本的に異なり、己が神となることを目指す究極の自律した個人の確立なのである。だからこそ、明治以来に過去の日本人の精神的な基盤を捨てたことで、日本人は自律性そのものまでを捨て去り、今日まで漂流したままなのだ。なのにバカな知識人とか呼ばれている者たちの西欧至上主義の考えのもと、日本人は本当の自分を忘れ、どうすべきかを見失ったまま今も漂流したままなのだ。自分たちの過去の歴史を正しく見れば、我々はおのずと、どの方向に、何を目指して進むべきかを見れるだろう。日本人は決して情けない国民ではない。頑張れ国民!!

スポンサーサイト

勝手にスポンサーサイトなど貼り付けるな!
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。