スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を支配する思想と物質的欲望満足の関係

近代の政治思想の前提を作り上げてきたものは、科学技術による自然を数値化して利用することで得られている膨大な生産力である。17世紀のデカルトの二元論による人間とそれ以外の全てを物質化してみる思想で、自然は生命を持たない単なる物質とされ、それを研究して人間のために利用することで、西欧文明は巨大な経済力と軍事力を獲得し、世界の他の文明を支配した。他の文明は西欧化するか否かの二者択一を求められ、それをいち早く選択した明治維新の日本は成功し、逆に、過去からの偉大な文明の存在ゆえに変化できなかった中国などは大きく遅れた。

物質文明の拡大は、西欧思想の理性による支配というものから、衣食住や権力、性欲などの欲望から人間を見るものに変化する。衣食住という唯物主義のマルクス思想、権力欲というニーチェ、性欲というものが人間を支配するというフロイトの心理学が人間の存在の根源を変えるものとなる。政治思想でおきたものも生産性の拡大で変化が起きる。人間が自然を見る観点は、自然科学というものになり、世界の一部を構成するものではなく、人間によって利用される対象に変化してしまう。

このような中で、最も顕著に近代の政治思想と、生産性の関係を顕著に違いを示す例はリバイアサンで有名なトーマス・ホッブスと、ジョン・ロックの違いで説明ができる。その原理は、現在のイスラム諸国がなぜ発展できずに闘争を繰り返すのかも説明できるものになるだろう。

ホッブスの思想は、人間を共同体の一員ではなく生物としての個人と見る。それを自然状態の中にいる個人とみなすが、生産性に一定の限度、すなわち富の総量がきまっている世界の中において、人間は生存のために欲求を制御できない存在として捉える。その結果、人間を放置すれば、限られた富の争奪の争いというアナーキーな状況になるという結果になった。万人は、万人に対する狼、という言葉の意味がこれである。従ってそれを防ぐためには、強い権力による人間の統制が必要だというリバイアサンの理論となった。一定の生産性の社会の中においては、各人が倹約という抑制をなくせば社会は破たんする。それに対して権力者は、その分け前を前提にして社会を統制できるとしたのである。

これに対してロックの場合、富の総量は決まっていない。それは生産性の拡大でいくらでも拡大できるとする。ホッブスより約100年後に活躍した彼の時代背景は、まさに英国の産業革命前夜の世界に存在していたのである。生産性を拡大できるというのは、人間が動物と違い、予測する能力によって穀物などに最適な労働力を提供することで富を大きくできるとした。ロックと違い、労働が富を再生産するという考えになり、人間をラショナル・アンド・インダストリアル、すなわち理性的かつ勤勉な存在とした。西欧の過去の世界では、労働は奴隷のするものとした考えを変えたのである。この考えがのちのイギリスの経済学を作る思想となった。そして人間が科学技術により、自然からの搾取により強大な生産力を持つという基本的な思想となったのである。

以上の違いでイスラム諸国を見れば、厳しい自然の中に存在するイスラムの世界では、富の総量を拡大することは依然として厳しく、石油などの自然資源がない国では、ホッブス的な思想がいまだに続き、西欧的な個人の解放は、権力者から見れば、国家そのものがアナーキーになるという認識がいまだにあるからである。それを一神教という思想の存在で、さらに対立をあおる結果ができるものとなってしまっているのだ。この解決を日本人は歴史という流れと、日本仏教の八百万の神の考えで変えさせるべきである。我々の中には、明治維新というものと、過去から続く自然の中にも神を見る平和の思想が存在する。それをもっと自信を持って世界に示すべきである。
スポンサーサイト

変わらない教育制度の行く末はどこなのか

明治維新は、西欧の圧倒的な武力による侵略の恐怖からの国家の再生であった。300にもなる藩という独立した行政制度を解体し、中央集権により国家を一つにまとめ上げ、そのために国学を利用して天皇を中心にして新たに生まれた「国民」という人々をまとめ上げ、富国強兵の国づくりが求められたのである。それは江戸末期の武士たちの正しい歴史判断であった。西欧の科学技術による優位さを認識できなかった巨大な文明国家であった中国が、結局は米欧列強に屈して植民地化されたことで、結果として日本より50年以上も出遅れたことがそれを証明している。16世紀の後半以降、西欧は科学技術という武器により非西欧諸国を次々に征服していったのである。唯一、極東という地理的にあった日本は、開国と西欧思想を受け入れたために征服を免れたのである。

明治以来の日本の教育制度は、正に西欧を目標とした科学技術と制度や思想の移入による富国強兵のために作り上げられた。天皇を神とする国家神道を作り上げ、幼少期の子供たちには教育勅語なるもので国のため、天皇のために尽くすという忠君愛国という道徳教育がなされ、その後は科学技術や制度、思想の移入のために必要な数学と英語が最優先され、国民や他国の植民地化の統治に必要な法律が最重要視されてゆく。結果として東大法学部や技術のための工学部が最高学府と呼ばれることになっていったのである。明治以前に重要視された仏教や儒教に基づいた心の教育は完全に無視されてしまった。

16世紀末以降の西欧思想は、ベーコンの「知は力なり」という言葉や、デカルトによる「思惟する自我と延長する物質」という二元論により、人間以外のすべてを物質に見立て、それを精密に研究することで科学技術を発展させ、結果的に強大な力を保有することになる。その有様を武士たちは正確に見ていたのである。しかしながらその本質は、支配せんとする意志の力の文明にすぎず、理性の信仰は欲望の解放という本質をあらわにして来ることで思想的な行き詰まりを見せた。ヘーゲルに代表される国家の絶対化による弁証法の理論は、結局、西欧の本質が世界を支配せんとする意志の表れであった事を示している。物質的な欲望は自然を支配することで次々に拡大し、人間は確実に豊かになったが、その行く末がどこになるのかという問題が生ずる。しかしながら、西欧の良い面しか見れなくなった我が国は、その西欧の行き詰まりを認識できず、結局は太平洋戦争で国家の破たんを迎えたのである。

戦前の教育の中にあった国家神道に基づく道徳教育は廃止され、戦後の知識人たちは道徳というものをどうすべきかという議論を放棄した。国民は敗戦による廃墟の中から、物質的な欲望を満足させることを第一に懸命に働き、結果として世界が驚くほど速く復興を成し遂げたばかりか、急激な経済的成功まで実現した。結果として教育も、良い学校、良い大学、良い会社、良い生活という物質的な欲望追求の社会になっていった。大学は理性の府といわれるが、そこで求められることは技術的理性となり、自然を利用した科学技術や人間支配のための法学部だけが最高のものとされる方針は変わらないどころか強化されてきた。政治の問題も、経済というものだけが大きくなり、国家の向うべき方向は何も議論されずに今日まで来ている。米国への依存で戦後の経済の立て直しは成功したが、その方向性の見直しは何もなされず、戦前の失敗を何も反省していない未来のための議論がない同じ構造の失敗が繰り返されようとしている。

我々は教育の目的を技術的理性ではなく、精神という心の問題を大切にする本来の理性の府に求められる智慧のための理性の府にしなければならない。人間の欲望を最上の目的にすることは間違いである。欲望に限りがないことは歴史が証明している。全ての宗教は欲望の抑制を求める。特に仏教はそれを厳しく律する。本来の道徳を求める意味でも、日本人の祖先の中に脈々と流れていた仏教、そして自然のすべてに神を見る本来の神道や、江戸期の武士の教育の基本にあった儒教の倫理観などの見直しが必要である。それを基にした教育の復興こそが本当の意味の戦後の日本が作られるきっかけになると信じる。人間は歴史的なものに過ぎないという有名な言葉のように、我々は歴史を正しく見直し、我々と世界の行くべき道を正しく見るべき時に来ている。

世界を見る基準としての欲望という概念

ヨーロッパの凋落が始まり、それは米国に及んでいる。日本も国内経済は成長できない期間が長く続く。中国は数年後には世界一の経済大国になるだろうと言われているが、その結論は早い気がする。もはや一国だけで経済を見る事に意味が無くなっている。現実問題として、日本も製造業より、M&Aという買収や統合という企業の再編による投資額で利益を生もうとする非実体経済の額がどんどん大きくなっている。米欧はすでに為替、株や知的財産などの非実体経済が額では物を作ったりサービスを提供する実体経済の額より大きくなっている。世界が狭くなればなるほどモノづくりの主体は、人件費との関係で発展途上国での規模が増えるのは自明の理である。先進国は競争の原理により、技術と共に途上国の安い労働力を求めて物づくりの流出は止まらない。

過去のたったの3百年と少しの期間で、世界は西欧の科学技術の利用による発展の構図により大きく変わった。人間中心の思想は世界を覆い、自然を搾取して発展するという形はとめどなく進行し始めている。これまでの西欧だけによる繁栄の構図は崩れ、過去の後進国と呼ばれる国々が経済的に豊かになるにつれ、世界は大きく変わろうとしている。そのために、17世紀以来の西欧の思想は世界中に蔓延し始めている。その本質は欲望の無限の解放である。過去の西欧思想は人間の理性の優越性を唱え、キリスト教という精神的な背景により、かろうじて欲望の制御がなされていた。しかし、ショーペンハウエルやフォイエルバッハの登場により、人間の本質は脳みそだけではなく、食欲や性欲という欲望こそが人間を動かすものであるという考えが大きくなる。ショーペンハウエルの考えはニーチェにつながり支配する意志となり、フォイエルバッハの考えはマルクスにつながり唯物弁証法を生み出す。物質的な欲望のみならず、人間の深層心理の解明を図る動きから、フロイトなどによる性的欲望こそが人間を支配するという考えも世界に広く知られるようになった。

世界的に見れば、西欧の国家覇権主義は19世紀には否定され始めるものの、その本質は何も変わらず、形を変えた他国支配のかたちを模索していたに過ぎない。米国は建国以来、その新天地という巨大な国土の開発によって、個人の欲望の拡大を国是としている。アメリカンドリーム、それは言葉を変えれば個人の究極的な欲望満足の完成である。建国から続いたプロテスタントの倫理観がなくなるにつれ、アメリカは欲望支配一色の国に変わり続け、ついには売春や臓器の販売までの自由が議論される国になっている。未だにキリスト教的な背景は残ってはいるが、個人の物質的欲望こそが最も重要な国に変わってしまったのである。そして国内が飽和状態になるにつれ、米国はその強大な軍事力による他国支配による発展をしはじめている。米国一極主義で、世界は過去にないほど危険な状況に陥っている。

我が国は明治以来、西欧思想一色に変えることによる富国強兵政策によって国家を変え、一時的に成功はしたが、時代錯誤の国家覇権主義に走り太平洋戦争で自滅してしまった。戦後は過去の精神的な基盤として求められた天皇中心の忠君愛国という精神的思想が禁止され、精神的な背景の全てを失い米国型の欲望満足の為だけを求める国に変わった。勤勉な国民により、世界が驚くほど早く経済的な成功をおさめたが、いきすぎた欲望追求の経済はバブルの崩壊という結末で終焉した。以降、わが国は官僚社会主義という隠された統治制度による変われない国のまま低迷を続け現在に至っている。国民は道徳という精神的な問題を無視した結果、精神的なよりどころを失い、世界第三位の経済力があるにもかかわらず、何を求めて、どのような国にすべきかというものが見えなくなっている。結果として、小泉政権の郵政民営化という言葉に騙され、竹中平蔵による米国型の超欲望追求政策の導入で、日本社会はズタズタにされてしまった。その結果、国民は政権交代を選んだが、官僚社会主義は、その国民の意図とは逆に、自分たちの利権拡大だけで支配を強め、民主党による政権交代も失敗に終わった。

我が国の明治以来の歴史は、世界の縮図のようなものである。西欧思想をどこよりも早く取り入れ、科学技術により富国強兵を達成したが、国家覇権主義で自滅し、戦後はその反動で物欲だけの世界に変わり、経済的な発展が終わった途端に行くべき道を失って国民全員がどうすべきかを決める事ができなくなっている。疑似民主主義は機能せず、精神的なバックグラウンドのない社会は行くべき道を失っているのだ。だからこそ、我々の歴史を良く見て、何が大事かを自ら問わなければならない。明治以前に持っていた精神的な柱であった仏教や、自然崇拝である原始神道、武士階級の高い倫理観を支えた儒教の思想など、西欧思想ではない、本来、日本人が持っていた精神的なバックグラウンドの再構築が必要である。自然や他民族などとの共生の思想、それはとりもなおさず、日本だけではなく世界にも通用するものになりうるだろう。欲望だけが支配する世界は、その果てにあるものは破滅しかない。我々がそれを世界に提示しなければならない。

明治維新の天皇制という意味の本質

我が国では明治維新によってはじめて「国民」というものが成立した。(実際には臣民という憲法上の規定に過ぎなかったが)江戸時代まで、武士、あるいはそれ以前の貴族社会以外の人々は、政治や外交などには無関係に存在しているだけの人間に過ぎなかった。特に武家社会にあっては、戦争行為は全て武士だけが行うものであり、その他の農・工・商に関わる人々は全く無関係であった。

明治維新は国家を西欧文明諸国と同じ形にすべく設計された。300近い独立した藩は廃止され、中央集権国家となり、武士という身分制度も廃止された。ここに初めて国民が誕生するのである。明治政府を作り上げた武士階級の人々は、国家の形態を明確にどのようにすべきかを決めており、それに従って国民もどのようにあるべきかを考えていたはずであった。科学技術の移入による富国強兵により、西欧列強からの侵略を防ぐためには、新しく成立した武士以外の国民をどのような存在にするかを決めていたのである。

そこで江戸後期から存在した国学による尊王思想が導入され、国民に忠君・愛国の思想が導入されたのである。事ある時には国民を兵士にしなければならなかったために、天皇を神として国民をまとめ上げ、武士階級以外の人々を富国強兵の道具としたのである。江戸時代の武士階級の人々は、戦闘というもののための教育は子供時代から厳しくなされていた。しかし国民皆兵の体制が不可欠のものであった以上、戦争という究極の不条理のものに対する武士階級以外の、個々人の合理的な理由づけとしての精神的なバックグラウンドは必須条件であった。そのために天皇という神と、その国である日本という神国に対する忠君愛国の道徳教育が年少者たちに最優先される。その後の教育は科学技術移入のための教育に変わり、国を支配する道具としての法律、科学技術移入のために必要な英語と数学が最重要科目となっていくのである。正に天皇制は、国民を一点に集めて新しい強い国にするための道具であったのである。江戸期にすでに高い教育のあった農・工・商の人々は、世界が驚くほど早く西欧の科学技術や制度を導入する事になり、武士階級が設計した通りの西欧型社会を作り上げる事に成功したのである。これが明治維新の時に設計され、実行された国造りの姿である。

このように、西欧型の富国強兵の国づくりの設計は見事というほかはなかった。けれど、問題はその後の国のあり方であった。明治国家を作り上げた武士階級の人々がいなくなるにつけ、本来の国のあり方をどうするのかという議論が消え、成功の余韻の中に新しい国のあり方を見つけるという変化ができず、すでに西欧において前時代的になっていた国家覇権主義的な思想を変えることができず、結局は太平洋戦争で自滅するのである。しかし、明治維新から自滅までの期間はたったの78年であった。いかにこの国が激変したかをどれだけの人が認識しているだろうか。

戦後、全ての価値観は転換され、神国日本という国家神道的なものはすべて否定された。天皇は人間宣言という近代では考えられない事を行い、神は消えたのである。しかし、現在でも自民党をはじめとする多数の国会議員や、国粋主義をもち続けているかなりの国民が天皇制というものの復権を画策している。我々はこのような時代錯誤を断じて許してはならない。先の戦争で亡くなった多数の尊い国民の意志を無駄にしてはならない。過ちは繰り返してはならないのである。そのために、国民全員が正しい歴史認識を持つことは絶対に必要なのである。

歴史というものを忘れた日本人

現代人は歴史をどのように教育されてきただろう。わが個人的な感想を言えば、それは大学受験のための暗記物に過ぎない。そこには思想とか、宗教とか、精神的なものは一切ない。いつ、誰がいて、何があったかの羅列でしかなかった。その背景に何があったなどは無用の長物に過ぎず、完全に無視されていた。教育の中心は英語と数学であった。

このような実態の背景は何だったのか。大部分の国民はその意味すら考えずに生活している。しかし、現在の我々は過去からのつながりの結果であるのだから、それには理由がなければならない。この国はどのような歴史を経て現在があるのか?そのような教育が歴史の中にぽっかりと抜け落ちてきているのである。従って、政治の問題でも、いたずらに言葉だけが飛び交い、その背景にある思想や精神的な背景が何も語られずにいる。その結果、ますます政治というものも訳が分からなくなり、その時、その時の問題解決のような短期的な見方で国民が右往左往させられているように見える。日本維新の会などの出現はその典型に見える。

ここでは、再度、日本の政治家、中でも自民党議員たちを保守と呼ぶ日本のマスコミや知識人の頭の構造を見てみよう。保守とは何であるのかはすでに書いた。しかし、もっとも我慢ならないのは、評論家とかマスコミとかが、平気で間違いを認識せずに保守という言葉を安易に使うことである。最も頻繁に言われているのは、自民党の政策などを保守という言葉で一括りにしている報道である。彼らの政策のどこが保守であるのか、全く意味をなしていない。その政策は、過去の明治維新で作られた天皇を中心に国民をまとめ、国家を富国強兵の国にするがごとくの時代錯誤の政策に過ぎない。従って、平然と靖国神社に参拝する事を厭わない。天皇を元首としようとし、国旗、国歌を強制し、徴兵制度の復活まで言い出し始める。政策には国民生活は二の次になり、国家の発展だけが優先される。それを極端にしたものが小泉郵政改革という名の下の弱肉強食の米国型の新自由主義国家への転換であった。その結果、国民は自民党に決別し政権交代を民主党に託した。しかし、結果は見ての通りの体たらくである。

一体、この国の政治家たちは何を以て保守と言いたいのであるのか。そこで明治維新で何が起きたかを見なければならない。それを比較する事で、わが国の政治家や評論家がいう「保守」という定義が見えるだろう。すでに何度も書いたように、明治維新とは西欧文明移入に全面的に国のあり方を変えた事である。科学技術による圧倒的な経済力と軍事力の前に、非西欧文明諸国は次々と征服されていた。それを見た武士階級は国家の方向を見事に変えたのである。そして、その移入による新しい国家のための精神的な柱として、国学と水戸学に基づく国家神道が採用された。国学は本居宣長や平田篤胤にもとずく、古事記などの世界こそが清く正しい世界であるとする江戸後期の尊王攘夷の下になった思想である。そこでは、仏教や儒教ではなく、日本古来のものこそが基本とする思想なのであるが、わが国に固有の文明は存在していないという現実を無視したものであった。わが国の文化は、外来の仏教や儒教を元にして独自のものに作られてきたという事実を無視したのである。そこに神道というものを作り上げたのであるが、それは過去の日本に存在した本来の自然崇拝である神道とは違った物を作り上げるのである。国学では神は自然ではなく天皇という人間に変えるのである。さらに藤田東湖による水戸学は儒教を基本に置く。本来は中国のものである儒教は、中国より日本の忠の精神の中にこそ本当の精神が見られるものとして、万世一系の天皇を実現している日本こそに実現されているとする。このように儒教の人間主体の思想となったものが、明治の富国強兵のための精神的な支柱として天皇を中心に国民をまとめ上げるものとして採用されて国家神道になるのである。そこで作られた新しい思想に基づき、天皇の神格化、靖国神社というあたらしい社に、国に殉じたものだけを祀り上げるという壮大な仕掛けが作り上げられてゆく。その結果、日本は驚くほど早く西欧化に成功したのである。問題は、その後も時代遅れとなっていた国家覇権主義を変えられなかった事にある。それが太平洋戦争での敗戦という破綻につながるのである。

この明治維新のために作り上げられた思想による国のかたちに戻ることが保守なのであろうか?これを分析すれば、以下のような構図が明らかになる。まず、明治維新は西欧化により富国強兵が実現できて成功した。その成功に国家神道による天皇の利用は重要な位置を占めた。教育もその政策に沿って実施されて成功した。だから俺たちもそれを踏襲するのだ、という短絡した思考に思える。そこには、19世紀には、すでに国家覇権主義は時代遅れの思想であったという自覚がない。だから太平洋戦争で、なぜ国家が破綻したかの分析が何もない。このような全体の歴史の背景を正しく見ずに、直近の西欧文明の移入の為だけのかたちに戻るということの何が保守であるというのか。あまりにも軽薄になっているこの国が心配である。このままでは間違いを間違いとも認められず、一部の人間の言われるままに進むという戦前のかたちが再現する恐れが充分にある。我々は、現在の我が国や国民の姿を、過去の歴史の中で、その流れの結果として見るという姿勢を持たなければならない。それはひいては、わが国の姿を世界の歴史の中で正しく見るという結果につながるものになるのである。現在というものがあるのは、過去からのさまざまな歴史の結果である事を再認識すべき時である。
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。