スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のための政権交代だったのか

現在、菅直人政権が次々と行おうとしている民主党の公約破りに加え、自身の判断ミスについてのマスコミや野党側からの下らない追及によって「政権交代は何だったのか?」という疑問の声が国民から上がり始めています。この問題については、以前の記事に何回も書かせてもらいましたが、改めて意見を述べさせていただきます。

まず現状の問題は、「菅直人政権の問題」をマスコミや官僚の世論操作による「民主党そのものの問題」として論理がすり替えられている事があります。本来、鳩山前首相と小沢前幹事長の時には「国民の生活が第一」という選挙公約に従い、数々の政策が設定されました。勿論、中には辺野古の問題のようにマスコミや官僚による激しい世論操作の圧力により後退してしまったものもあります。少なくとも鳩山政権の時には、現在の菅政権のような官僚寄りにかじを切ったような政策はありませんでした。この原因については以前にも書いた、官僚社会主義国家を守りたい守旧勢力による「政治とカネ」、「ばら撒き」のようなもっともらしい、しかし実態のない言葉による世論操作と、小沢一郎に対するいわれのない政治資金規正法を使った政権の座からの追い落としの企みがあります。

では、菅直人政権の問題について言及します。まず、財政赤字に関する問題と税金があります。本来、政権交代時の公約では、これまでの官僚と一体化した自民党政権による数々の無駄な政策や特別会計を一般会計化することで財源を作り、消費税などの国民負担は改革の後に考えるとするものでした。しかしながら参院選の前に退陣させられた鳩山氏に代わり首相になった菅直人は、唐突に消費税の問題に言及したのです。明らかに国民は「おかしい」と感じました。結果は参院選で大敗北し、衆院と参院での「ねじれ」を生んでしまいました。

次に最も重大な問題は予算の組み方でした。本来、政権交代後に初めて民主党独自の予算編成がなされるものと期待されたのに、実態は自民党時代と変わらない官僚主導による予算編成方式がなされました。ここでも国民は「おかしい」と感じました。特別会計については一般会計に組み込まれる事はなく、政治ショーと化した「事業仕分け」の一つとして誤魔化されてしまいました。先に行われた民主党の代表選で戦った小沢一郎の方針こそが民主党公約に従った考えであったにも拘らず、ここでも菅直人は国民を裏切ったのです。

さて、マスコミや野党が騒いでいる外交問題はどうでしょうか。尖閣での中国漁船の問題については、取扱いに多少の問題があったとしても、大騒ぎするほどの問題とは思えません。むしろマスコミが変なのは、鳩山前首相が辺野古の問題を、県外や国外を模索した時に「日米関係が壊れる」と大バッシングしたにもかかわらず、菅直人政権が辺野古寄りの決定をした事については沈黙したままです。そして瑣末な尖閣での中国漁船の取り扱いを持って「外交戦略がない」というバカげた非難のオンパレードとなりました。まるで尖閣諸島が中国に占領されたかのような騒ぎ方にはあきれるばかりです。さらには中国に対しては弱腰であったから、ロシア大統領が北方領土を訪問したことも菅直人政権のせいだと騒ぐ始末です。本当にあきれた対応ですが、国民はまんまと世論操作されてしまっています。現在の中国抜きで我が国の経済が成り立つと思っているのでしょうか、たかだか船長を釈放したからといって実際に何も被害があったのか冷静に考えるべきです。外交とは国益全体を考える究極の騙しあいなのです。むしろ我々国民が本当に考えるべきは、沖縄における米軍の基地問題です。マスコミや官僚寄りの評論家たちは、安全保障問題になると未だに昔ながらの米国一極主義の考えで、沖縄の基地は必要だと声を揃えます。確かに米国の傘の下に守られている事実はあるとしても、日米安保条約によって我が国を米軍が守ってくれるなどと言う幻想は持つべきではありません。一体どこの国が他国の国土を守るために、自国の国益を無視して自国の兵士の血を他国のために流すでしょうか。ありえない事です。国家の防衛は、その国がしなければならないのは当たり前の事です。その冷徹な事実をひたすら覆い隠し、これまで日米関係さえ守っていれば我が国の安全は保障されるというバカげた考えは捨てなければなりません。我々は沖縄の基地問題を「自国の防衛」という問題にして本気で考える必要があるのです。自民党時代に何も考えずに米国に隷従してきたやり方では決して国は守れません。菅直人政権へのいわれのない外交や安全保障に対する非難は当たっていません。むしろ、過去の自民党時代のやり方に戻るような米国に隷従するようなやり方こそを非難するべきなのです。

最後に、国会のあり方の問題があります。菅直人は首相になった時に「この国の法律の制定方法は三権分立の通りではない。」と明言しました。これは従来から続けられてきた我が国の行政府による内閣の立案する法律が優先的になされている事(閣法制度)を示しています。この閣法制度は、基本的に各省庁の官僚により立案されて制定されるものであり、実質的に行政府が立法行為をしている事を認めている重大な問題です。官僚の権力の源泉と言っても過言ではありません。これは時間をかけて絶対に変える必要がある制度です。また、予算審議については、過去の自民党時代からまともに予算内容の審議がなされていないために、官僚が作成したとおりに予算が通っている事になっています。これも変える必要がありますが、菅直人政権のもとでは何も変わっていません。これも「おかしい」のです。

これらの実質的な諸問題以上に、マスコミは下らない尖閣の中国船の映像とか、閣僚の言質をとらえたような下らない問題ばかりで菅直人政権を非難し、国民は民主党による政権交代を何のためにしたのとを疑問視し始めたのです。今の国民の状態は「木を見て森を見ず」の状態にさせられていると言って良いでしょう。せっかく過去の長きにわたる官僚主導の国家運営を変えるための政権交代を元に戻してはなりません。菅直人政権が悪ければ変える必要もあるでしょう。しかし民主党を全否定して過去の国家形態に戻しては何にもなりません。「森」とは目指すべき国家形態の事で、「木」とは現在の菅直人政権です。国家の形態を変えるには時間と忍耐が必要なのです。私は決して民主党が全てと言うつもりはありません、政党は単なる手段にすぎません。しかし現在、民主党政権を変えても何にもならない事は目に見えています。このように混乱しているかに見える今こそ、紆余曲折があるにせよ、その目的である官僚国家ではない民主国家の実現のために国民一人々々の熟慮が求められているのです。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。