スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにもひどい専門家や官僚たちの対応

福島原発の事故対応についての対応はどうなっているのか。マスコミは東電ばかりを非難しているが、極端に言えば東電も被害者である。こういう事を言うと多数の国民は非難するだろうが、その時点ですでにマインドコントロールにかかっているとしか思えないのだ。その理由は簡単だ。東電は法律にのっとり原発を建設して運営してきた。地震が来て津波により被害を受け原発施設に多大の被害を受けて事故になった。全てが東電の責任なのであろうか・・・・唯一、中部大学の武田邦彦教授だけが正確にコメントしている。「東電は原子力安全保安院に基準を確認し、その基準に基づき原発を作り運用してきた。地震で壊れたのはその基準が甘かったからである。なのに原子力保安院はその長も含めて誰も国民に対して、基準が甘かったことにより事故になった事を謝罪もしない。税金で高額の給与を得ているのに何の責任感もない。こんな組織に意味があるのか?」正に正論ではないか。http://takedanet.com/2011/04/post_20b2.html

武田教授はさらに続ける。この国の関係省庁の官僚たちや政府は国民の安全確保を何も考えていない、むしろ法律違反を自ら犯して放射能汚染を無視している。こんな事が許されるのか。各省庁も原子力安全保安院も原子力安全委員会も全てが法律違反をしている事を必死で隠している。子どもの被爆許容量を、法律無視の20mSvにして何も問題がないような事が許されるのか、とんでもない事である。野菜や魚介類の放射性物質の摂取許容量も、内部被曝と外部被爆の合計値で決定するべきことを誰も言わない。風評被害だなんだとマスコミも産地のお涙頂戴で報道を繰り返すが、実際の被害が出るのは10年、20年先の今の児童たちである。この国の学者、官僚、それを束ねるべき政府の対応の酷さは何なのか。このままでは国が亡びる、早急な政権交代で政治主導の国家建設が必要である。今こそ小沢一郎の出番ではないのか。

最後にもう一度武田先生の意見を参照して欲しい。「神になった専門家」
http://takedanet.com/2011/04/post_c649.html
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。