スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳の原理をどこに求めるのか

米欧のキリスト教が土台の国家はキリスト教、中東においてはイスラム教が道徳のみなもとであることは間違いはないだろう。それら各国の規範は同一の神の範囲内だけに求められる規範であり、違う神の規範を受け入れないという一神教の根本的な問題がある。キリスト教ももとになるユダヤ教も、十戒の第一に「私のほかに神があってはならない」と規定して唯一絶対神しか認めない。これはユダヤ教から派生したイスラム教も同じであり「アッラー・アクバル」で、神(アッラー)は偉大なりという言葉がそれを示している。これらの宗教ではその範囲内にいる人々にだけ神の愛とか平等性が適用されるが、異教徒に対しては一転して情け容赦のない攻撃が下される。現代では世界が小さくなり、情報革命によりあらゆることが一瞬にして世界をかけめぐる。さらに経済的にも各国は密接に結びつき、過去とは比較にならないほど人とモノの交流が拡大している。このように変化した現代において、一神教の問題をもっと論議しない限り世界に平和も協調も生まれないのは明らかである。人間は経済問題だけで動くものではない。その価値観は宗教というもので大きく異なっている事をもっと直視すべきなのである。

わが国は戦後、道徳という規範を無視し続けている。明治維新によって過去の仏教、神道、儒教などの全てを捨て、西欧の思想と科学技術に移入により国家を大きく変え、富国強兵のために天皇を神とする国家神道という一神教によって国民をまとめ上げる思想的な背景を作り上げた。道徳の規範は「忠君愛国」という名のもとに統一された思想教育が徹底的な行われた。西欧思想の移入により国家覇権主義は必然的に生じた結果、それは中国侵略から太平洋戦争になることで国は破綻した。敗戦によって戦前の思想は徹底的に排除され、国家神道は排除されたように見えたが、それは靖国神社の問題を見ればわかるように依然として官僚によって生き残りが図られようとしている。民主主義という制度が導入されたが、それは道徳に代わるものではなく、知識人といわれる人々も政治家たちも全員が精神的な規範を無視して現在に至っている。その結果、今の我が国は何の精神的な裏付けも持たない道徳観が失われた人間がどんどん増え続けている異常な国になっている。経済的な成功こそが人生の目的と化し、良い学校、良い会社、裕福な生活こそが人生の目的になり、その結果は欧米のような自己中心的な社会に成り果てようとしている。

やはり我が国に必要なものは、仏教における他人を救う利他の思想や、西欧の愛とは異なる慈悲という思想が必要であろう。慈悲の慈とは楽を与える事を意味し、悲とは苦しみを抜くことを意味する。また仏教では悪を他人の中には見ない。悪はおのれの中にあるとするのである。心の中に仏という神と悪という悪魔が存在すると考える。その悪をしずめ、仏を活かすことが大事と説くのである。これほど進んだ道徳はないだろう。逆に愛は執着になるので煩悩の一つとして見るというのは西欧人には理解できないかもしれない。ここが西欧思想と大きく異なる。全てを神に委ねてお任せするという思想ではなく、全てをおのれの心で解決せよというのが仏教の原則である。神はおのれの中に存在するのである。また仏教は一つの思想に極端に走ることを戒める。中道というどっちつかずのものとは異なる、どちらにも偏らない柔軟な考えを大事にするのである。さらに原始神道からは山も川も動植物も、全ての生命を人間と同じものとしてとらえ天台本覚の思想である山川草木悉皆成仏という思想になった。これによって人間も宇宙の一つの生命に過ぎないものになったのである。西欧思想の根底にある人間が自然を支配できるという思想と対極的な考えである。また江戸期に武士の思想の柱となった儒教の教えで最も強調されたものは「公私のけじめ」であった。公という主君や藩、国という「おおやけ」のものと自分の利害を徹底的に区別したものは武士道の基本であった。おおやけを利用しておのれの利益を図るような事は「恥」として絶対にしてはならない事として厳しく教育がなされた。この結果、わが国の知識人であった武士階級と、それ以外の仏教の思想で教育された国民の品格は、諸外国も驚くような高い品格を持ったものとして絶賛されてきた。今、我々は明治以来棄て去ったこれらの優れた思想を再度とりいれて道徳を取り戻す必要がある。その思想は世界をも救える思想になりうるのである。その時はじめて日本は、政治においても経済においても、世界から尊敬される国になると信ずるものである。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。