スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球人口70億突破の行く末

日本は人口が減少し始めたが、世界は増え続けて、ついに70億人を突破したという。これは明らかにBRICsに代表される非米欧諸国の経済的な発展の結果であろう。これは過去の人類の歴史で西欧諸国が科学技術による機械などで自然支配をしたことで発展し、その結果、人口が増加したのと同じ構図である。しかしながら自然破壊はその代償として進んできた。今後、世界は中東やアフリカなどが同じ構図を辿って西欧化による経済的な発展をするようになれば、現在よりひどい地球規模の環境破壊はすさまじいものになるだろう。確かに科学技術による経済発展で貧しい人々が減ったという事実は喜ばしい事である。しかし、我々は同時に過去に起きた負の出来事を学ばずに同じ間違いをするべきではない。

何度も意見を書いてきたように、世界は西欧思想により物質的な発展が進んだが、その結果、地球温暖化などの環境問題の規模は過去と比較にならないほどすさまじい勢いで拡大してきた。このまま同じことを繰り返すほど地球に余裕はあるのだろうか。人類は戦争という問題と共にこの問題をもっと重要視する必要がある。自然破壊をせずに、自然と共存しながら発展する方法を見つけなければならない。その第一歩は過去の西欧思想の見直しである。思惟する自我とその延長上の物質というデカルトの二元論では世界は滅茶苦茶になってゆくだけである。

確かに科学技術によって世界はここまで発展してきたが、人類は何を得たのであろうか。際限のない物質的な欲望は、際限のない競争や闘争になったまま、ますますひどくなる様相を呈している。特に米国型の新自由主義と呼ばれるネオリベラリズムの意味するものは「新」ではなく、元の自由競争に帰れという弱肉強食の理論であり、それが極端になったリバタリアニズムという「自由原理主義」が果てしのない欲望の世界を作り出してしまった。貧富の差が拡大した結果、若者だけではない貧しい者たちによるウォール街の占拠という大規模な抗議行動になって世界に広まりつつある。それが極端な自由を制限した New Liberalism とか Social Liberalism と呼ばれる社会自由主義に戻るとしても、基本的には物質的な発展が最も大事という西欧思想の根本は変わっていない。

世界の人口が増えれば、経済的な意味での市場構造も産業構造も大きく変わるだろう。しかしながら自然を搾取して発展するという構図は変わらないのであれば、一次産品である原材料や食料品は高騰するばかりになり、需要と供給のバランスが崩れて大混乱の時代が到来する事が考えられる。もはや過去の経済的な図式が通用しない時代がすぐそこまで迫っているのだ。わが国のような官僚国家は変化というものに何も対応できないから、このような流れに対して大きく遅れる事が今から予想できる。「ものづくり日本」などという概念も通じなくなる恐れは十二分に考えられるだろう。我々は明治以来続いてきた西欧化こそが正しいとする考えを改めなければならない。

非西欧諸国で初めて西欧化に成功した長い歴史を持ったわが国は、どのような思想が今後、世界を正しい方向に導けるかということを唯一知っている国になれるだろう。その前提になる思想は過去から持っていた原始神道や仏教の思想にある。自然と共生する多神教的な思想や、他人を思いやる心のある自利利他の思想などの優れた思想である。西欧型の経済だけで物事を考えたり、キリスト教やイスラム教という一神教の考えだけでは世界は対立し、戦争はなくならず滅亡への道をたどることは明らかだろう。それを阻止できるのは我々日本人の過去にあった優れた思想の見直しだけである。野田ブタ内閣は何の自覚もなくベトナムやインドに対して、我々が失敗した原発の輸出に進むという大きな間違いを始めている。この事一つを見ても、いかにこの国の政治家たちに理念がないのかという事がよく分かる。歴史観も哲学も理念もない国民は、どこの国からも信頼もされないし尊敬もされない。それを変えられるのは我々の自覚と、過去の思想の正しい発掘による理念の再構築だけである。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。