スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一神教において神は「ある」もの、仏教において神は「なるもの」か

以前ツイッターにおいて仏教における神とは「なるもの」との指摘を受けて、そうだと思ったが、本当にそうなのかをずっと考えた上、やはり違うのではないかと思った。正確に言えば仏教においては神は「なれるもの」だと結論した。この違いの意味を説明したい。

キリスト教などの一神教においては、人格神という絶対神の唯一無二の存在に対しての無批判の帰依が求められる。だから神は「あるもの」と定義できる。これに対して仏教などは如来や菩薩などの多数の仏という神が存在する。そしてある人は、それらに対して我々は「なるもの」と定義していると言う。しかし本質はそうではないと考える。あらゆる仏教の宗派は実践が大事なのである。考えるだけで実践を伴わない仏教に意味は何もない。だからこそ人もその他の生物にも仏性というものが存在し、それを発揮する事で仏になれるとしている。単に存在するだけでは仏にはなれない。なるという努力が必要なのである。人間以外の動植物や自然は厳しい環境のもとで精一杯に生きる事で仏性を発揮している。人間は漫然と生きていてはならない。自分をみつめ、正しい生き方を考え、そのうえで他人を助けると言う菩薩行を行い、それによって初めて仏という神になれるのである。だから単純に「なる」というものではない。やはりそこには努力というものが要求されている。だからこそ「なれるもの」という定義こそが正しいと思うのである。誰でも簡単に仏にはなれない。努力こそが大事なのである。

しかし浄土宗などの口唱念仏といわれるものはどうなのであろうかという疑問が出るかもしれない。しかし口唱念仏はあくまでも南無阿弥陀仏という念仏を唱える事で救われるというものであり、そこには仏になるという概念はない。浄土に行けると言う実践のための易行という概念である。やはり仏教の神髄は修行などの実践によるおのれの生命の見直しなのである。いかに正しく生き、欲望だけににかたよらず、他人のために生きると言う菩薩行ができるのかという自利・利他の業が必要なのである。それによって人は始めて精神というものの重要性を理解できるのである。我々は仏教をもっと哲学的な思想という観点で理解するべきである。単なる葬式などと言う儀式だけで解釈すべきではない深遠な思想を見直さなければならない。
スポンサーサイト

戦後政治家のあまりにも小さすぎる人間性

わが国は明治維新によって西欧以外で初めて西欧列強と伍した国になりえた唯一の国家であった。その明治国家を作り上げた江戸期から存在した無数のキラ星のごとき人間に比べれば、太平洋戦争の敗戦後の我が国の政治家というものの人間の小ささはどうであろうか。ただの一人として世界的といえる人物が見当たらない。確かに経済的な復興は見事であったが、それは政治家や官僚が優れていたわけではなく、勤勉で教育程度が高く、平均的な一億二千万にもなる日本国民の底力がなした偉業である。その部分は明治維新でも同じであろう。江戸時代に存在した武士以外の農工商の民は、江戸時代に発達した高い商品経済の世界の中で世界一といわれる識字率を有する厚い層を持っていた。さらに武士階級では儒教を中心にした高い道徳観を有した層の厚い知識人が存在していたのである。戦後の我が国に欠けているものは、この江戸期に存在していた武士階級に匹敵する人材に他ならない。

明治維新によって新しい国家を作り上げた多くのの武士階級出身者は、その世界観や思想において驚くほどの卓越した手腕を発揮して、最初の10年間程度で国家の原型を西欧と肩を並べられるような形に作り上げたのである。西欧からの侵略を防ぐために、廃藩置県によって270にもなる藩体制を廃止し、国家神道という新しい宗教を国学者の平田神道から作り上げ、国民を一つにまとめるための精神的な体制を作る事で中央集権を確立した。西欧の科学技術こそが力の源泉である事を熟知していたからこそ、あらゆる意味で西欧化を進める事で過去の日本的な思想を葬り去った事もある意味では正しい選択であった。そして高い教育を持った多数の国民が国家を短時間のうちに西欧並みの大国にのし上げたのであった。その代償としての廃仏毀釈というものは大きな傷を残したままであり、その見直しがなされないまま現在に至っている。戦後も敗戦から立ち直るという意味では明治維新以上に西欧至上主義がひどくなって言った事は否めないであろう。特に戦勝国としての米国の影響が強くなった事は大きい。

わが国は、このような歴史的な背景を、戦後の教育の中で意図的に無視してきているように思える。過去の天皇を神とした中央集権的な思想の全てが悪として廃棄させられたことにより、多数の教育関係者は教育の中に教えるべき精神的な価値観を完全に失ったのである。国民も敗戦からの立ち直りのために経済的な成功を追い求める事に集中し、その結果が良い学校のための点数を取るためだけの教育と、良い会社への就職だけが目的化して、道徳という精神的基準が何であるかが忘れ去られたままにされてきた。政治家は経済問題だけを論じ、公務員はおおやけを忘れた私利私欲の集団に成り果て、一般国民も形ばかりを追いかける中身のない民主国家の国民に成り果てようとしている。

それでも民間にはまだ世界的といえる人間は多数存在したし、現にいまでも存在している。企業人では松下幸之助やソニー創業の井深大など多数が見られるし、文化的にも日本独自のアニメなどは世界的になっている。それにひきかえ政治や国の関係ではどうであろうか。政治家も官僚にも誰一人として世界的と呼べる人間が存在しない。過去の自民党の田中角栄などの総裁経験者たちも、所詮は日本という国の中だけの、しかも経済的な問題だけを行うだけの政治家しか存在していない。官僚に至っては論外である。世界の中で外交にしろ、経済にしろ、その哲学的な背景を論じられる優れた政治家は皆無という情けなさである。世界のどこにもない平和憲法をもちながら、その理念に対して堂々と哲学的に論じられる政治家が誰もいない。学者といわれる知識人の中にも殆ど平和国家という理念を語れるものが存在しない。地球温暖化の問題一つでも、環境破壊について堂々と述べられる政治家も官僚も学者も存在しない。殆どの者たちは西欧思想や知識の紹介者にすぎない存在に成り果てたままである。

我々は、このような情けない国民ではなかった。それを取り戻すには過去、日本人の中に存在していた優れた精神的な思想を真剣に学び直さなければならない。西欧思想こそが正しいという考えは幻想である。日本という国に長く存在した仏教や儒教、原始神道という八百万の神という自然崇拝などの優れた思想を見直すべきである。世界に通用する人材が政治の世界にいなければ、この国はいつまでたっても米国のもとからも離れられず、世界中から冷笑されるだけの三流国になってゆくだけである。

今の公務員ほど情けない職業はないだろう

日本国民の劣化がひどくなっているが、それをはるかに超えた職業集団が存在し増殖し続けている。公務員、おおやけの仕事に就業する者たちが国民の税金を好き放題にしている。こんな事が許されていたら国民は税金を払う意味が何もなくなるだろう。

そもそも公務員とは何も生産性がない職業である。法律で決められた仕事をするだけの仕事であり、それ以上も以下も許されるものではない。この国の公務員達は何を勘違いしているのか、勝手に立法行為をして補助金という制度を利用して私利私欲に走っている。自民党という戦後の60年以上にもわたる政党と癒着する事で完全に民主主義を悪用し、平等であるべき民主制度の中で自分たちだけは身分保障などと言う勝手な制度を法制化して特権階級のような制度を作り上げている。何もしなくとも給与は保障されるどころか毎年上がり、国民全体の平均給与ではなく、大企業基準という滅茶苦茶な基準で給与が決められ。それを補完するための人事院などと言う自分たちだけの組織が行う基準で国民を欺き、マスコミを使った世論操作で政治を意のままに操っている。バカ政治家たちは権力の最高の武器である立法行為を放棄し、議員立法などと言う言葉に制約されたままに本来の義務を放棄して官僚たちに法律の制定を委ね、自分たちは何もしないで高い歳費を受け取るだけのサラリーマン化して国民を裏切っている。

明治維新以降から国家の基本は法律である事を官僚たちは熟知している。東大法学部がなぜ最高学府といわれているのかを考えれば分かるだろう。近代国家の基本は法治国家なのである。誰が法律を作るかでその国の権力者が分かる。その意味で日本という国は依然として民主国家ではない官僚独裁国家なのである。閣法制度を利用し、国民の税金を最大限利用するだけの情けない集団のために我々はせっせと税金や社会保障費を払っているのだ。その結果は何なんだ。財政赤字がひどいから増税しろ、社会保障費を削減しろの大合唱がマスコミや御用学者評論家からまき起こっている。しかし、ちょっと待てよと誰も言わない。公務員の年金は一般国民よりなぜ高いのか。何で公務員給与が高いのか。何で公務員は誰も首にもされず給与の減額さえされないのか。そんな子供だましが当たり前のように何年も続いている。一般会計の4倍にもなる特別会計の問題は議論されず、何で財政赤字のために増税が必要なのか、あまりにも国民を馬鹿にしている。

このまま増税などしたら国民生活は立ち直れないほど酷くなるだろう。どんな国でも食料などの必要最低限のものに税金はかけていない。今でもわが国の実効消費税は海外の基準でいえば10%以上といわれるほど酷いものになっている。そんな基本的な事は一切議論されず、御用学者や評論家が連日にわたり増税しろの大合唱だ。こんなバカな国がどこにある。そもそも公務員が政策や税金を決める国が民主国家であるはずがない。この国はあらゆる手段が使われて政治家やマスコミが官僚の手先になって国民を騙している。公務員達は自分たちが権力もなく決定力も持っていない事を知っている。その事を恥じているから劣等感の裏返しで必死になって国民を騙して自分たちの権力維持を図っているのだ。我々国民はそれを笑おうではないか。お前たちほど卑しい人間がこの世に存在する事が許されるのかと。こんなに恥知らずの人間集団が過去に存在しただろうか。自分たちは何も生産できず、国民の税金というお情けで生活できているのに、そのありがたみを何も自覚せず、盗人そのものの生活を続けている。公務員達よ恥を知れ、国民は本当に終いには怒るぞ、覚悟していろ。

この国の劣化のみなもとは何なのか

江戸期の武士階級は道徳の基本を儒教においていた。忠孝というものが大事にされたが、それは本来の中国での意味とは多少異なったものに解釈されたが、公私のけじめというものは非常に大事にされた。「おおやけ」というものに対して「わたくし」は常に犠牲をいとわずに奉仕すべきものであった。武士は食わねど高楊枝という言葉の通り、その美学のために清貧に甘んじる事は普通の事であったがゆえに庶民からも尊敬される位置にいたのである。一般庶民は寺子屋という制度を通じて読み書きそろばんを習うかたわら、仏教による自利・利他の思想や嘘をついたり、むやみやたらと殺生をしてはならないなどの基本的な道徳が教えられていた。この時期の国民の識字率は80%を越えていたといわれ世界一の識字率であったといわれる。儒教の思想から朱子学を中心とした国学という尊王攘夷の思想も生まれたが、それは明治維新に向けた国家の変革に向けた思想の一つにすぎなかった。大部分の武士たちは中国のように西欧列強による支配を極端に恐れていた。鎖国という中にあっても、武士階級の多くは海外の情報を正確に把握していたのである。明治維新というものが短期間に成功したのは、このように高い道徳観を持った高学歴の武士階級と、識字率の高い国民層の厚さが大きな要因であったのである。

江戸時代には、江戸を中心に上方という関西地方や、北海道などの地方との産物を中心にした商品経済が大きく発達していた。そのために一般国民は読み書きそろばんができなければ大工になっても棟梁にはなれないし、船乗りは船頭になれず、商家においては丁稚より上になれないので教育が普及していた。さらに経済の基本である信用という問題は大事であり、道徳の基本も大事にされたのであった。武士道という言葉だけが注目されているが、一般庶民の道徳観も高いものが存在していた。さらに武士階級にも一般庶民にも仏教の教えは大事にされており、その道徳の基本の中に深く入り込んで存在していた。

明治維新のために明治政府を作り上げた武士階級の者たちは、西欧列強に対抗する必要性から西欧思想や科学技術の移入を最重点とした中央集権国家を作り上げようとした。そのために国家神道というものを作り上げ、天皇を中心とした忠君愛国という思想で国民をまとめ上げたのであった。彼らは廃仏毀釈というもので過去の神仏混淆を廃棄して、神道から仏教を無理やり排除したのであった。その神道も国家神道という全くのでっち上げのものが作り上げられたが、国学の思想に基づく忠君愛国という思想は国民には容易に受け入れられるものであった。道徳はこれを基準に教育されてきた。国民はおおやけに奉仕する事をむしろ誇りに思っていたのである。

敗戦によって戦前の思想は逆転して全てが廃止された。昨日までの精神的な基準を失った国民は道徳の基準を何にするべきか考える余裕もなかった。焦土と化した国家からの立ち上がりが最重要なものであり、国民は経済的な発展にまい進したのである。結果的には教育程度の高い国民と1億2千万人以上の若年層中心の社会は世界が驚くほどの短期間の経済的な成功を成し遂げたのであった。残念ながら国民の生活程度が上がるにつれて過去の成功は長続きせず、バブルの崩壊から20年以上もわが国は経済的には落ち込んだままとなっている。国民の間には閉塞感が高まり、自民党と官僚の一体化した国家の体制を変えるための政権交代が起きたが、結果はご覧の通りの民主党議員たちの裏切りにより官僚主導の国家体制が続いたままになっている。

これらから見えるものは、明らかに戦後の道徳観の喪失と官僚制という変化のできない国家体制が国を衰退化させている事が分かる。経済的な発展は勤勉な国民の存在が原因であり、決して自民党や官僚の政策が優れていたわけではない。民主主義を無視した公務員という官僚が勘違いしたまま、「おおやけ」という本来のあるべき姿を忘れ、私利私欲だけを追求するという異常な国になり、さらには国民の中にも道徳観が失われつつあり、何に対して価値を求めるのかという心の問題が置き忘れられたままにされている。西欧の科学技術や思想だけを学んで、試験で良い成績だけを取れば良い生活が待っているかのような国になってしまっている状態が未だに続いている。嘘をつくことや、人はもちろん、生き物をむやみに殺してはならないという過去の道徳が忘れられようとしている。未だに外国と比べれば治安状態などは高いが、道徳観の欠如から起きる事件は大量殺人や大企業の不正事件、検察、警察、裁判官の癒着の問題など公務員に関わる問題は深刻さを増している。あらゆる意味で道徳観を失った国民の劣化がすさまじい勢いで蔓延し始めているのである。このままでは経済的にも人間的にも三流以下の国に成り果てるのは時間の問題だろう。我々に必要な事は、経済という問題だけではない、過去に持っていた仏教を主体とした優れた精神的な思想を取り戻すことである。西欧中心の世界はすでに崩壊に瀕している。世界は明治以来の西欧中心の思想では機能しなくなっている。道徳を何に求めるかという基本に帰る時である。

自由貿易が意味するものは強者の論理に過ぎない

TPP賛成論者たちの経済に関する予測はいい加減の極致である。過去20年近くにもなるデフレに対して、これら評論家たちが有効な手立て一つも提示できていない事実を見れば、いかに経済評論家が経済に対していい加減な事を述べるものであるかが分かるというものだ。TPPには貿易の問題以外に制度の自由化という全く別の問題がある。全てを自由にすることは、米国内での「自由原理主義」という極端な競争原理が、格差を拡大して大問題になっている事を見ればその問題が分かるはずだ。全てを自由にしたら強者だけが勝つことになり弱者はますます追い詰められることになるのは目に見えている。

あらたにメキシコとカナダが参加表明をしたというが、これらの2ヶ国は米国と共にNAFTAという自由貿易協定を結び、結果的に米国の巨大企業によってボロボロにされている。特にメキシコの農産物は壊滅的になり食料輸入国に成り果ててしまっている。消費者は食品価格が下がると言われたが、結果的には高いものを買わされるという逆転現象が起きている。メキシコでも大企業だけが得をして、農産物の生産者や一般消費者は大打撃を受けたのである。今回の参加表明は、メキシコやカナダがNAFTAで受けた農産業の打撃を、TPPによって日本に対して打ち返そうとする意図に他ならない。このままでは日本の農業は壊滅的になるのは目に見えるようである。

我が国の輸出産業は、すでに大企業も中小企業も海外に進出しており、すでにGDPに占める輸出割合は11%程度しかない。しかも経産省の試算でもTPP参加によるGDPの追い上げ効果は微々たるものである事もそれを示している。そのような状況の中でTPPの参加を強行する意図の裏には、明らかに米国に対する隷従政策があること以外何も考えられない。100兆円を超える米国債を保有するというのに、これ以上わが国を米国のために開放する意味は何もない。亡国の官僚と政治家たちが自国民を平気で裏切り、他国のために自国民の富までも平気で差し出そうとしている異常な国になってしまった。このままでは国民は単なる納税者という機械に成り果て、今でも公務員という税金で暮らす者たちが勝手に税金を食い荒らしている状態がさらに悪化する事になる。TPPとは、大企業だけが得をするという強者の論理である。米国のために国を売り渡すような愚は断じて犯してはならない。小泉純一郎のもとに、竹中平蔵というエセ学者が米国のために行った郵政改革と称した制度の自由化と自由競争というもので何が起きたのか。その結果は、この国にひどい格差が生まれ、大企業だけが生き残るというひどい国になった事を忘れてはならない。
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。