スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の公務員ほど情けない職業はないだろう

日本国民の劣化がひどくなっているが、それをはるかに超えた職業集団が存在し増殖し続けている。公務員、おおやけの仕事に就業する者たちが国民の税金を好き放題にしている。こんな事が許されていたら国民は税金を払う意味が何もなくなるだろう。

そもそも公務員とは何も生産性がない職業である。法律で決められた仕事をするだけの仕事であり、それ以上も以下も許されるものではない。この国の公務員達は何を勘違いしているのか、勝手に立法行為をして補助金という制度を利用して私利私欲に走っている。自民党という戦後の60年以上にもわたる政党と癒着する事で完全に民主主義を悪用し、平等であるべき民主制度の中で自分たちだけは身分保障などと言う勝手な制度を法制化して特権階級のような制度を作り上げている。何もしなくとも給与は保障されるどころか毎年上がり、国民全体の平均給与ではなく、大企業基準という滅茶苦茶な基準で給与が決められ。それを補完するための人事院などと言う自分たちだけの組織が行う基準で国民を欺き、マスコミを使った世論操作で政治を意のままに操っている。バカ政治家たちは権力の最高の武器である立法行為を放棄し、議員立法などと言う言葉に制約されたままに本来の義務を放棄して官僚たちに法律の制定を委ね、自分たちは何もしないで高い歳費を受け取るだけのサラリーマン化して国民を裏切っている。

明治維新以降から国家の基本は法律である事を官僚たちは熟知している。東大法学部がなぜ最高学府といわれているのかを考えれば分かるだろう。近代国家の基本は法治国家なのである。誰が法律を作るかでその国の権力者が分かる。その意味で日本という国は依然として民主国家ではない官僚独裁国家なのである。閣法制度を利用し、国民の税金を最大限利用するだけの情けない集団のために我々はせっせと税金や社会保障費を払っているのだ。その結果は何なんだ。財政赤字がひどいから増税しろ、社会保障費を削減しろの大合唱がマスコミや御用学者評論家からまき起こっている。しかし、ちょっと待てよと誰も言わない。公務員の年金は一般国民よりなぜ高いのか。何で公務員給与が高いのか。何で公務員は誰も首にもされず給与の減額さえされないのか。そんな子供だましが当たり前のように何年も続いている。一般会計の4倍にもなる特別会計の問題は議論されず、何で財政赤字のために増税が必要なのか、あまりにも国民を馬鹿にしている。

このまま増税などしたら国民生活は立ち直れないほど酷くなるだろう。どんな国でも食料などの必要最低限のものに税金はかけていない。今でもわが国の実効消費税は海外の基準でいえば10%以上といわれるほど酷いものになっている。そんな基本的な事は一切議論されず、御用学者や評論家が連日にわたり増税しろの大合唱だ。こんなバカな国がどこにある。そもそも公務員が政策や税金を決める国が民主国家であるはずがない。この国はあらゆる手段が使われて政治家やマスコミが官僚の手先になって国民を騙している。公務員達は自分たちが権力もなく決定力も持っていない事を知っている。その事を恥じているから劣等感の裏返しで必死になって国民を騙して自分たちの権力維持を図っているのだ。我々国民はそれを笑おうではないか。お前たちほど卑しい人間がこの世に存在する事が許されるのかと。こんなに恥知らずの人間集団が過去に存在しただろうか。自分たちは何も生産できず、国民の税金というお情けで生活できているのに、そのありがたみを何も自覚せず、盗人そのものの生活を続けている。公務員達よ恥を知れ、国民は本当に終いには怒るぞ、覚悟していろ。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。