スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらゆる宗教は心という物質でないものに原点を求める

私は一神教を非難し続けてきた。ある意味では間違っていたと思う。人間は誰でも自分がかわいい。そのために努力して世界は発展してきた。人間のために科学技術を使い自然を支配する事で人類が発展できてきた。今それを非難しても意味はない。現在の発展途上国も同じ恩恵にあずかることを非難する資格が我々にあるのだろうか。人類は何のために豊かになろうとしているのだろう。

人は必ず死ぬ。それはあらゆる人類に課せられた平等の摂理である。誰もがそれを悩み、考え、数限りない思想が生まれた。思想という言葉が間違いなら宗教が生まれた。全ての人は生きる事に意味を求め、自分の存在について他人からの評価の軽重で自己の存在意義を図ってきた。その評価の基準のために宗教も哲学も存在意義があったのだろう。特に西欧の人間至上主義においてこの考えは顕著である。インドから東洋諸国に派生した思想はこれとは対極的な思想である。しかし、それも究極的には個人というものの救済に過ぎない。それが狭い意味での個人であるのか、それとも宇宙という中に大きな意味の中の個人かという違いなのだろう。どちらを求めるのかは私が決める問題ではないと考える。一神教でも、それが個人を越えて他人のために犠牲を払う心は尊いものであり、それを非難した私はあまりにも傲慢であった。表面しかかじっていない仏教の思想を、全て分かったような事を言ってきた事を恥じる。あらゆる意味で手段は関係なく他人を思いやる心は正しい。それを非難したら何の意味も無くなるだろう。宗教とは個人より上の神という倫理を認める事に他ならない。

我々は過去の歴史を物質だけで見てはならない。人類の発展が永続するためには自然の搾取だけでは意味がないが、それは所詮は人類の都合による考えに過ぎない。人類が滅びれば自然は勝手に再生し、新しい地球が生まれるだろう。だったら自然は人類との共生など望んでいないだろう。人類が早く滅ぶ方が幸せなのだ。人間が物質だけを求めて滅んでくれと日々、願っているだろう。

だからこそ逆説的な意味で我々は共生と言う事を強く願わなければならない。一神教による個人の救済のために他人を救う思想も認めよう。自己は宇宙の一部に過ぎないと言う仏教の思想も認めよう。あらゆる意味で我々は自己だけが正しく、他人を犠牲にしたうえで繁栄すると言う思想を排除すべきである。他人や自然のために生きると言う共生の哲学だけが世界を救えるものだと信じる。その意味では一神教という唯一絶対神は異教徒も認めるという、さらなる偉大性が求められる。精神は常に物質より上にいなければならない。それこそが宗教という意味の神の存在なのだと信じる。

人間が大事か、そのための手段の方が大事なのか

過去、何度も17世紀以来の西欧の人間中心の思想の問題を述べてきた。繰り返すがデカルトの二元論により自然は物質になり、その支配のために自然科学が発達し、自然を搾取する事で人類は発展を続けてきた。また人間至上主義はユダヤ教、キリスト教、イスラム教という一神教においても神が人間を作ったという理屈で合理性を持たされて今日でも変わっていない。すでに世界は過去にないすさまじいスピードによる自然破壊が重大な問題になっている。一神教が原因の戦争と共に、人間中心の西欧思想は明らかに行き詰っている事を露呈している。

世界には自然との共生や排他的な一神教ではない多神教に基づく新しい思想が必要なのである。その意味では日本の仏教や原始神道に見る自然崇拝の多神教の理念は世界に通ずる思想である。神道というと必ず明治の国家神道を思い浮かべる人が多いが、これは天皇を神とする中央集権のためにねつ造された一神教であり、わが国に古くからある原始神道とは何も関係はない全くの別物である。ここでは本来のものを原始神道と呼んで区別する。

西欧の傲慢性の思想では宗教でさえキリスト教のような人格神による一神教こそが最も優れた宗教と捉える。アニミズムに見られる多神教のようなものは思想的には下位に位置するものとして規定され、いずれは人類の発展と共に一神教に収れんされるものと考えられてきた。しかし事実は全く逆なのである。自然を尊び敬う多神教の方が、はるかに人間性に富んだ争いを避ける優れた宗教なのである。多神教のもとでは一神教のような神の名のもとの殺人の容認はない。

しかしながら自然科学を中心とした科学技術による発展が人類を豊かにしてきた事実も否定はできない。問題は程度の問題なのである。仏教の思想にある中道の精神という「偏らず正しいものを選ぶ」という思想は大事である。その意味でもわが国が続けている科学技術振興政策は見直しが必要なのである。この国は官僚機構の支配により決まったものの変更をしない狂った国になっている。本来、あらゆる政策は国民生活を豊かにするための道具に過ぎない。その道具を目的化する事で権益が生まれる。いつのまにか本来の目的が忘れられ、道具が目的化されるのである。科学技術も単なる道具という手段に過ぎない。しかしそれが目的化する事に意味は何もない。我々に必要な事は国民の豊かさのために必要な事の追及である。過去のやり方にこだわらず、臨機応変こそが大事なのだ。

マスコミを中心にした財政赤字の問題が喧伝されているが、その本質は誰も語っていない。社会保障費さえ削れば全てが解決するような嘘が連日報道されている。目的を変える事ばかりが叫ばれ、その手段は増税だけのような嘘が叫ばれているのだ。科学技術のためという国民を豊かにするための手段のために毎年3兆円以上もの巨額の税金があることは一切報道されない。この手段が妥当なのかを議論すべきである。30%削除するだけで1兆円にもなる税金は簡単に社会保障費に回す事ができる。増税の必要など何もない。こんな例は全ての既存の政策を見直せば至る所にある。補助金制度という二重行政を見直すべきである。手段が目的化しているものを全て洗い直し、全てを国民のための政策につぎ込めば、巨大な税収のあるわが国は確実に国民に優しい豊かな国になれる。既存の議論に誤魔化されてはならない。がんばろう国民、自分で行動しよう。

あらゆる意味で民主後進国になっている日本

この国は本当に何も変化しようとしない。ツイッターなどで文句を言う国民は多いが行動として現れない。しかも選挙をすれば40%もの国民は投票さえしない。先日の大阪市長選や府知事選の投票率を見て唖然としたのは私だけではないだろう。しかも驚いたことにマスコミや評論家さえその投票率の低さを何も問題にしていない。誰もが他人任せという構図でこの国は動いている。

北欧諸国などが税金が高いのに何の不満もないのはなぜなのか。日本の何十分の一という少ない税収で日本よりはるかに手厚い社会保障が整っているのはどうしてなのか。誰もその問題を明確にしない。明らかに税金が機能しているのかしていないのかの問題なのだ。国民の権利と義務という問題こそが大事なのに、その本質を議論せず、国家財政の問題さえ堂々と嘘がまかり通っている。一般会計の4倍にもなる特別会計は国会の議論の対象にもされていない異常性は無視され、社会保障費が増えたからと問題視され国民負担だけが増やされそうとしている。少子高齢化になれば社会保障費が増えるのは当たり前である。それを否定したら何のための社会補償費なのか、誰もその根本的な意味を議論さえしない。なのに子ども手当という少子高齢化対策をすれば「ばら撒き」という非難の大合唱になった。この国はどうなっているのか、普通の感覚では何も理解できない。

政治の問題についても程度の低さは目を覆わんばかりだ。三権分立は無視され、法律を作るべき国会議員は何もせず、こともあろうに議員立法などという言葉で騙されて本来の権利さえ制限されたまま何も変えようとしていない。公務員というものだけには身分保障という制度で何もせずとも税金で暮らせるシステムが作られ、その維持費用が足りなくなれば増税されるという国になっている。国民は社会保障のための費用を長期間払わされた末に、スズメの涙程度の見返りしか得られていない。それさえも年々、削られていっている。一体、我々の払っている税金や社会保障のための積立金はどこに消えているのだ。誰も何も不思議と思わずに言われるだけの金を政府という名前の不思議な組織に払っている。

この国の国民はあまりにも権利に無頓着に見える。というより過去から連綿と続く仏教の利他の思想を引き継いで、他人に奉仕するという尊い心の中で我慢しているのかもしれない。それを利用している公務員という制度は絶対に許されるものではない。しかし大多数の国民はあまりにも無知である。韓国や中国の対応に腹を立てる人々がいるが、少なくとも自分たちの権利のために行動を起こしている韓国や中国の人々の方がはるかに民主的である。自分たちの権利のために他人任せにせず、自分たちが行動するという姿は民主国家の原点のようなものだ。その意味ではデモすらしないこの国の国民は民主主義というものを何も理解していない。このままでは国民はますます税金という負担の義務だけを押し付けられ、その見返りを求める権利を何も行使しないまま地獄を見るだけになるだろう。自業自得というべきか、危機感がないと言うべきか、国防の問題さえ米軍という他国の組織に依存する事が最も大事のような国民に未来はない。自分の問題は自分以外は誰も解決してくれない。いい加減に自己責任という大事な問題の本質に真剣になるべきである。

エコカー補助金という壮大な無駄

以前わたしは「補助金制度こそが官僚の利権のもとだ」という意見を書いた。今、野田政権が又しても始めようとしている補助金制度の内のエコカー補助金について、そのひどいカラクリを見てみよう。

本来、我々はなぜ補助金にされる必要があるのかを考えなければならない。どうして単純な減税ではいけないのか。そこの違いは何なのかをマスコミは一切の報道をしないから騙されているのである。エコカー補助金のために、購入者は必要な書類を用意して、くだらない延々と内容を記入してディーラー経由で申請書を送付して審査を受けなければならない。バカバカしいにもほどがある。何で審査の必要があるのか。減税にしていれば対象者であるか否かというだけで何も必要はない。ここに「からくり」がある。

全てのエコカー減税の手続きをするのは経産省が設立した一般社団法人次世代自動車振興センターという特殊法人である。その手続きに、なんと3700億円もの巨額の委託費用が払われている。次世代自動車振興センターはホームページこそ存在するが、その組織の概要も所在地すら説明がない。出ているのは代表理事という杉浦精一という人物の写真と挨拶しかない。こういういかがわしいところが全国のエコカーに関わる購入に伴う「補助金」という名目のために、派遣会社から大量の人間を雇い入れて書類審査という名目の茶番を行い、さらにその結果、補助金と称する金を銀行経由で支払うのである。銀行は手数料で大儲けする。なんとも無駄の極致のような仕事だ。

これが全ての補助金に見られるやり方である。なんでも補助金にして、その制度のために無駄な組織を作り、審査という名目で自分たちの利権とし、さらに国からそのための費用を交付金という形でだまし取る。組織が大きくなればなるほど天下りを受け入れるとともに、そこで働く正規社員は準公務員という公務員が増えて税金がどんどん無駄遣いされてゆく。このような仕組みがあらゆる政策の隅々まで張り巡らされているのに、政治家たちは何の見直しも行わず、表面的な、無駄な事業というものだけを追求するという茶番で国民を欺いている。変えなければならないのはこのような二重行政という「無駄な制度」なのである。補助金制度の全てを単純化すれば、おそらく国民がひっくり返るような巨額の税金の無駄の使われ方が明らかになるだろう。

野田政権になってからの民主党の裏切りはひどくなる一方である。過去になかった官僚たちの天下り先のための、株式会社という組織による国の監査さえできない形のものが産業革新機構をはじめとして続々と作られている。このままでは、この国はドンドン官僚独裁国家になるだけである。全ての補助金制度を廃止しなければならない。単純化して、無駄な組織や人員の増加、それら組織のもたれあいの構造を無くさない限り税金が勝手に公務員のためにだけ使われてゆく。増税など絶対に認めてはならない。

人間より上の存在なくして道徳はない

17世紀以来の西欧思想は人間が神を超えた存在になった。そこにあるものは人間以外はおのれの肉体でさえも物質というものに変えた。人間の中の理性という神を越えた不死の存在の認識である。人間こそが全ての上に立つものであり、動物も植物も、自然さえも人間のために存在するだけのものになり、全てのものは人間のために存在するだけの物質に成り果てたのである。それを支えるものは科学技術という名のもとの物質文明となり、あらゆる自然と西欧以外の世界の収奪による発展の容認となった。その結果が植民地支配と国家覇権主義という思想となり世界は大きく変えられた。

その思想は基本的に変わらず、国家間の闘争はマルクスにより階級間の闘争というものに変えられたが基本的には何も変わらず、20世紀まで世界の思想を主導し続けた。21世紀の今、西欧の哲学者たちは明らかにその限界を指摘し始めている。しかしながら日本を含めた非西欧諸国は、未だに西欧の科学技術による経済的な発展こそが最大の目標と勘違いしたままに大きく世界を変えようとしている。このままでは人類は間違いなく破滅へと向かうだろう。

今、人類が必要な事は自然と異文化との共存である。過去の西欧による自然や他文化の収奪による発展ではない。過去にない、すさまじいばかりの自然破壊による経済の発展は地球環境の破壊という深刻な問題になっている。さらに一神教という偏屈な思想から来る戦争という問題は、過去の国家覇権主義を越えた重大な問題となり、それが日増しに大きくなっている。インターネットなどの情報技術の発展によって世界を驚くほど狭くなったたことで、過去の一神教による世界観では機能せず、むしろ紛争の大きな要因になってしまっている。このままでは異文化間の闘争はなくなるどころか酷くなるだけである。

西欧思想による人間中心主義は明らかに今日の世界に適応できないものになっている。さらに一神教という人格神も世界を歪めるものになっている。世界の一員としての人類に必要なものは人間を越えた複数の神の存在を認める心である。特定の神だけではなく、あらゆる意味で人間を越えたものの存在を認めなければ道徳の復権はあり得ない。人類の全てが認める神の存在があって初めて全人類に共通の道徳が出現するだろう。お互いを尊重し、人間以外の動植物や自然にも神を見る事で初めて環境問題も重要なものとして理解される。人間は自然を抜きにして存在しえない。この厳然たる事実を認めない限り未来はない。己の心の問題と、己とは大宇宙の一部でしかないという仏教の思想こそが世界を救えるものである。正義などという概念で他人を裁くことではなく、悪というものは他人の中ではなく自己にあるという仏教の思想こそが世界と人類を救いうる思想である。人間だけが世界の中心ではなく、人間も自然の中の一部に過ぎないと言う思想こそが世界を救うものである。

過去の世界観によって地球や戦争の問題がどうなっているかを正しく見るべきである。それを容認するのか、それとも新しい価値観によって世界を変えるのか、それこそ我々人類が今、求められている事なのである。人類は子どもたちに何を残せるのか、大げさでなく本当の意味で我々にその意味が求められている。
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。