スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公約違反は我々が考えているより重要な問題がある

主権在民や法治国家や三権分立による民主主義を具体化する手段は選挙である。あらゆる事には全員が同じ意見を持つことはあり得ない。賛成する者と反対するものに必ず分かれる。どちらともつかない者は決定に対して文句を言う権利はなくなる。その意味で民主主義は過半数の賛成に対して全権をゆだねている。反対意見は考慮はされても、それを見直して過半数が賛成に変わらない限りは採用されない。

この意味で、選挙における公約は被選挙民と選挙民との契約と同じである。それは単なる口約束であってはならない。公約に基づいて選挙民は候補者を選ぶ。違った公約を持つ候補者が多数選ばれれば、自分が望む政策がなされずとも我慢するしかない。従って、選挙民も候補者も、次の選挙にまでに切磋琢磨してより良い公約を選び選挙に臨む。そうして常により良い国になることが図られるわけである。

今回の野田ブタによる八ツ場ダムの再開や、消費税の増税など代表される明らかな公約違反は重大な問題である。民主党を選んだ国民はもっと怒らなければならないし、そうでない国民も公約を破る行為に対して怒らなければならない。それは民主主義の根幹を壊す行為そのものだからである。過去、60年以上も自民党という一党独裁が長く続いた結果、国民は公約違反の何たるかを真剣に考えず、小泉元首相が「公約違反など大したことではない」と公言した時にも騒がなかった。全て他人事のように誰も真剣に考えてこなかったのである。その結果はどうなったのか。竹中平蔵による競争原理が正しいというだけの滅茶苦茶な論理により過去にないひどい格差社会になってしまった。公約を破られたら選挙の意味はなくなる典型である。

勿論、社会や世界の情勢により公約を変える必要がある時はあるだろう。しかしそれには誰もが納得するだけの合理的なものが必要であるし、それを国民に対して説明する義務が政権政党にはある。それを無視する事は断じて許されるものではない。もしするならば解散して総選挙により改めて国民に対して信を問い直す事は政治家の義務である。公約破りは人間として嘘をつくという最も許されない行為と同じ重要な問題なのだ。権力を持ったら何をしても良いなら、それはもはや民主主義ではなく独裁である。大きな勘違いをしている野田ブタ政権は直ちに解散して国民に信を問い直さなければならない。我々は裏切りを絶対に許さない。

さらに、公約とか交代のない官僚という組織が、政策や税金の使い道を勝手に行うことは断じて許してはならない。我々は余りにも民主主義というものを直視してきていない。誰かがやってくれるという甘えは捨てなければならない。自分たちの権利と義務をもっと真剣に考えないと、たんに増税されたりする「義務」だけの履行を求められる今のような歪んだ国のままに何も変えられないままなる。国民はもっと覚醒しなければならない。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。