スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教の本質とは何かを考える

仏教やキリスト教などの問題をつたない知識で述べてきた。しかし、宗教の本質とは何なのであろうか。人間より上の存在を認めなくなった現代人は、科学技術こそが正しいものとして、宗教とか神の問題を迷信ととらえて真剣に考えなくなってきた。何が問題なのかを考えて、その原因のようなものについて自分の意見を書いてみたい。

人間は物質的な問題だけで生きる生物では絶対にありえない。日本でいう心、西欧での理性というものの存在は重要な問題である事は間違いがない。だからこそ宗教が生まれ、神々が生まれてきた。人は生きるために他人や自然との関わりにおいて、どのようにすることが最もふさわしいのであるのか、という問いに答えるものが宗教ではないのだろうか。自分だけの繁栄を求めるのか、それとも別のものとの関係にも価値観を認めるのか。世界はそれによって現在が形作られてきたのではないだろうか。西欧思想と日本や東洋の思想との違いは何なのかが問われている。

一神教の問題はすでに述べてきた。自分の信ずる神だけが正しいという思想は、過去と異なり世界が圧倒的に狭くなった現代では、それは争いのもとになるだけである事も述べてきた。仏教の理念も述べてきた。しかし、現実的にわが国の仏教界は何もしていない。特に東日本大震災において、仏教界の沈黙は驚くべきことだった。長い間の仏教の理念はほとんど死滅しようとしている。その問題点を生意気にも指摘しようと思う。

仏教はキリスト教やイスラム教のような聖書という普遍的なものが存在しない。宗派ごとに異なる理念があるかのごとくに千差万別に見える。その事が仏教というものをますます日本国民から遠ざける原因になっているように見える。殆どの仏教界の人々は、その根本に流れている哲学を論じようとしない。禅なら禅の問題だけ、日蓮宗なら日蓮だけ、浄土教なら法然や親鸞だけ、平安仏教に至っては貴族宗教だの祈祷宗教という一言で片づけられている。これでは一般の日本人でさえ仏教の何たるかが理解できるわけがない。ましてや外国人に理解できるとは到底思えない。今の仏教界はあまりにも物質的に仏教というより自分の宗派を見ているだけに思える。個々の人間にとって宗派の問題より、その理念が何なのかのほうが大切なはずである。個別だけを見る事で全体を見失っていると言わざるを得ない。禅であれば坐禅とか無だけが論じられ、浄土教であれば法然の口称念仏や親鸞の教行信証の問題、等々の個別の問題が論じられて一般人は混乱に陥る。その根底に流れる釈迦の苦からの離脱の問題や他人も救うという大乗仏教の自利・利他という基本的な問題の提示があまりにもなさすぎるのではないだろうか。各々の宗派を作り上げた者たちは、時代々々の要求のために苦悩し、考えて独自の思想を作り上げてきた。しかし、その根底にあるものは同じであると考える。

宗教は神の問題である以前に哲学としてとらえるべきではないだろうか。何が人にとって正しいものであるのか。その正しいと言う事はどのようにして獲得できるのか。それが道徳というものの基本なのではないのだろうか。世界が過去と変わってきたなら、過去には正しいと思われた哲学も変わらざるを得ないのではないのか。ならば過去の神もそのままでよいのだろうか。神もまた変わるべきなのではないのだろうか。いや変わることなく正しい神がいるのであれば、それはそれとしての議論が求められるべきではないのか。我々は物質的な問題の議論ではなく、我々より上の存在としての神のあるべき姿をもっと真剣に論ずるべきではないのだろうか。それなくして世界の平和とか、戦争の問題とか、人類の発展とかいう問題は決して解決されないのではないのか。その意味では宗教という哲学をもっと論ずるべきであると考える。神というものを固定的な観念で考える事が正しいのか。現代の人間に求められている問題はその事ではないのだろうか。

新興国家の経済発展によって、世界はどんどん物質的な要求が強くなっている。それによって過去の西欧や日本がおかした間違いを繰り返してはならない。情報技術や移動手段の発達で、世界は過去と比較にできないような、極端に狭い世界になっている。その新しい世界に、どのような哲学を持った宗教、あるいは神がふさわしいのか。それを我々が提示するべきではないのだろうか。多神教という自然崇拝をもつわが国の長きにわたる歴史の中にこそ、世界を救える思想があると確信する。人類自体の共存共栄、そして人類と地球という自然との共存が、今までにないほど重要になっている。それはキリスト教などの一神教や、西欧の人間中心の思想だけでは決して解決できない問題である。宗教は目的ではない。人間が正しく生きるための道具に過ぎない。神を冒涜する意見だとして怒られるのを覚悟して敢えて述べた。けれど、仏教においては神は「あるもの」ではない。「なれるもの」なのである。そのなれるための努力こそが宗教としての本質なのではないのかと考える。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。