スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の持つ循環思想とは何か

お葬式で読まれる弔辞では「先に逝ってあの世で待っていてくれ」、とか「あの世で私たちを見守って欲しい」などという言葉が使われる。仏教では、人は死ぬと五蘊が消え去るだけで「あの世」という概念はない。釈迦仏教といわれる小乗仏教のままと言われる奈良仏教における寺院においては、僧侶が死ぬとお葬式のために鎌倉仏教といわれる浄土教の僧侶が来てお葬式という儀式をする。このような我々日本人の持つ「あの世」という感覚はどこから来ているのであるのか。

これまで日本人の考えの基層をなすものは、弥生時代以降の稲作文化に求められていた。しかし現代では、その先に長く存在していた縄文時代というものに強い影響を見るという研究が主流になりつつある。約1万5千年くらい前に日本列島には人が住み始めて日本人の原点があった事はすでに明らかにされている。縄文土器は世界で最も古いものである事はあまり知られていないが、約1万2千年前のものが日本で発見されており、それは他国のどの出土品をも上回る古いものである。日本における狩猟・採集文化というものは弥生時代に稲作が伝わるまでの紀元前3世紀頃まで1万年以上もの長い歴史を持っている。全体の歴史の中で4/5は縄文時代であり、残りの1/5が稲作伝来から今日までの期間である。この長い期間に培われた思想が現代まで連綿と続いていると考えられている。そこにあるのは循環の思想であった。

縄文時代の循環の思想は、その子孫といわれるアイヌや沖縄に残っているものにみられるあの世観にある。人や動植物、物でさえ、死ぬとこの世とはあべこべのあの世という世界に行き、しばらくすると帰ってくるというものである。死装束の左前とか、持って行くものを壊したり燃やすことは、この世と逆があの世では逆でない事を表している。貝塚などや針供養などについても、死んだり使い物にならなくなったものをあの世に送り返すという考えの現れの一つと考えられている。全てが循環するという思想があり、それが本来の原始神道に受け継がれ、自然崇拝と共に日本仏教の中にも取り入れられた。天台本覚というものの「山川草木悉皆成仏」とか「草木国土悉皆成仏」という言葉に代表されるものや、密教における自然崇拝からの神仏習合というものがそれを表している。これらにあるものは、人間も自然も平等に宇宙の一部のものという共生の思想である。人は死ぬとあの世に行って神になるという考えは、日本においては仏教が入った後も、死ねとお陀仏になったなどの言葉で表されて残っている。全てのものは魂があり、死ぬとその魂は物体を離れてあの世に行き、しばらくするとこの世に生まれ変わってくるのである。従って死者供養の葬式や、先祖が一時還ってくるお盆や正月の儀式などが大事にされている。

この自然の中の循環という思想は、西欧の人間主体の思想とは対照をなす考えである。西欧においては神は人間を神に似せて作った事により、自然は人間が使う「モノ」として考えられている。そこには生命はなく、科学技術によって利用される「モノ」でしかなくなっている。科学技術の発展の裏にある西欧思想の根源はここから来ている。日本仏教などに見られる全ての存在に神を見る思想は「アニミズム」というもので一くくりにされ、原始的な宗教という一言で片づけられてきた。全ての宗教はキリスト教のような一神教という形に収れんされるものという傲慢な思想を西欧思想は持っている。しかし西欧の人間中心の一神教的な思想で世界は明らかに行き詰っている。今、世界は新しい思想が求められているのである。日本人が持つこの古くからある循環の思想こそが世界を救いうるものになるだろう。あらゆるものに生命を見、死んでも生まれ変わるという思想は、有限のものを正しく使う事で無限に変える知恵である。我々の中にある古いものを時代遅れのものと簡単に排除してはならない。西欧至上主義だけでは機能しない、日本にある古い思想との融合が求められているのである。

世襲という連綿と続く制度に見る日本

過去の日本の貴族階級の官僚組織の中には、血縁による「世襲」という変われない制度がずっと続いていた。これに対して武士によるものは家を中心とする世襲が作り上げられた。ここでは血よりも組織の継続が重んじられた。それが日本社会に今でも連綿と続いている。

世襲の最たるものは天皇制である。万世一系の天皇という思想には天孫降臨神話によって、天皇イコール神の子孫という形で、中国の皇帝などの徳なき者が天の命令によって新たに(革)するという革命という交代の原理のないものが作り上げられた結果である。その制度は平安時代の藤原不比等による大宝律令の制定により「太政官制度」という日本独特の官僚制度による政治支配の体制になって完成し、天皇は君臨すれど統治せずという形になったものである。藤原氏の権力維持のために貴族制度は世襲という変われない原理で強化されていった。これ以降、天皇制は南北朝の一時期と、明治時代に作り上げられた国家神道時代を除いて、天皇が表に立つ政治形態はなかったのである。過去の日本において、女性は侵される者、男性は支配するもの侵すものという原理により、天皇家の女性たちは殆どが結婚をせずに仏籍に入るなどした事により、かたち上は天皇の父系的な連続があった事になっているので、それが現在の男系天皇の議論になっている。今日的な感覚で男系とか女系など大きな問題にすること自体に意味がないのに、それを大真面目に取り上げている政治家や知識人といわれる者の時代錯誤には驚かされる。しかし現実とはそんなもので、なかなか変化ができない証拠のようなものだとして見れば、それはそれで興味深く理解できる。

武士の台頭以降は、世襲というものも家というものに変わってゆき、江戸時代にもそれは連綿と続いたが、実質的には御家人の売買制度とか婿養子や組織内の足高制度によって身分制度は固定化されたものから、かなりの柔軟性を持った形に変化する事で、家という世襲制度は能力主体のものに変化されていった。これは中国やその影響を受けた朝鮮などの儒教に基づく科挙制度と異なり、柔軟性と現実的な対応という意味では科挙制度の形だけの登用制よりはるかに優れた形で機能したのである。科挙制度は、その試験の難しさと儒教だけを真理とした偏屈な形によって、実質的には新しいものに対応できない社会になっていっただけのものになっていったのである。明治維新で、日本だけが西欧型の科学技術を取り入れて近代化に成功した背景はここにある。しかしながら、天皇中心による国家覇権主義的な思想は、結局、朝鮮や中国の侵略から太平洋戦争に至って破綻していった。そこにあったものは軍部官僚というものによる、天皇の絶対性を利用した硬直的な考えによる破綻である。

戦後、民主主義というもので180度の価値観の転換が持ち込まれたが、実質的に世襲というものは天皇制にも残り、企業や官僚制にも家という組織の連続性の原理で残り、民間においては経済的な成功を導いたものになったものの、政治制度的には官僚制度による支配体系を作り上げる結果となり、結局、国の制度が硬直化していくことで経済的な成功も続くことなく現在に至ってしまっている。今の日本は完全な官僚社会主義の国に成り果て、民主主義というものは機能しない国になっている。さらにバブルがはじけて、経済的にも行き詰まりを見せた事から、米欧型の経営形態が無批判に受け入れられることで、過去の組織を主体とした経営形態が捨てられる中で、国民生活は効率性だけを求める社会の中で弱者が増え続けていく社会へと変わってしまっている。非正規雇用の増加は過去の組織を主体にした世襲制の否定にもつながり、短期的な利益を求める米欧型の経営で国民生活が圧迫される結果になっている。組織主体とは単なる年功序列というトコロテン式のものではなく、内部での競争による人材育成と共に発展する思想である。その正しい理解なしに、安易に米欧型の自由経済という言葉だけで経営形態を変えても何も生まれない。官僚支配による制度の硬直化と共に、過去の経営制度の正しい理解を無くした事で、結局、民間による日本経済はその停滞から抜けられることができなくなってしまっている。

世襲という長きにわたるわが国の歴史を学び、何が長所であって、何が問題かを考える事が大事である。いたずらに日本的なものを排除せず、ただ米欧のものだけが正しいとする態度を改めなければならない。組織の中で個人が埋没することなく、経営陣に非があれば武士の思想にもあった諫言などが機能するものにすれば、それは西欧型の内部告発などと異なる生産的な制度になるはずである。過去から連綿と続く歴史という重みの中で制度を見直すことは大事なのである。西欧が好きなものに対して言えるとすれば、それは英国型の経験主義とでも言えばよいのだろう。我々の歴史の経験を大事にしよう。
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。