スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本という国を歪めてきたもの

すでに明治維新というものがどのようなものであったのかという事は前回に書いた。ではなぜ幕末から明治維新を、武士階級という人々は成功に導けたのであろうか。彼らはけっして上級階級のものではなく、むしろ大多数は下級階級のものであった。全員が藩主の意向通りに従って整然と行動した結果ではない。むしろ西郷隆盛などは最後まで藩主の島津斉彬や久光の意向は無視して幕府を倒し、さらには廃藩置県によって藩まで廃止してしまったのである。久光はこれに激怒し、鹿児島の別邸で一夜ずっと花火を打ち上げさせて見ていたという。そして西郷を「安禄山」と呼び最後まで罵ったと言われている。また徳川幕府だけの利益を見ずに、日本という国家の将来を見て江戸無血開城を決断し首尾一貫した行動で国の方向を違えず、しかも幕府の倒壊後には徳川慶喜の助命と徳川家の存命に奔走して幕臣としての節義を守り通した勝海舟など、枚挙にいとまもないほどの人材があった。

これらの武士たちの背景にあったものは、明らかに武士道が本来求めていた「個」としてあるべき姿を追求した行動に他ならない。主君の絶対性は認めるものの、そこに正しいものがない場合には、諫言という行為を行ってまで己の主張を守り抜くという信念を貫く思想である。その結果が、当初の尊王攘夷というものから攘夷を捨てて開国に変えるという決断に見られるものである。それは薩英戦争(1863年7月)や四ヶ国艦隊下関砲撃事件(1864年8月)の長州藩の前年の外国船砲撃に対する米英仏蘭による報復攻撃で、欧米の強大な軍事力の実力の差を見るや開国和親にすぐさま転じていった、その現実認識の鋭さと間違いを訂正する能力の高さであった。これによって明治維新は、西欧思想と科学技術の移入という明確な目標を持った国家建築がなされるのであった。富国強兵のために天皇を神とする国家神道により国民をまとめ上げる思想的なバックグラウンドまで作り上げ、そのために廃仏毀釈により過去の精神的な思想まで棄て去ったのであった。

この結果わが国は、西欧以外では唯一・西欧と対等に伍すことのできる国を、諸外国も驚くほど短期間で達成する事ができたのである。しかし、逆にこの成功は西欧型の国家覇権主義的な動きとなり、武士という階級の者たちが消えてゆく中で、自ら作り上げた天皇という一神教を利用した官僚たちの間違った思考のままに進んでゆくことになった。「個」としての正しいものの追及である本来の意味の国民主権になる事ができなかったのは、皮肉にも武士たちが作り上げた国民をまとめ上げるための国家神道を利用した官僚制度であった。その中で国民は全体主義的教育の中で、天皇や国家に奉仕するだけのものになって本来の個としての正しい行動が制限され、官僚による西欧の国家覇権主義という前近代的なものの追及という間違いの中で破たんしたのである。

敗戦によって天皇を神とする国家神道は廃止されたが、結局、国家形態としての中央集権は変わらず、官僚制度もそのままになっていたために、制度として導入された民主主義は官僚たちの巧みな工作によって機能しないものに変えられ今日に至っている。法律の重要性を知り尽くしていた官僚たちは、国家権力の源泉である立法権を決して離すことはせず、「閣法制度」という隠れみのにより自分たちの権力の温存に成功した。それは現在まで連綿と続き、自民党という一党独裁政権を利用する事で、わが国は官僚社会主義国家になっていったのである。国民は依然として官僚の管理下のものでしかなく、一時的な経済的な成功が戦前の成功と同じ結果を産み、何も変えられない国になってしまっている。この国を歪めた原因は、これらの事実を正しく伝える事ができなかった過去の知識人やマスコミにあるだろう。それは今も変わることなく、小沢一郎の「政治とカネ」や、原発事故の対応などに色濃く残っている。国を歪めているもの、それが何かを国民は正しく理解しなければならない。過去と比べて情報技術の進歩により、国民はあらゆる情報を正しく入手できる。国民が正しい情報のもとで正しい行動をとらない限り国は変えられない。「個」として国民が確立する事、それを行う事が子供たちに対する我々の義務である。

今、世界は西欧の支配から確実に変わりつつある。もはや西欧の科学技術は至る所で利用可能になっており、それによって発展途上国は大きく成長し始めている。もはや西欧至上主義は破綻に瀕している。世界は新しい思想が必要なのである。その意味でもわが国は正しくそれに対処しなければならない。国民の覚醒はますます重要度を増しているのである。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。