スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神の復権に向けて

現代社会は、過去300年間の科学技術の発展による工業化により、過去のいかなる時よりも急激な発展を遂げた。人類はおよそ30~50万年前に出現し、1万3千年ほど前から農耕・牧畜を始めて文明と呼ばれるものが始まった。そして17世紀後半から、自然を精密に研究する事で利用せんとする科学技術が発達し、18世紀の終わりに起きた産業革命という工業化でそれが加速され現代に至っている。

17世紀に始まる科学技術の発展の基礎はルネ・デカルトの二元論による。思惟する自我と、その延長線上にある物質という思想により人間とそれ以外の動植物や自然は単なる物質という人間中心主義の始まりである。それは西欧においてヒューマニズムという形で表現されるものとなり、現在でも世界中でこの言葉は使われている。すでにその詳細は「戦争を肯定する西欧思想とは何か」に記した。人間中心の思想は神という人間以上の者の存在を否定し、人間の理性というものに全てを見ようとした。しかし、現実には理性という作りもので人間の本質を規定する事は不可能であった。人間中心の社会とは、物質に対する無限の欲望の肯定に他ならない。ヘーゲルは国家の絶対化で弁証法という理論で戦争を肯定し、それは西欧の国家覇権主義となって収奪経済を作り上げる思想的な背景となる。さらにフォイエルバッハの欲望肯定の思想はマルクスに至り、ヘーゲルの弁証法を借りた生産絶対主義の階級間闘争による社会主義国家の実現という唯物弁証法の理論となった。ここで物質的な欲望は際限のない発展が約束されていくのである。欲望の肯定はニーチェにおいては、強き者による他を支配せんとする意志となり、フロイトによっては人間の活動の根源は性という欲望が支配しているという考えになってゆく。こうして世界はますます人間の欲望に歯止めがない社会になっていったのである。

19世紀後半の明治維新で、日本が西欧思想と科学技術による富国強兵政策を取り入れた事で、わが国も基本的に過去の思想から西欧の人間中心の思想に転換したのである。戦前までは忠君愛国という道徳教育が残っていたが、敗戦による価値観の転換で、過去の道徳は存在する思想的根拠を失い、以来、わが国の教育から道徳という概念までもが失せ、経済的な欲望の追及一辺倒の社会となって、それが現在も続いている。明治以前に日本人が持っていた仏教や儒教による厳しい倫理に基づく道徳観は、明治維新の廃仏毀釈により徹底的に失われた。我々の祖先が連綿と持っていた原始神道による自然崇拝に基づく神は殺され、新たに天皇という神が現れる事となった。その神も敗戦により人間宣言する事で、わが国から神は完全に消えたのである。

すでに人間中心の思想は、西欧において19世紀から問題が指摘し始められていたが、明治維新からの日本はそれに気づくことなく現代に至っている。神を捨てた現代社会は、欲望だけの肯定社会のままに動き続けている。戦争はなくならず、宗教間の対立もなくならず、それはむしろひどくなっている。新たな経済的な発展を遂げつつある新興国家により、西欧と他の文明との衝突はいつ起きても不思議のない世界になりつつある。このような状況を変えなければならないのに、どの国も主導的な思想を述べられない。欲望だけを肯定する資本主義社会は必ず行き詰まる。わが国が経験した精神の喪失という神の喪失、その問題をもっと考えなければならない。人はパンのみに生きる者にあらずというキリスト教の教えに象徴されるように、人間から精神という心の問題を抜きにした社会は異常である。他人を殺してはならないとか、人のものを盗んではならないとか、嘘をついてはならないという本当に基本的な道徳なしに社会は存在できるのであろうか。その大事な精神の復権がなければ、日本国民にも人類にも未来はあり得ない。物と心の両立が必要なのである。世界に求められるのは心という精神の復権である。それを世界に発信する事こそが我々日本人に課せられた義務である。

それにしてもわが国の精神の劣化はひどすぎる。経済という欲望の拡大だけが至上命題になったまま何も変わらず、公務員も政治家もマスコミも、さらには知識人といわれる者たちも、原発事故や小沢一郎に関わる政治とカネという問題、さらには消費税の増税での嘘だらけの社会。このように社会を導くべき者たちの道徳の劣化のひどさ。これでは世界に新しい思想を発信する事など夢のまた夢に思える。もはや国民、一人一人が覚醒して国を変える以外に方法はないように思える。震災対応で世界が驚いた日本人の対応、その心にある精神の復権が必要である。

スポンサーサイト

近代社会が求めたものとは何か

前回述べた内容は現在までの日本のありようである。その背後にあるものは何か、それは過去からどのように現在まで続いているのであろうか。現代人はその事をどれだけ深く認識しているのだろうか。変化が必要なら過去の問題を正しく把握できなければならない。

現代社会は明らかに17世紀以来の西欧による科学技術文明の賜物である。過去、世界には複数の文明が存在し、たった一つのものが世界を征服した事はなかった。しかし西欧は科学技術により世界征服を果たした。デカルト以来の西欧思想は人間中心の世界観を作り上げ、自然を支配するために科学技術が発達し、それは英国における産業革命を経て、すさまじい生産力と武器の力を作り上げた。その結果が西欧による世界支配となっていったのである。

以来、世界は「発展」という思想一色となった。西欧以外の国も、やがては西欧のような形になる。多神教は遅れたものであり、いずれはキリスト教のような一神教に発展する。西欧以外の未開の国はやがて文明国になるだろう。そのような西欧の傲慢的な考えが当然のように世界に広がっていった。しかし、人間は理性によるものであったかに見えたが、実は経済的発展という欲望の世界に変えられていたのである。過去300年間の経済的な発展で、人類はそれ以前のいかなる時代よりも物質的な豊かさを実現した。そして逆に、過去のいかなる時代よりも自然は大きく変えられ破壊されている。人類の歴史全体の中で見れば、ほんのわずかな過去300年間の変化は、何万年もの変化以上のすさまじいものになっている。

何度も述べたように、明治以来の我が国も基本的にはこの方向で進んできた。そして戦後はさらに経済的発展という方向が著しくなっていく。生産性の増大、それこそが国民を豊かにするものという思想で全てが進められ、日本列島改造論や所得倍増という言葉が踊った。そしてバブルが崩壊し現在に至っている。一時的な経済的な成功は終わったが、その後も生産性の増大という経済的発展の幻想は続いたままである。西欧も米国も、明らかに経済的にも外交的にも行き詰まりを見せている。過去の西欧至上主義で世界は明らかにやっては行けなくなっている。17世紀以来の欲望の拡大は、西欧以外の発展途上国と言われる国々に起こりつつある。その各国による西欧の科学技術を取り入れた発展が、皮肉にも西欧や日本という過去の先進諸国の停滞を生んでいるのである。しかし、歴史を見れば新興国の経済もやがては行き詰るだろう。近代の歴史が見た「経済的発展」というものは永遠に続くものであろうか。人間は欲望の拡大に歯止めをかけられるのであろうか。我々はどのような世界を望んでいるのであろうか。将来の世界には今よりバラ色の世界が本当に待っているのであろうか。逆に、人類が持つ核兵器や原発による破滅は起きないという保証はあるのだろうか。

我々は17世紀以来に出来上がった西欧思想をもっと正しく見なければならない。このまま世界が発展してどこに行くというのであろうか。発展が果てしなく続くという保証はないはずである。どのような世界にするのか、それを我々は考えなければならない。戦争で国の破綻を経験し、経済の成功を経験し、その破綻も経験し、原発事故というものも経験した日本人。我われこそが世界に新しい思想を提供する義務があるのではないのか。それは永遠に発展するという直線的な思想を循環的なものに変えるものでなければならない。戦争をなくすための他の宗教や国や文化やとの共生。さらに自然なしで生きられないという強いメッセージの必要性。自然を破壊するのではなく自然と共に生きる思想。そのようなメッセージを発する必要がある。科学技術の絶対信仰ではなく、それを道具として利用する知恵が求められている。新しい思想が必要なのである。

月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。