スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史というものを忘れた日本人

現代人は歴史をどのように教育されてきただろう。わが個人的な感想を言えば、それは大学受験のための暗記物に過ぎない。そこには思想とか、宗教とか、精神的なものは一切ない。いつ、誰がいて、何があったかの羅列でしかなかった。その背景に何があったなどは無用の長物に過ぎず、完全に無視されていた。教育の中心は英語と数学であった。

このような実態の背景は何だったのか。大部分の国民はその意味すら考えずに生活している。しかし、現在の我々は過去からのつながりの結果であるのだから、それには理由がなければならない。この国はどのような歴史を経て現在があるのか?そのような教育が歴史の中にぽっかりと抜け落ちてきているのである。従って、政治の問題でも、いたずらに言葉だけが飛び交い、その背景にある思想や精神的な背景が何も語られずにいる。その結果、ますます政治というものも訳が分からなくなり、その時、その時の問題解決のような短期的な見方で国民が右往左往させられているように見える。日本維新の会などの出現はその典型に見える。

ここでは、再度、日本の政治家、中でも自民党議員たちを保守と呼ぶ日本のマスコミや知識人の頭の構造を見てみよう。保守とは何であるのかはすでに書いた。しかし、もっとも我慢ならないのは、評論家とかマスコミとかが、平気で間違いを認識せずに保守という言葉を安易に使うことである。最も頻繁に言われているのは、自民党の政策などを保守という言葉で一括りにしている報道である。彼らの政策のどこが保守であるのか、全く意味をなしていない。その政策は、過去の明治維新で作られた天皇を中心に国民をまとめ、国家を富国強兵の国にするがごとくの時代錯誤の政策に過ぎない。従って、平然と靖国神社に参拝する事を厭わない。天皇を元首としようとし、国旗、国歌を強制し、徴兵制度の復活まで言い出し始める。政策には国民生活は二の次になり、国家の発展だけが優先される。それを極端にしたものが小泉郵政改革という名の下の弱肉強食の米国型の新自由主義国家への転換であった。その結果、国民は自民党に決別し政権交代を民主党に託した。しかし、結果は見ての通りの体たらくである。

一体、この国の政治家たちは何を以て保守と言いたいのであるのか。そこで明治維新で何が起きたかを見なければならない。それを比較する事で、わが国の政治家や評論家がいう「保守」という定義が見えるだろう。すでに何度も書いたように、明治維新とは西欧文明移入に全面的に国のあり方を変えた事である。科学技術による圧倒的な経済力と軍事力の前に、非西欧文明諸国は次々と征服されていた。それを見た武士階級は国家の方向を見事に変えたのである。そして、その移入による新しい国家のための精神的な柱として、国学と水戸学に基づく国家神道が採用された。国学は本居宣長や平田篤胤にもとずく、古事記などの世界こそが清く正しい世界であるとする江戸後期の尊王攘夷の下になった思想である。そこでは、仏教や儒教ではなく、日本古来のものこそが基本とする思想なのであるが、わが国に固有の文明は存在していないという現実を無視したものであった。わが国の文化は、外来の仏教や儒教を元にして独自のものに作られてきたという事実を無視したのである。そこに神道というものを作り上げたのであるが、それは過去の日本に存在した本来の自然崇拝である神道とは違った物を作り上げるのである。国学では神は自然ではなく天皇という人間に変えるのである。さらに藤田東湖による水戸学は儒教を基本に置く。本来は中国のものである儒教は、中国より日本の忠の精神の中にこそ本当の精神が見られるものとして、万世一系の天皇を実現している日本こそに実現されているとする。このように儒教の人間主体の思想となったものが、明治の富国強兵のための精神的な支柱として天皇を中心に国民をまとめ上げるものとして採用されて国家神道になるのである。そこで作られた新しい思想に基づき、天皇の神格化、靖国神社というあたらしい社に、国に殉じたものだけを祀り上げるという壮大な仕掛けが作り上げられてゆく。その結果、日本は驚くほど早く西欧化に成功したのである。問題は、その後も時代遅れとなっていた国家覇権主義を変えられなかった事にある。それが太平洋戦争での敗戦という破綻につながるのである。

この明治維新のために作り上げられた思想による国のかたちに戻ることが保守なのであろうか?これを分析すれば、以下のような構図が明らかになる。まず、明治維新は西欧化により富国強兵が実現できて成功した。その成功に国家神道による天皇の利用は重要な位置を占めた。教育もその政策に沿って実施されて成功した。だから俺たちもそれを踏襲するのだ、という短絡した思考に思える。そこには、19世紀には、すでに国家覇権主義は時代遅れの思想であったという自覚がない。だから太平洋戦争で、なぜ国家が破綻したかの分析が何もない。このような全体の歴史の背景を正しく見ずに、直近の西欧文明の移入の為だけのかたちに戻るということの何が保守であるというのか。あまりにも軽薄になっているこの国が心配である。このままでは間違いを間違いとも認められず、一部の人間の言われるままに進むという戦前のかたちが再現する恐れが充分にある。我々は、現在の我が国や国民の姿を、過去の歴史の中で、その流れの結果として見るという姿勢を持たなければならない。それはひいては、わが国の姿を世界の歴史の中で正しく見るという結果につながるものになるのである。現在というものがあるのは、過去からのさまざまな歴史の結果である事を再認識すべき時である。
スポンサーサイト
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。