スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公益法人を人質にした大相撲協会の乗っ取りが始められている

相撲という日本固有の文化について国家が介入を始めている。マスコミを使い「公益法人」を盾にした官僚の介入である。そもそもの問題は野球賭博の解明であったものを、警視庁による意図的なリークによって八百長という問題で大騒ぎをさせて「相撲協会」というものを食い物にしようとしている。すでに競馬、競輪、宝くじなどを見れば明らかのように、これらの協会は完全に官僚の天下り先と成り果ててお問題視されている。政権交代によって官僚たちの天下り先は狭められており、彼らはあらゆる場所を公益という名目を使って私利を得ようと必死になっている。

今回の外部委員会の要求は酷いものだ。「理事会の半数を外部委員にしろ」、「年寄株の売買は禁止しろ」、「部屋数が多すぎるから減らせ」、まるで暴力団のやっているような脅しそのものだ。相撲界の力士、元力士たちはこれらの不当な要求を断固として拒否するべきだ。それで公益法人でなくなっても相撲という文化が消え去るよりははるかに良い。国民は文化としての相撲の方を存続してもらいたいのだ、単なる高校野球のようなスポーツとしての大相撲なんかに存在意義は何もない。ましてや相撲に関係のない人間たちが仕切るようなものになったら本当につまらない存在になってしまう。

今マスコミを使って行われている大相撲問題は八百長問題ではない、官僚たちの天下り先確保のための権力闘争である。我々国民は相撲という文化のために断固としてこの介入を非難するべきだ。文化には合理性などもともとないことを理解しなければこの問題は絶対に解決しない。大相撲なのか、官僚による支配なのか、どちらを選ぶかは国民の応援にかかっている。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。