スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目的なくして変革なし

言葉だけで、自分も含めて何かを非難して溜飲を下げている事に気が付いた時ほど情けない事はない。確かに菅直人とその同調者たちにより、過去の自民党による官僚国家になりつつある事は事実である。そしてその不満が爆発している。しかし良く考えれば、不完全とはいうものの、我が国はまだ変える事が可能な疑似民主国家なのである。それを本当の意味の民主国家にできるかどうかが今、問われているのではないのだろうか。そのために求められるものは何なんだろう。

もはや過去の自民党に見られる官僚と一体化した政治のやり方で国が変えられない事は明らかになっている。それを変えるべく政権交代したのに、菅直人とその同調者が元に戻そうとしている事態に我々は本当に驚いた。それは、政治家が何を考えていたのかを検証もせずに盲目的に投票した結果だったのかと思い知らされる結果になった。この事は小泉純一郎が行った「郵政民営化」というお題目だけで騙された時と全く同じである。

今おきている数々の事態は過去にもあった事と同じではないか。 それを誹謗中傷しても何も変わらない。我々ができる事は抗議の行動であり、次の選挙で我々が考える民主国家のあるべき姿を実現できる代表者を国会に送り、それを実行させることに他ならない。できないような者を選んではならない、残念ながらそれが今、我々が直面している冷徹な事実なのではないのだろうか。


過去から続いている官僚社会主義は、まさに我々の責任でもあるのだ。我々は本当に何が大事なのかを真剣に考えただろうか。名古屋に代表される地方議会の問題や公務員給与なども同じだろう。自分たちが考えて行動したのか自分の胸に聞くべきだ。本当に恥ずべきは我々なのだと自覚する必要があるのではないのか。候補者の会合に出席し、候補者が何を考えて、何を実行しようとしているかを確認した国民がどれほどいるだろうか、おそらく限りなくゼロに近いだろう。変えたいなら自分がするしかないし、今ならまだそれは可能だと思う。行動以外に何も変えられない、他人がしてくれるという幻想を捨てなければ何も変えられない。我々は覚醒が必要なのだ。

デモも大事だが、それだけでは何も変えられない。政治に自分が参加する事だ。それは立候補を意味する事ではない。積極的な政策に関する議論への参加、代表者たる議員との意見交換、他人との意見交換、等々の自分で考える行動に他ならない。その意味では公職選挙法を改正し、ネットを利用した選挙はとても重要である。官僚側はそれを知っているからあらゆる抵抗をするだろう。しかし騙されてはならない、これこそ直ちに実施させなければならない。現状の体制に対する反撃は言葉ではない、考えるという行動である。そして最も重要な事、それは法律である。法治国家の根源である法律を誰が作るのかが「主権者」の意味するものである事をもっと真剣に考えなければならない。国会議員以外に法律を作らせてはならない。我々が選んでもいない官僚に代表される公務員に、法律を変えたり作ったりさせる事は絶対にさせてはならない。

法律こそが国家を変えられる唯一の道具なのである。そのために、我々一人一人が考えて行動し、実行できる代表者を国会に送り込み、必要な法律を作らせたり改訂させたりさせなければならない。国家の形を変える事は時間がかかる事ではあるが、明確な目的を持てば必ず変革は実現できる。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。