スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進行中の陸山会事件の裁判は、裁判なのか

現在進行中の石川議員元小沢一郎氏の秘書達に関わる陸山会事件の公判はどうなっているのだろう。そもそもの訴因は「期ズレ」と言われた年度をまたいだ記載の問題である。そこに細かい数字は忘れたが4億円の不記載という問題があるが、基本的に贈収賄と言う問題ではない。

これらの事実を考えれば、裁判そのものは「期ズレ」が正当なものであったのか、4億円の不記載の事実はあったのか、なかったのか、という2点だけが裁判で争われるものである。そこに小沢一郎への報告や相談の有無や、水谷建設からの不正献金の有無などは対象にされるべきものではないはずである。なぜ裁判官は、検察によるこれらの無関係な問題を裁判に持ち込ませているのであるのか。ここに検察と裁判所による共同謀議がある事が推察されるのである。

すでに数々の検証により「期ズレ」の問題は全く問題にされるものではない正当な「ズレ」である事が証明されている。4億円の記載も存在しており訴因そのものが破綻している。それなのに裁判では無関係のことを延々とやっている。こんな事が許されていいのだろうか? 一体この裁判の目的は何なのか、なぜ弁護側は全ての無関係な事案についての検察側の主張を無視しないのであろうか。考えられることは小沢一郎に対する検察審査会の強制起訴との関連だけである。

しかしながら石川議員らの本来の訴因そのものが無実であれば、小沢一郎への強制起訴も存在しなくなる。従って、検察も裁判所も敢えて無関係な事を裁判で騒ぎ、事件そのものの裁判を、引き延ばし国民に対する世論操作をしているとしか思えない。誰が見ても無罪であるものを裁判所と検察が共謀して世論操作だけのために裁判を利用しているようなら重大な問題である。弁護側はこの問題をもっと大々的に追求するべきである。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。