スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治とカネのの呪縛から離れよう

小沢一郎の「政治とカネ」でマスコミを使った官僚側の悪だくみは成功しているだろう。なぜなら秘書たちも含めて少なくとも起訴までは行ったからである。これらのことに有罪、無罪は関係がない。要するに小沢一郎という政治家のイメージを徹底的に悪くしたことに成功したのだ。

同じことが他の民主党議員たちやみんなの党の渡辺代表にも起こりつつある。これらが何を意味するかはネットで情報を集めている賢明な諸氏には分かっているだろう。要するに小沢一郎と同じで、政治家は金にきたない、だから信用ならないと宣伝しているのである。全くバカバカしい。国民もバカだから、ここぞとばかりにこれらの対象議員たちを罵倒している。

どうして我々は本質を見ないのであろうか。たかが脱税した人間から献金を受けた事がそんなに問題なのか、もっと冷静に見れないのだろうか。道義的とかいう訳の分からない理屈で非難することに何の意味もない。それこそ小沢一郎が冤罪で騒がれる事と同じではないか。彼が貶められて非難されたことを、又しても別の国会議員にして何が生まれるのか、喜んでいるのは官僚たちだけなのがまだわからないのだろうか。

マスコミが何を報道しようが、バカな議員たちが献金を返します等とほざいていようが我々は全て無視するべきなのだ。法律に違反していない限り献金を貰って何が悪いのか。全てを政治資金規正法通りに処理して、情報公開も完全にしていれば何も問題にするべきではない。同じことをして国会議員たちの行動を制約する事を繰り返してはならない。小沢一郎であろうが反・小沢一郎議員であろうが、我々国民はいい加減に「政治とカネ」という呪縛から離れなければならない。我々が追及するのはもっと巨額な「官僚とカネ」である。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。