スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界には新しい思想が必要である

西欧の哲学思想の根底にあるものと、日本の仏教思想の根底にあるものとの決定的な違いは何であるのか。この問いに答えられる日本の哲学者はあまりにも少ない。それはあまりにも西欧哲学ばかりを研究するだけで日本仏教の思想を何も知らなすぎるからである。極端な学者に至ってはヘーゲルならヘーゲルしか研究せずに、全てをヘーゲル的にしか解釈しない。そこには明らかに西欧思想こそが正しいという偏見があり、それゆえに他の何も見ていない事が見て取れる。これがわが国の明治以来から連綿と続く、西欧崇拝という精神構造になっている原因である。

西欧思想の全てを否定するつもりはないが、西欧思想しか正しくないという考えには明らかに間違いがある。世界は西欧的な進歩史観に基づき物質的には確かに豊かになった、しかしながら依然として世界から戦争はなくならず、核の脅威も無くなってはいない。国際連合という世界的な機関は存在するが、それが決定的な解決のための機関にはなりえていない事も事実である。それでは西欧思想の根源はどこに見るべきなのであろうか。それは古代ギリシャの哲学という見方で間違いはないであろう。それは世界というものの根本原理は火、又は戦争という「闘争」というものにおいた。そして絶えず流動する世界をつなぐものがロゴスと呼ばれる言葉、または論理として考えられた。このロゴスなる考えは原始キリスト教にも影響を与え、イエスそのものの本質とされたのである。「はじめに言(ロゴス)があった。言は神とともにあり、言は神であった」という有名なヨハネの福音書の言葉はここから作られている。ここに「闘争」というものを根本原理にする西欧思想が現代まで続くわけである。この「闘争の原理」という西欧の思想は時には「競争の原理」として世界を発展させたことは間違いはない。しかしそれはあまりにも物質的な問題に偏っていたのである。キリスト教においては、神は人間を神の形として作られた、人間だけが特別なものであり、動物も自然も人間のために利用するだけのものに成り果てたのである。人間もまた最後の審判の日にキリスト教を信ずる者だけが救われ、それ以外のものはゲヘナの火に焼かれて殺されるのである。イエスキリストは人間の原罪の贖罪のために十字架の上で磔刑により殺された。ここに大いなる人類に対する愛はあるが、3日後によみがえり天国に行った後、神の国を建設するためにいつの日かこの世に神として再臨する。その時に最後の審判が人間に下されるのである。
この神はあきらかにキリスト教以外のものには不寛容である。

これに対して仏教、特に大乗仏教の思想は大きく異なる。日本とチベット以外の仏教は僧侶の悟りだけを求める「自利」という小乗仏教であり、基本的に考え方は大きく異なる。大乗仏教では生きとし生けるものの全てを救うという「利他」の思想が大原則に存在する。そこでは仏教徒以外のものも植物も動物も、さらには山や川という自然までも含まれる。この慈悲という考え方は西欧の思想と根本的に違っている。平安時代以来の天台、真言から鎌倉時代の天台から派生した浄土宗、浄土真宗、禅宗、日蓮宗などの全ての宗派の基本には利他の精神が必ず存在する。また生の悦びを否定する「無」だけの考えではない、生の肯定という大原則も存在している。あらゆる意味で仏教の思想は西欧の思想よりスケールが大きい。 仏教を単なる葬式という儀式というものだけとして考えてはならない、そこにある思想を、再度、見るべきである。

今、我が国のみならず、西欧の進歩史観によって物質的な進歩というだけの名目で突き進んできた世界は、明らかに精神的な行き詰まりにある。原発の行き過ぎた展開などもこれにあたるのではないだろうか。我々は優れた精神的な思想を過去の歴史に持っていた。この慈悲の思想と西欧の闘争という思想をつないだ新しい思想を作るべきである。世界を救うためには闘争だけの思想ではできない。我が国の過去の優れた精神的思想を見直すべきである。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。