スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡原発停止のマスコミと自民党の慌てぶり

笑ってしまったのは自分だけなのか、菅直人お得意のパフォーマンスである本日いきなりの浜岡原発の暫定的な停止要請である。追い詰められたのか久しぶりの民主党の原点に返ったかのような国民の生活が第一という考えに見える決定である。しかし本当はどうなのであろうか?

この決定に対するマスコミと自民党の対応はもっと笑える。福島における原発事故のひどさを無視するかのような原発に対する世論操作は相変わらずの酷さだ。誰が原発の現状維持が過半数などと言う数字を信じるのか、正気の沙汰とは思えないマスコミの対応には辟易する。さらに利権のために国民を無視して官僚と共に原発行政を推進してきた自民党の対応はもっと醜い。浜岡以外の原発の対応をどうするのかなどと言う屁理屈で国会での追及をすると言っているが、恥の上塗りという言葉以上の自民党らしい対応には反吐が出る。自民党という政党の国民無視の対応が官僚国家にしてきた事を象徴するような言動には驚かなくなっているが、大多数の国民は民主党がダメだから自民党に戻るという何の考えもない選挙行動に走っている事の方がもっと驚きである。この国の政治が三流以下なのは国民の責任である事をこれほどはっきりさせられる現実に唖然としているのは自分だけではないだろう。

すでにウィキリークスによる数々の公電の暴露によって、米国政府の鳩山新政権への数々のプレッシャーと、それに同調した官僚たちの裏工作が次々に暴かれ始めている。戦後以来、連綿と続いた自民党と一体化してこの国を官僚社会主義国家にしてきたこの国の本当の意味での権力維持を続けている官僚機構は菅直人政権になって完全に息を吹き返した。今回の菅直人の浜岡原発の暫定的な中止要請は、明らかに原子力安全保安院を含む原発行政に関わる官僚たちの責任回避のための偽装工作に過ぎない。東電をはじめとする各電力会社の原発の建設から維持管理は全てが官僚たちの統制下にある。しかしながら福島原発の事故対応を見ても明らかのように関係する官僚たちは誰一人として責任を取らないし政治家もマスコミも誰もそれを問題にもしない。この国は何のために税金を使ってこのような無能な官僚たちに高い給与を支払っているのか、バカバカしいとはこの事だ。間違いを犯しても責任も取らず、首にもならず、一体、何のために存在しているのか。我々は本気でこの国の公務員制度を見直し、間違いを犯せば首にもでき、降格もできる制度に変える必要がある。国民が選んでもいない公務員が国家権力を持つような国は北朝鮮以下である。その元凶は国会議員たちが自らが立法権を放棄している「閣法制度」にある。これを廃止して国会議員たちが立法行為をする国に変えない限りこの国は永遠に官僚国家のままだろう。もう何度も同じことを書いて自分でもウンザリしている。早く国を変えないと子どもたちが我々と同じ嫌な国に住むことになるだけだ。それだけは変えたいと願っているのは自分だけではないだろう。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。