スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人として、人としてどのように生きるのか

政治の混迷とかいう報道にあふれているが、この国では教育問題は殆ど話題に上らない。教育がどうあるべきかは全て文科省に丸投げで、まるで明治時代のような国家主義のままである。本来は国民の代表者である国会議員たちの議論によって決めるべきものなのに、国会議員たちも官僚のお膳立てによる御用学者主体の有識者会議などに丸投げのままである。

我が国は太平洋戦争の敗戦による民主主義の導入以降も国家の目標は変わっていない。相変わらず西欧思想と科学技術が至上命題のままである。教育も数学と外国語、特に英語に対する重点教育が続いているし、近年はますます理工系へ重点を置き始めている。一方、文科系教育、なかんずく道徳的なものの教育は殆ど無いに等しい。そこには明治以来、連綿と続いている日本古来からの思想の放棄からくる何に価値を求めるかという大命題の欠如がある。明治時代には日本古来の神道を、国家の統一と国民の統制のため、天皇を神とする国家神道という全く違った物に作り変えて思想的なバックグラウンドを作り上げた。教育は、これに基づいた富国強兵をめざし、道徳観も国家神道により教育がなされた。明治維新は過去の価値観や道徳教育による高い公の概念を持った武士階級出身者たちにより成功した。

太平洋戦争に突入したのは、明らかにこれらの武士階級出身者がいなくなるとともに出てきた、新しい道徳観を持った新世代の日本人による、西欧諸国が行った過去の植民地主義的な覇権主義の必然的な結果である。西欧思想は人間至上主義に基づき、動物も自然も人間のために全て利用するものとしてしか存在しない。人間以外は単なる物質として扱われ生命の存在を考えない。科学技術により強力な軍事技術や機械の発明により西欧以外の国々を侵略、征服して繁栄を果たしたが、20世紀以降は明らかにこの考えには行き詰まりを見せている。戦後の日本は民主主義が形だけ導入されたが、思想的には明治以来続いた西欧至上主義のままである。そこには過去に存在した本来の神道や仏教による優れた思想を放棄したままの西欧思想に基づいた物質文明の追及しかない。道徳的に何をよるべとするかの国家的な議論がないため、我が国に伝わる優れた過去の道徳観は日ごとに失われている。

現在の日本において仏教のことを言うだけでバカにする人が殆どである。本来の仏教思想を教育されてもいないし、学者や評論家などの有識者と言われる人々もその思想的背景を驚くほど知らないし、また知らない事を恥ずかしいとも思っていない。西欧の思想は勉強するが、自国の思想を知らずに何の不思議も感じない異常な状態が続いている事すら意識していない。仏教は単なる葬式のためにだけ存在し、そこに存在する深遠な思想を語る事もない。神道は国家神道が神道のように誤解され、本来の神道についての言及さえない。靖国神社の問題も、この延長上で考えれば明らかに国家神道という明治期の富国強兵のための手段であったことを見なければ正確に語れないのに、今日まで誰もその事は語らずに単なる政争の具になったままである。神道そのものについての議論も、本来の万物全てに神が宿るという原点に返った議論が必要である。

西欧の怒りと闘争に基づく物質文明的思想は完全な行き詰まりを見せている。戦争はいつまでたっても無くならないし、自然破壊も止まらない。今、必要なのは西欧の科学技術に基づいて存在する優れた技術と、西欧思想以外の人間以外の動物や自然の全てにも神を見る新しい思想との融合である。人間、特に西欧人だけが優れたものとする傲慢な思想では世界は何も変わらない。我々が過去に持っていた仏教という優れた思想を少しでも学べば、その考えがいかに優れたものであるかに驚くだろう。何も学ぶこともなく、単に仏教というだけでバカにしている人々は人間の意識という概念においてさえ、2千年以上も前から現在の西欧思想で考える意識を越えた考えがある事に驚くだろう。仏教は「無」の思想だけではない、大いなる生の悦びと共に人間の業という深い洞察がある。日本人として、人として何を道徳の規範として持つべきなのか、今こそそれが求められている時はないだろう。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。