スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史は繰り返している

歴史が繰り返されている、それも、我々が気づかないままにひっそりと。

明治維新の西欧化の短期間の達成により、日本は富国強兵の道を突き進んだ。西欧列強からの侵略の阻止という本来の目的は達成されたが、一旦つくり上げられた西欧型の覇権主義国家は、その後も方向性を転換できなかった。それに輪をかけたのが日清、日露戦争の勝利であろう。これにより軍部自体も拡大だけの方向に走り、過去の成功に自惚れた結果、国際連盟の脱退などの孤立化も辞さない国になり、官僚機構の拡大と共に、「統帥権」と呼ばれる憲法をも無視したものが作られた結果、太平洋戦争の敗戦に向かって突き進んでいったのである。そこにはマスコミも政治家も官僚たちも国民も、全てが何の変更もしないという一億総白痴化の状態になっていたのである。こうして国は崩壊した。

戦後は天皇が神である事が否定され、民主主義という制度の導入により、過去の全ての制度が否定されたが、実態は官僚中心の全体主義国家のままである。国民は国のため、天皇のために死ぬという重しからは免れたが、敗戦による国の疲弊からの脱却のために、ここでも一億総白痴化がおき、経済復興一辺倒の国に変わり、それは一時的に大成功を収めて世界を驚かせるまでになった。ここでも戦前の日清、日露の大勝利と同じことが起きたのである。この結果と、自民党による官僚と一体化した政治が続いたことにより、わが国は再び変更する事が出来ない国に戻ったのである。2年前に政権交代して変わる事ができると期待したが、現在の状況を見れば何も変わらない官僚社会主義が続けられている。三権の全ては官僚機構が握り、白痴化した政治家たちは口だけで、自分たちで何も変えようともしない。立法権を放棄している国会議員は国会議員としての資格を剥奪すべきである。官僚たちが勝手に作り上げた独法などの特殊法人やその他の事業のための組織の全ては、一旦作られると目的を次々と変えて存続を図り、際限のない無駄を生み出している。全てに期限を設けて例外なく一旦廃止を義務付けなければならない。特別会計などの制度も同じである。制度や組織を変える事が出来るのは法律以外にはないのだ。

知識人といわれる者たちは、過去の天皇制を中心とした、富国強兵という国のかたちのために作り上げられた思想の否定から来る価値観の大転換を正しく評価できず、依然として西欧の思想や、科学技術の紹介者にすぎないものに堕していたままであり、それは現在も続いている。教育の世界も全く同じであり、戦前はかろうじて富国強兵のための道徳教育はあったが、戦後は全ての心の教育を放棄してしまった。国民の目的は、良い学校、良い会社への就職、良い生活の獲得、という西欧型の物質的欲望の満足だけのものに変わっただけであった。国家は実質的権力の集中した官僚主導のまま、基本的には「変革ができない」という戦前と何も変わらない形で続いている。正に歴史は繰り返されているのである。この状態を知識人たちはどのように国民に対して正しく情報発信しているのだろうか、甚だしく疑問である。国家からの補助金漬けにされている彼らは、もはや知識人などと呼べる資格さえ失っているのではないのか。彼ら、彼女たちも、過去から現在に至って何も変わらない状況に陥っているのではないのであろうか。 マスコミに至っては何をかいわんやであろう。

日本人として、我々はどのような思想のもとにこの国を子供たちのために残すことができるのか、日常の現象だけに惑わされないで、もう一度過去からの歴史を踏まえて考える時が来ている。国を作り上げるのは官僚や政治家ではない、我々である。そして国を変える事ができる唯一の方法は、我々の代表者である国会議員による法律以外にはないのである。それこそが真の意味の法治国家なのである。歴史を繰り返さないための具体的な方法はこれ以外にはないはずである。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。