スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も責任感がないのか、次は豚か、鳥か、海産物か、野菜なのか

小生は前に投稿して生産者を責めた、それは、うすうす知っていたはずだと思うからだ。なのに今回も同じことが起きた。実態は誰もが知っていたのに知らないふりをしていたのだ。食べるのは自分ではない、誰が知らない者が食べる、悪いのは自分じゃない、政府や東電だ、汚染食品を食べたとしても自分の責任じゃない・・・・・これが今回起こった事だろうし、これからも起こる事だろう。

一体この国の国民の倫理観はどこに消えたんだ。基準を決めている国の省庁の官僚は言うに及ばす、地方の公務員達も生産者も全てを他人事のように言う。知らなかった、我々の管轄ではない、検査機器が足りない。そんな言い訳が通じるのか。誰が国民の事を考えているのか、全員が自分たちの事しか考えない情けない国民になっている。

このままでは次に何が起きるのかが容易に想像できる。魚介類と野菜、豚肉、鶏肉、卵などのあらゆるものに及ぶだろう。誰も100%検査していない、というより意図的に検査がなされていない。海に捨てられた途方もない量の放射性物質はどこかに流れて消えるだろうと誰も責任逃れしている。いつの日か高濃度に汚染された魚介類が検出された時に何というのか今から分かる。検査していると思っていた、海に放射能は検出されていなかった、何か対策するという国や自治体の明確な指示はなかった。そんな事がこれからも繰り返されて、やがてこの国の子供たちは何年か後にバタバタと死ぬのだろう。その現実を前にして誰も危険を見ないようにしている。どこまで狂った国になったのだ。全てを政治のせいにして逃げて何が残るのだ、本当に自分たちの責任と向き合わない情けない国民になったものだ。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。