スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の思想の非難に対する答え

空というものが゛ゼロという概念に対する非難が相次いだ。曰く、ゼロはゼロ以上ではありえない、ゼロそのものに実態はないのに無限大に含むことは矛盾するというようなものである。

答えはもっと単純なものを提示したい。ゼロとは明らかに存在しないものを言う。その存在しないものが存在していると言う事を発見したことが大事なのではないのだろうか。存在を否定するものの存在、それこそが空という思想の概念の根拠なのだと自分は信じている。

あるというものが本当にあるのかという素朴な疑問は大事な問題である。我々は科学というものが万能なのだという長年にわたる思い込みだけで物事を判断している。既存の数学や科学で証明できない事は無数にある事を見ないようにしている。そこに神というものまで否定してしまった現代人の傲慢性があるのではないのだろうか。

人間は神ではない。自然の中の一つの存在にすぎないという謙虚さを忘れては絶対に存在しえない。全てのものに神を見る多神教を否定するキリスト教を中心とする一神教の優越性には何の根拠もない。我々は地球という宇宙の中の生命の一部にすぎないのだ。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。