スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何とも情けない菅直人よ

それにしても何たる体たらくなのでしょう、菅直人は政権交代をしてもらった大恩人である小沢一郎を犠牲にしてでも自らの権力を維持したいのでしょうか。この男は、国民が何のために政権交代を願ったのかを何も理解していなかった事を見事に露呈しました。来年度予算やその他の法案が通らないのは、先の参院選で自らが唐突に消費税問題を持ち出した事が原因で過半数が取れなかった事を忘れたのでしょうか。現政権が支持されないのは自らの数々の政策である事も分かっていないとは本当に情けない男です。

人間は本当の窮地に陥った時に本性が出る、という言葉は正にこの男に当てはまったわけです。もっとも、先の代表選における小沢一郎との所信表明演説を比較して思い起こせば、菅直人という男に何の政権担当能力がなかった事はすでに分かっていた事ではありました。マスコミはこの事実をひた隠しにして、首相をコロコロ変えるべきではないなどと世論操作しておいて、そして今になって菅直人政権の情けない政権運営を非難していますが、全くお笑いにもなりません。あれだけ首相を続けさせようとしたのですから、せめて下らない非難はしないで前向きな報道でもするのかと思えば、全く逆の罵詈雑言に等しい報道のオンパレードになり果てています。こういうのを「目糞鼻糞」と言うのでしょう。

いずれにしろ菅直人ではもはや民主党は機能しなくなるのは目に見えています。あれだけ小沢一郎が民主党を割ってはならないと意見をしていたのに、早晩、民主党内で自らまいた種によって大きな亀裂と共に分裂することは避けられないでしょう。その時、我々国民は政権交代した意義を十分に考えて、どの国会議員が国民の期待する国家形態を作ってくれるかをしっかりと見ていなければなりません。まちがっても自民党による官僚国家に戻すような愚を犯してはなりません。本当にこの国はどこに行くのでしょう、その意味では菅直人一派の罪は測り知れないほど重いものがあります。官僚国家を打破する道が遠のいてしまっています、本当に残念です。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。