スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一神教による闘争の世界を変えなければ平和はない

仏教の思想を調べれば調べるほどユダヤ教から派生したキリスト教徒イスラム教という3大一神教の問題が世界を不安定にしている事が分かってくる。世界は19世紀の西欧による科学技術の発展を背景にした物質的な成功を経て、明らかに闘争、あるいは競争という思想背景で発展があるという哲学的な展開を見せてきた。キリスト教では、神は人間を神に似せて作る事で人間至上主義を容認している。西欧哲学ではデカルトの二元論により、人間とそれ以外の自然や動植物を物質とする人間至上主義が確立された。そこにあるものはキリスト教という神を信じるものだけが救われ、信じないものを徹底的に差別する思想である。それをデカルトの二元論が補完してきた。どちらの考えでも世界は何も安定せず、戦争はなくならず環境破壊も止まらない。むしろイスラム世界とキリスト教社会の対立はますます深まっている。

世界は明らかに19世紀の西欧による国家覇権主義の時代から、一神教同士の国を越えた宗教間の対立に変わってきたのである。しかしながら、その最大の皮肉は全てが同じ宗教から派生したものである事である。キリスト教は西暦1世紀ごろにユダヤ教から派生し、イスラム教は西暦7世紀ごろに同じくユダヤ教から派生している。全ては同じ神をみなもとにした一神教である。どの宗教も自分たちの神を信じるものだけが救われるという同じ基本的な教義を持つ排他的なものである。キリスト教は愛の宗教という表面的なもので発展してきたが、その根底にあるものは「信じるものは救われる」という言葉に代表されるように、信じないものには死の代償が課せられるものであって、基本的には何も変わっていない。盲目的な信心の強制だけに善を見るというものが愛というものに変えられた欺瞞である。それは最後の審判に対して自分の行為が有利に働くという深層心理によるもの過ぎない。愛という言葉に隠された神による救いのための自己の利益のための行為以外のなにものでもない。

米国は9.11のテロ事件の報復を、正義という名目でイスラムの関係国であるイラクとアフガニスタンに対してなぜ戦争を開始したのであるのか。そこにあるのは自分たちの神の名のもとの正義という偏屈な理屈に他ならない。事件に無関係な何百万人もの民間人の犠牲について世界は米国の人道的な罪を問おうとさえしない。これが正義なのか、なぜ世界は米国を処罰さえしないのだろう。イスラムの神を信じる者の行為で殺されたものへの報復のために無実のイスラム諸国の人々が殺されている現実を正義と見るのか。それは自分たちの神の理屈による正義という美名のもとの犯罪に過ぎない。どこに愛があるのだろう。汝の隣人を愛せよ、右の頬を打たれたならば左の頬を差し出せという言葉は何なのであるのか。汝殺すなかれという言葉は何なのか。その答えはすべて信者だけの間の論理として考えれば答えが出る。信者以外には神が罰するのである。神の行為を人間が代行して殺戮を行うのが一神教の怖さである。キリスト教とは南米のインディオを神の名のもとに1200万人も殺害した。ナチスはキリスト教徒の名のもとにその人種的な優位性を根拠をにして500万人以上といわれるユダヤ人を殺害した。

これら以外に、世界は西欧の闘争の哲学による国家間の闘争から、マルクスによる階級間の闘争という哲学によって二分され、その論理に従ったベトナム戦争という悲劇まで生んできた。そのマルクス史観の間違いが立証され、ソ連という大国が消滅したにもかかわらず、世界は戦争というものの終焉ができない状況のまま現在に至っている。誰もが平和の大事さを述べるのに、戦争という悲劇は何もなくなっていない。明らかに世界は西欧の思想では行き詰っているのである。一神教以外に、宗教を放棄した共産党一党独裁の中国という巨大国家の台頭は、さらなる不安定要素として世界の混沌化に拍車をかけるだろう。この事実を西欧の哲学者は把握している。それなのに仏教という優れた融和の宗教を持っているわが国の知識人たちは未だに西欧至上主義のまま何も世界に提示ができていない。ほんのわずかの仏教思想の理解者である哲学者以外は、相も変らぬ時代錯誤の思想を追いかけたままである。日本人は変わると言う事に極端に臆病である。赤信号、みんなで渡れば怖くないという心理が連綿と続くムラ社会的思考の国のままだ。せっかくの過去の優れた思想や、貴重な歴史体験から何も世界に提示できないとは何とも情けない。勇気ある知識人が、仏教という思想をもとにした世界観を世界に示す時が来ることを期待したい。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。