スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路の無料化実現を目指そう

相も変わらずマスコミは高速道路の無料化問題になると一様に「ばら撒き政策」と非難しています。本来の「ばら撒き政策」というものは、自民党による一県一空港や使えない港湾施設、無駄なダム建設、等々の作るだけで機能しない公共工事という利権あさりによる900兆円にもなった財政赤字の原因となった政策を言うものです。この事実をマスコミは何も言わずに国民のためになるこのような政策や子ども手当については何故か一様に「ばら撒き」と非難して世論操作をしています。正に官僚の走狗に成り果てた情けない姿です。

さて、本題についてはこの問題の提唱者である山崎養世氏の数々の論説がありますが、最も新しいと思われるこちらを参照してください。いかにして前原前国交大臣が我々国民の期待を裏切ったかを赤裸々に説明してくれています。私の意見は以下にに簡単に述べておきます。

まず反対意見が多い「受益者負担に反する」とか「環境に悪い」とか「他の公共交通機関がつぶれる」というような思わず吹き出してしまう屁理屈について反論したいと思います。それらはマスコミが官僚から書けと言われた屁理屈にすぎないのです。道路というものは、一般道であれ高速であれ無料が原則です。日本のように驚くほど高い料金の高速道路など世界のどこを探してもありません。道路は官僚の私物ではなく国民の財産だから無料が当たり前なのです。

まず環境に悪いとか他の交通機関が影響を受けるという屁理屈について言うなら「何のために造ったのか」ということを言う必要があります。利用しない道路のために交通量の多い道路からのバカ高い料金や税金を使ってなぜ作ったのかを議論しないのは本末転倒です。次に本題の受益者負担ですが、受益者とはなんでしょうか。道路を利用することがなぜ受益になるのか意味が解りません。そのような屁理屈をこねる人々には、自宅から駅まで歩く道路や買い物のための生活道路が有料になっても文句は言えないでしょう。高速道路は一部の人が使うからというのは後付けの屁理屈で、無料なら誰でも自由に使うものです。しかも高い料金が原因で地方の産品や工業製品までもが流通コストという負担となり、結局は我々が価格というものに含まれた形で負担しているのです。大きな意味でいえば、国民全員は直接、間接に高速道路というものを利用しているのです。

とにかく移動の自由があれば都会と地方の物流や人の往来は爆発的に増え、物価や土地の安い地方に住む人も大幅に増えることが海外では立証されています。バカ高い料金の支払いは何も生み出さず弊害だけがあるだけです。民主党の公約破りをしている特定の議員たちを糾弾し、生活が第一という原点に返る政策を推進させましょう。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。