スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の思想を簡略化する

空という思想ほど種々の解説を読んだり聞いたりするほど分からなくなるのはなぜなのであろうか。それを再度、自分なりに簡略化してみたい。

空とは「から」という何もない事ではなく「自性がないこと」と解説されている。またインド人が発見した「ゼロ」であるとも解説されている。ゼロという観点で考えれば、空は有でもなく無でもないと言う事は理解できる。しかし「自性がない」という意味で我々は混乱に陥る。我々や我々が見たり聞いたりするものには実体がない、とか、誕生することも死ぬこともない、などと言われると混乱し、収拾がつかなくなる。特に、現代の西欧の科学技術主体によるものの考え方においては、全ては合理的に解釈できるものでなくてはならず、合理的に解釈できないものは迷信の世界のものと切り捨てられている事が当たり前になっている。その意味で、実体がないとか、死ぬこともないという言葉だけを聞くと混乱するのは当たり前である。特に、明治維新以来の西欧至上主義で今日まできているわが国においては、自己の確立とか、自立する事の大切さが教育の中にも取り入れられ、自我中心の世界観が知らず知らずのうちに形成されているのである。仏教における空の思想はこれと真っ向から対立するもので、自我そのものを徹底的に否定するものである。

自性とは、単独で(すなわち個として)、自立した主体(すなわち、それだけで存在できるもの)である。平たく言えば絶対的な個という存在があるという意味である。それがないというのが空である。その理由は以前の投稿にも述べたように、あらゆる存在は宇宙の全てのものとのかかわりの中での一部のものにすぎず、それ自体が単独で存在する事はあり得ないという理屈である。しかも、あらゆるものは無秩序(壊れていく)という方向に向かって常に変化しているのである。

般若心経は、無限の関わりの中の絶えざる変化というものを「縁起」という言葉で表した。すなわち縁起とは自性のない事を意味する。自己の存在が親、そのまた親や連綿と続く過去の生命の連鎖の結果と、空気や水の存在や動植物などの食という存在なしに成立しえない事が縁起という自性のないことの証明なのである。その意味では個は空であり全体を構成する一部のものに過ぎない。しかも全体とは個という部分の総和ではない事は現代の科学でも実証されつつある。全てのものに自性はないから色即是空であり、自性がないゆえに個々に特有の色(もの)としてあらわれるので空即是色という言葉となった。

簡略化すると「空」とは、無限の関わりの中にいる常に変化している個々の実態を発見する事である。あらゆるものに自性がないのであるから、人間の欲望にも意味はない。欲望を離れればそこから発生する苦というものからまぬがれる事ができる、とするのが釈迦の教えの基本であった。空の思想はそれを理論づけたものであるが、それは頭で考えるものではなく、感じるものとして坐禅などの行を通じて獲得できるものとしたのである。その意味では現代の考えでの「知」というものではない。それは大宇宙の生命の智慧そのものを意味する。それを得た状態を涅槃寂静と言ったのである。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。