スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ツ場ダムの建設を阻止せよ

前田という国交大臣は来年度の予算に八ツ場ダムの費用をつけると明言した。こんな裏切りを平気でする民主党とは何なのか。政権交代した時に無駄な公共事業の典型として前原が中止を明言し、それをマスコミが大反対し、腰抜け前原は途中で中止の決定を投げ出してから2年間放置した。その結果が再開なのか。ここまで民主党議員たちがひどいと誰が予想しただろう。偉そうに国民の生活が第一と言って政権交代できたのは誰のおかげだと思っているんだ。国民は過去の自民党政治による国民無視の政策に怒って政権交代を選択した。その結果に対する官僚とマスコミなどの既得権側からの反対はすさまじいものが続いている。しかし変化のためにはそんなものに負けていては何もできない。それに屈したと言う事は初めから理念など何もなかったと言う事だ。

八ツ場ダムだけではない。朝霞の公務員宿舎や国の地方の公舎の建て替えなどが再開されるという裏切りは枚挙にいとまがない。しかも大震災と原発のために巨額の資金が必要だからと言って国民に増税をしようとしている今の時期に、よくもこんな無駄なものを復活できるものだ。一体どんな神経をしているのか、頭をかち割って中を見たいものだ。野田ブタをはじめとする大多数の民主党議員たちは政権交代が誰のおかげで、国民が何を求めて実現したのかを何も見ていないし考えてもいない。そんな者たちに政権を担う資格がどこにあるのか、国民を舐めたらどういう結果になるのか思い知らせてやる。

民主党は今度の予算で、特別会計に切り込まなかったり、八ツ場ダムなどの無駄の象徴などの削減もせずに予算を作り、しかも増税するなどと言う愚をするなら大変な結果がもたらされると覚悟しとくべきだ。これまで積もっている不満は、国民の所得の低下や非正規社員の増加などで頂点に達しようとしている。そこに震災復興や原発対応の滅茶苦茶な官僚主体の対応で怒りは爆発寸前である。ニューヨークでのデモのように日本でも国中でデモが起きるだろう。このままでは国民は負担だけが増やされて行き場を失う。我々は徹底的に戦う用意がある。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。