スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の官僚制度と過去の中国の科挙制度について

中国の清朝まで連綿と続いた官僚制度である科挙の制度は、結局その排他性によって国を滅ぼす原因となった。儒教、特に朱子学を柱にした制度は逸脱を認めず、すべてを朱子学の考えに沿って行う事だけが目的化し、結果として硬直した制度が国家までを破綻させたのであった。己の思想以外のものは蔑視するだけで本質を見れなくなった典型である。江戸期の日本にも儒教の思想は武士階級の精神的なものの裏付けとなるものとして存在したが、わが国では儒教を制度としたことは幸いにも一度もなかった。それは学問の一部であっただけである。

現代の日本における官僚制度はどうであろうか。公務員試験に見られる日本の官僚制度は、その排他的な思想から科挙制度に近い亡国の制度になっていると考えられる。その背景にあるのは、明治以来続く西欧思想の絶対化による科学技術による国家の発展という前提である。官僚の条件は西欧思想の移入のための学問に高い成績を収めたものに限られ、科学技術による産業の発展だけが正しいとされる19世紀的な発想のまま変わっていない。しかも、戦後になって民主主義が制度化されたにもかかわらず、官僚機構は裏で隠然たる勢力を保持したまま現在に至っているのは何度も指摘してきたとおりである。政治家は自らの責務を放棄し、面倒な仕事を官僚に丸投げする事で国民の主権を無視し続けている。このままではわが国が過去の中国の清朝と同じ系譜をたどり衰退する事は間違いがないだろう。

戦後、わが国は敗戦のどん底から、教育程度が高く勤勉な国民の安い労働力によって急速に発展を遂げた。その競争力も労働力が高くなるにつれて急速に失われるとともに、米国一極主義に翻弄されたまま、自国の富を米国のために貢ぐような間違った政策の連続により国民生活がどんどん疲弊している。一方、官僚制度によって守られている公務員は、何の生産力もないのに多額の報酬と使い放題の税金により国民生活と大きくかい離した状態になっている。彼らは間違った自尊心で自分たちこそが国の盟主であるかのごとく尊大な姿勢のまま居続けようとしている。旧態然とした公務員制度をこのまま続けていたら国民の税金は何の意味も持たなくなり、結局なんの生産性のない公務員のための納税者という存在だけに国民が成り果てるだろう。

19世紀以来続いた西欧思想による科学技術による発展の歴史は数々の問題を露呈しているとともに、BRIC等の発展途上国による急速な経済成長のために日米欧などの過去の先進国は経済的にも過去の繁栄を取り戻せなくなった状態に陥っている。世界は大変革の時代に入っているのである。そんな中で、わが国は過去から連綿と続く無駄な公務員制度を見直せていない。このままではTPP問題でも分かるように、無能な理念なき政治家たちでは何も有効な政策も打ち出せないだろう。今、わが国に必要なものは、正しい歴史観を持ち、高い道徳観に支えられた民主主義による主権在民が実現できる政治家である。単に経済だけで国家を論じるような愚かさを続けてはならない。官僚が好き勝手にできる制度を排除し、公務員は本来の公僕に過ぎないものに変える事が今こそ求められている時はない。わが国を過去の中国と同じにしてはならない。明治維新を実現した優れた日本人たちはどこに消えたのであろうか。戦前から始まった昭和の時代になって以来、日本人の劣化が止まらなくなっている。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。