スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民と言う概念は何なのかを理解しているのだろうか

17世紀以来の西欧の思想から起きてきた民主主義の思想の中における国民とは何を意味してきたのだろう。明治維新によって封建国家から西欧の科学技術による発展のために過去の全ての思想を捨てて、西欧に侵略されない国を作るために武士という階級出身者たちは全く新しい国を作り上げた。その本質を理解せずに歴史というものを何も考えない日本人のいかに多い事か。今、我々が存在し、民主主義というものの中に生活しているという意識はどこから来ているのだろう。大多数の人は、この国にある民主主義という制度がどのようにもたらされたかも理解していないはずだ。ましてや国民と言う概念さえ理解しているとは思えない。だからこそ官僚という連綿と続く国民からの搾取で国を支配しているものの本質を見ていない。

明治維新以前に国民と言う概念はない。支配者と被支配者であり、特に江戸時代は士農工商という身分制度によって役割分担は明確であった。藩や幕府の役割は武士という階級以外において明確な役割分担が当たり前であった。藩や幕府という、国のために行うものは、戦争にしろ外交にしろ、武士階級以外の関与は例外を除いて全く存在していない。幕末の尊王攘夷という戦いも、武士以外のものは一切関わっていない。商人や農民は自分たちが関与する問題ではなかったのである。

明治維新による新しい国家の建設の中で、民衆は国への奉仕という事を名誉に思っていたのである。今までできなかった事に対して、むしろ積極的におおやけに奉仕する事に誇りを感じた。それが国民というものと理解していたのである。自己の権利よりも、過去の仏教の思想による利他の思想に近い忠君愛国という思想に共感を得たのである。国家神道による思想教育と相まって、日本人は国というものに奉仕する事が国民であると考えたのである。その結果、世界も驚いたほどの速さで西欧列強に伍すことができる国になる事ができたのであった。逆に言えば、そのために西欧の国家覇権主義を反省することなく、同じ間違いによって朝鮮や中国の侵略の果てに太平洋戦争で国を破綻させたのである。

その結果はどうであろうか。敗戦によって民主主義という制度が与えられ、過去の価値観はすべて否定されることになり、あらゆる意味での大混乱が起きた。唯一、国民だけはそれどころではなく、生活再建のために懸命に働き、世界が驚くほどの速さで復興を果たした。正に明治維新と同じ構図が再現されたのである。その違いは、明治維新が精神的なものを基準にした中央集権であったものであったが、戦後においては経済という物質的なものが基準になったものの違いであった。そのために経済の破綻による凋落がおきたあと、わが国は依然として立ち直る事ができずに今日に至っている。政治家も官僚も国民も、物質的なものだけで政治や生活を考え、あらゆる意味で進むべき道を見失っている。

なかでも、官僚といわれる国家公務員や、それ以外の警察、検察、裁判官、自衛隊を含む地方公務員と政治家などの全ての公務員の劣化はすさまじい。税金で生活している事を忘れ、税金を支払っている本当の意味の国民に対するおおやけという仕事の意味を忘れる事で、民主国家どころか社会主義国家になっている事すら気が付いていないようだ。国民も本来の意味する国民というものを理解せず、選挙になれば40%もの人が棄権し、権利も義務も放棄して他人任せの国に成り果てている。

このままではこの国は間違いなく北朝鮮以下の国になるだろう。我々は国民というものが意味するものは何なのかを真剣に考えなければならない。自分たちでその意味をもっと勉強し、何が国民なのかを知らなければならない。それ以外にこの国が民主国家になる道はないだろう。覚醒が求められているのだ。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。