スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころ貧しき国民にはなりたくない

日本は依然として米国至上主義のままである。その本家は格差の拡大で国が揺れている。日本は小泉・竹中による米国流の競争経済だけを取り入れ格差社会になってしまった。さらに経済成長至上主義のまま老人にまで働けというひどい国になっている。公務員国家になった事で税金は国民に還元されず、無駄な増税が図られようとし、そのために世代間格差なる言葉まで作られて社会は混乱している。要するに余裕を失っているのだ。未だに世界第3位の経済大国なのに貧困が拡大するなどひどい国になっている。バカな政治家や官僚に騙される事なく国民はもっと足元を見たほうが良い。政治家や官僚は何も生み出さないが、民間企業は今でも素晴らしい。それは江戸時代から連綿と続く国民の素晴らしい感性のおかげである。高い教育度、優れた道徳観、清潔さや几帳面さ、何かを作る時の完成度の高さを求める国民性、あらゆる意味で日本人は優れている。今の日本の問題は過剰な官の民に対する圧迫である。

何をするにも規制がはびこり、何をするにも補助金政策が関わり、何をするにも官が絡んだ無駄な組織が社会的なインフラコストを高くし、中央集権体制のままに非効率で高コストの国家を形成している。理念も、歴史観も、民主主義の何たるかさえも理解しない政治家が国会議員となり国を壊している。戦後からずっと国民は経済的な豊かさを求めて、懸命に働いて世界も驚くほどの短期間での経済的な成功を成し遂げた。逆に言えば、その成功ゆえに精神的なものがどこかに置き去りにされたまま今日まで来てしまった事になる。従って、経済的な停滞が続くにつれて、過去と同じ形の経済的な成功を求めても何も成功せず、反対にアニメやオタク文化などが大きく世界に羽ばたき始めていることに気付こうとしていない。税金は日本の将来のためという美名のもとに、科学技術振興とか宇宙開発とか海洋開発などの大型事業のための投資という名目で使われているが、誰もその使われ方を検証もせずに浪費され続けている。完全に税金が機能しない国になってしまったのである。

我々はもっと誇りを持つべきである。米国型の競争経済だけで社会は絶対に良くならない。米国は依然として若者経済の国である。老人は去れ、経済的に成長できる若者だけが、強い者だけが尊重される国のまま何も変わっていない。そんな国ではなく、循環経済を目指す成熟した国にすべきである。いたずらに経済成長だけを求めても何も生まれない。若者が未来を設計できる社会を作り、老人が無理に働く必要のない社会こそが本当に豊かな国なのだ。そういう豊かさを持って初めて豊かな文化が生まれ、結果としてそれが海外に対する新しい事業にもなれるのだ。もっと余裕のある社会をめざし、官が過剰に民に関与したり圧迫する国にしてはならない。競争だけのギスギスした社会では何も生まれない。国民が物質的だけでなく精神的にも豊かさを実感できる国にしなければならない。そのためにも少子高齢化を解消し、非正規雇用という若者の未来を奪う制度の改善は急務である。未来はいずれにしろ若者が作るしかないのだ。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。