スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本型経営システムの放棄が日本をダメにした

小泉・竹中路線による徹底的な日本型経営システムの破壊によって、バブル崩壊以降に下降線をたどり続けていた日本経済は決定的な打撃を受け、国民生活は大きく変えられてしまった。彼らの取った米国型の競争の原理主体のものは、過去にあった日本型の優れたシステムの破壊以外のなにものでもなかったのである。わが国は戦後の急激な経済成長の原理を見直す事なしに、世界経済の枠組みの中で活力がそがれて言った事にも気づかず、日本型の経営は時代遅れでありグローバリズムというものには合わないものだという迷信のような考えに取りつかれたままである。終身雇用や稟議書によるボトムアップ形式を捨て、欧米型の個人の能力主体の企業を渡り歩くような形態こそが正しいものなのか、誰もが思考停止の状態に陥っている。これは明治以来の西欧至上主義を、戦後になってそれを誤解して適用しているようなものである。

終身雇用がなぜ悪いのか、そこには年功序列形式というものに対する偏見から来ているのである。本来の年功序列とは、入社して見習いのような形から個々人が経験を積むことで業務に精通しながら昇進するものである。それを今の公務員制度のように、個々人の能力に無関係でトコロテン式に誰でも昇給していくような形だと誤解している事に問題の根源があるだ。競争の原理の中で一つの組織が機能してゆく優れたものである事を、日本の経営者たちは何も学んできていない。誰が終身雇用のような保障のない組織の中で生産性を高めたり、コストの削減に努力して会社を良くしようとするであろうか。我々はもっと原点に返り、単なる経済というだけで社会を見ずに、その中にいる人間という観点から経済のあり方を見直すべきである。経済を目標にするのは明らかに間違いである。それは単なる手段に過ぎない。その意味では、現在の非正規雇用の問題を早急に解決する努力がなされなければならない。

企業、特に製造業において日本が強かったのは、ボトムアップ方式のOJT型の教育によって社員が育成されながら年功序列形式で優れた生産技術などが継承されてきたからに他ならない。西欧型の企業に縛られない個人主体の移籍型の雇用形態であれは、そこにあるのはロボットと変わらない単なる労働力としての単位の集まりに過ぎないものとなる。そこにはマニュアルという統一手順だけの世界だけの仕事という、生産性も考えない人間の集まりになるだけの会社となってしまう。どちらが優れたものなのか、我々はもっと冷静に考えるべきである。

とにかく劣等感を捨てなければならない。グローバリズムへの対応と日本型の経営の問題は全く無関係である。いたずらに欧米型の経営方式だけが正しく、日本型のものは全て間違いという迷信を捨てなければならない。戦後になって過去の全ての価値観の逆転が起きたように、バブル崩壊が起きて以来、日本人はあらゆる意味で自信を喪失し米欧こそが正しいという間違いを犯している。我々の中には過去から続く素晴らしい思想がある。それは仏教や原始神道の自然崇拝などと同じの米欧とは異なる優れたものがあることを再認識しなければならない。過去のものを正確に知りもしないで、何が正しいものなのかという事で騙されてはならない。今一度、昔からの我が国の組織のあり方を学び直すべきである。日本に本来からあるものに自信を取り戻す事、それが日本再生の第一歩である。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。