スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若心経の現代語訳

摩訶般若波羅蜜多心経

実相を自在に観る目の開けた菩薩は、

般若波羅蜜多を深く行じていた時

我々の体や精神作用は自性を持たず、
縁起による無常なる現象なのだと見極めて

一切の苦悩、厄災から免れたのである。

舎利子よ

あらゆる物質的現象には自性がなく

自性がないという実相は、常に物質的な現象
という姿をあらわす。

物質的現象は自性がなく

自性がないゆえに、縁起することで物質的現象で現れる。

従って、感覚も、表象作用も、意思も、意識・無意識を含む
あらゆる認識にも自性はなく、縁起により無常の中に生滅している。

舎利子(智慧第一とされる釈迦の弟子の一人)よ

この世の全ての存在するものには自性はない。

だから

生じもせず、滅しもせず

汚れたり浄くもない、

また減ることもなく、増えることもない。

あらゆるものに自性はないという立場で見れば

感覚にも、表象にも、意思にも、認識にも自性はなく

目も耳も鼻も舌も身体も心も単独で存在するものではなく

そこで捉えられる形、声、味、香り、触れられる対象も自性はなく
全ては感覚と対象の出会いというもので感じられるだけの 幻想に過ぎない。
 
それ故に無明は存在せず

無明から

最後の老死に至るまでの全ては自性がなく

十二因縁の全てのものにそれは当てはまるものであり

四諦で定義される苦・集・滅・道というものもないのである。
(苦は人生の苦しみ、集はその原因・それは欲望、滅は苦の
原因の 欲望を滅ぼす事、道は滅ぼすための方法を示している)

般若波羅蜜多とは、智と呼ばれるものでも、得られるものでもなく
もともと「いのち」という実相の発現そのものであるのだから
別にあらためて得るというものではない。

求道者としての菩薩は、

般若波羅蜜多を実践したことにより

心に何のわがかまりもなくなった。

わだかまりが無くなったがゆえに、

恐れもなく、

一切の邪見、偏見から自由となり

永遠なる心の静寂を得る事ができた。

過去・現在・未来の全ての仏と呼ばれる人々は、

この般若波羅蜜多を実践する事で

この上ない普遍的な人格に目覚めるのである。

だから今、知るべし

般若波羅蜜多とは

大いなる神秘の咒文なのであり、

光輝ある咒文であり、

最高の咒文であり、

比類なきものである。

この咒文は、この世の一切の苦悩を取り除くことにおいて

まさしく真実であると共に、一点の虚妄もない。

ではその般若波羅蜜多の

咒文を示そう。

原文のまま 羯諦、羯諦

原文のまま 波羅羯諦

原文のまま 波羅僧羯諦

原文のまま 菩提薩婆訶

ここに智慧の完成の教えを終わる
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。