スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この虚脱感をどうしろというのだろう

消費増税のために全ての公約を無視して自民党と公明党の言いなりで法案に賛成しろというバカな男。その男が国を壊している。政権交代前の辻立ち演説を聞いてほしい。マニフェストに書いていない事を堂々とやり、それを全てのマスコミも評論家たちも非難しようとしていない。全てが国民無視の出来レースになっている。この国は本当に民主国家ではない。全てが官僚の筋書きで進められている。ウソつきが勝つという国になってしまったのか。公約を守ろうとする小沢一郎には非難が集中するという異常な国、滅茶苦茶である。

原発の再稼働反対のために一万人を超える市民が官邸前に集まった。驚いたことにマスコミはこれを報道さえしない。こんな国がどこにあるんだ、そうか北朝鮮や中国と同じなのだ。世論操作に都合の悪い報道はされないのだ。原発がないと生活が立ち行かなくなるなどの滅茶苦茶な屁理屈と、真下にあると言われる活断層も無視して大飯原発の再稼働も強行されようとしている。あらゆる意味で官僚たちの利権確保が優先され、国民の声は無視されて生活も安全も壊れていく。こんな国に誰がしたのか。それを国民の責任と簡単に言う輩がいる。しかし選挙での公約を破られたら、それは選んだ国民の責任では断じてない。ウソをついた政治家に全責任がある。

日本が太平洋戦争で敗戦を迎えるまで、道徳は教育勅語と呼ばれる天皇崇拝に儒教などのものが加えられた中央集権のための道具によって教えられた。敗戦によりこの道徳も禁止となったが、わが国の政治家も知識人も誰も民主国家にふさわしい道徳の確立という事をしてきていない。平和や民主主義が道徳のような誤解さえ堂々と存在している。道徳の教育からの欠落により、日本国民は明治以前から持っていた仏教や儒教、原始神道による自然の中に神を見るなどの優れた道徳観念が年を追って消滅している。そのような国民の中から理由も無く人を殺すなどの事件が増え、政治家も官僚も、知識人といわれる者たちも「嘘」を平気でつくようになっている。そして、増税も原発も、あらゆる意味で国民に平気で嘘をつく野田佳彦という最悪の政治家が出現してしまった。それに同調して同じことをしているさもしい民主党議員たちのいかに多い事か。自分だけが感じているのではなく、大多数の国民も感じているだろうこの虚脱感は何なのか。政権交代で国が変わると期待した事が、以前の自民党よりひどい政治になってしまった。我々はこれを絶対に許してはならない。次の選挙では増税に賛成した議員は絶対に落選させなければならない。ウソつきが勝つ国にしたら自分たちの子供たちに未来はなくなる。正しい事をした者が報われる国にしないでどうしようというのか。国民は黙っていないで断固として行動を起こすべきである。道徳の復権をしなければならない。
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。