スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を一つにする文明の成立のために

現代人は、世界というものは狭いと思っているはずである。高速の自動車、鉄道、航空機、船舶、などの移動手段をもち、過去の人間が数日や数ヶ月かかって移動した距離を瞬時に移動できる時代になった。情報はIT革命や衛星通信技術により、瞬時に世界中を駆け巡る。しかし対立というものは止むことがない。

トインビーは16世紀には6つの文明がユーラシア大陸に存在していたという。①西ヨーロッパ文明、②東ローマ文明、③アラブ文明、④ヒンズー文明、⑤中国文明、そして、ちょっと無理のある⑥日本を中心とする極東文明、というものを述べた。これらの文明は併存していたのであるが、なぜ併存していたのかと言えば、それは過去の地球の中で人間の移動は多大のリスクと時間が必要だったからに他ならない。現在から比べれば、物理的ではない意味で、地球は巨大な惑星であったのである。そのために各々の文明圏に生きている人々は、その所属する文明こそが世界だと思っていたのである。

これが大きく変わった原因は、デカルトなどの哲学者による、物質と人間というものの分離という思想から科学技術を発達させた西ヨーロッパ文明であった。科学技術の発展につれて、物質的な豊かさと共に強大な武器の所有は他文明を圧倒し、巨大な船の建造によって世界を徐々に狭くしてゆく。その結果が国家覇権主義というものになり、西ヨーロッパ以外の文明の国々は、その文明のもとに屈するか、又はそれを受け入れるのかという、どちらにしても西ヨーロッパ文明化を選択せざるを得ない結果となったのである。現在の世界は、明らかにその延長上にいるのである。科学技術により自然を支配して、人間の欲望を満たさんとする歯止めのない文明が世界を覆っている。自然破壊は止まらず、原水爆などの巨大で制御不能の武器の所有は、それを使用した瞬間に人類そのものが滅亡する危機にある。しかし文明間の対立は無くなろうとしない。明らかに西ヨーロッパ文明では行き詰まりがはっきりしているのだ。では何が求められているのであるのか、我々は真剣にこの問いを考えているだろうか。

地球人口は70億を突破し、近い将来100億にならんとしている。もはや過去の科学技術を無視した生活には戻れない。人類が滅亡せずに生きてゆくためには、新しい思想の元の共存共栄の世界が必要である。それはどのようにして達成できるのであるのか。現在の文明を発達させてきた思想を見直さなければならない。西欧の思想の根底にある「闘争の原理」を変える必要があるのである。ヘーゲルに代表される国家の絶対化と、正・反・合、という弁証法による発展という闘争の原理、これだけでは世界はもはや行き詰っているのである。個々の国家は、過去の基準から言えば、あまりにも小さいものでしかなくなっているのである。世界は一つの国として考えざるを得ない状況にあるのだ。各国というものは、一国の中の地方として捉えるしか人間も地球も生き延びる道はないであろう。

闘争ではなく共存に必要な思想、それは東洋の多神教、なかんずく日本仏教の中に見られる和合の思想こそが求められるのである。人間だけでなく動植物などや、果ては山や川などの自然にさえ生命を見る思想が求められるのである。西欧思想は人間中心の思想である。動植物や自然は人間のために存在するという原則がある。それを変えなければならない。科学技術は支配のためではなく、共存のために使うべきものに変える必要がある。我々は、あることを知らず知らずのうちに目的化してしまう。ITに見られるような新しくて便利なものが出現する。本来、それは何かを達成させるための道具に過ぎないが、それで生活できることから道具が目的化してしまうのだ。同じように科学技術の絶対信仰のようなものがある。しかしそれは間違いだろう。道具は道具でしかない。原発を見よ、誤った使い方をすれば、結局はとんでもない結果を生み出すだけである。知識ではなく智慧の復権が必要なのだ。

明治以来、西欧化によって進んできたわが国は、成功と失敗を繰り返しているが、依然として国民は目標を失っている。何のために生きているのか、生活は何のためにあるのか、そんな閉塞感がますますひどくなっている。戦後は、心の教育というものが消え、西欧の物質万歳という欲望追求の世界が、一層、顕著になった結果であろう。過去に戻れとは言えないが、仏教や儒教、八百万の神という原始神道の思想などの優れた精神を再度見直さなければならない。世界を救う思想は日本の中にある。
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。