スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人としての品格のない菅直人

相も変わらず菅直人は国民を裏切る公約破りのオンパレードです。来年度の予算の中身を見たら自民党なのかと目を疑ってしまいました。国民の生活が第一という国民のために使う税金はどこへ行ったのでしょう。パフォーマンスばかりで腹が立ちますが、最もひどいのは科学技術の振興のためや文化財のための予算が増やされることでしょう。これらの予算の言葉の響きは本当にもっともらしいのですが、中身の精査をすれば予算は官僚たちの天下り先を経由して、全て「補助金」と言う形で支給されるもので、まさに官僚の力を強めるためだけのもので何も国民生活に貢献などしていません。皆さんは騙され続けていますが、科学技術予算は毎年3.5兆円以上も使われているのです。この額は国防費予算より多いことを知っていますか、本当に異常な額なのです。いかにも科学技術や文化財のための予算のように思えるものですが、実態は独法や財団法人などを経由して大学や特定の研究者に配られる補助金制度にすぎません。地方への補助金制度と同じで、官僚の天下り先や権力の源泉となっている補助金制度は非効率の見本です。1兆円でも多いのに何のために事業仕訳けをしてきたのかあきれ返ります。政治主導は完全になくなり官僚のための政治に逆戻りしています。

菅直人は小沢氏を国会喚問しようなどと自分のミスを他人の責任にしようと必死になっているようですが、この男が何を考えているのか実態が見えてきたようです。参院で過半数を取れずにネジレを作ったのは自分の「消費税増税」発言による選挙の惨敗です。その責任を取ることもなく、他人に転嫁するとは何たることでしょうか。自分の責任は自分で取ることこそが政治家のみならず人としてのあるべき基本です、それさえできないことを菅直人は恥ずかしいとも思わないのでしょうか。又、大多数の民主党議員たちも菅直人の責任を問わずに代表にした責任を何も感じていないようです。これほどまで多数の国民を裏切る議員たちが民主党内にいた事も大きな驚きです。

結論は簡単です。自分でした過ちも認められず、しかも恥ずかしげもなく他人に責任を転嫁し、あろうことか同志を裏切る行為をするような人間が一国を運営することなどできるはずがないのです。彼らが最後は野垂れ死にするのが今から見えます。菅直人はさっさと首相の座から降りるのは勿論、彼を含めて同調した議員たちは国会議員を辞めて一市民に戻るべきです。公約破りで国民を裏切っている議員たちを我々は絶対に許さないでしょう。

しかし私は民主党を全否定するようなマスコミや野党の意見にはくみしません。今の菅直人政権の体たらくは許せませんが、だからといって元の自民党による官僚国家に戻すことはもっとひどい悪夢です。せっかく国民が選択した政権交代を、本来の意味での民主国家に変えるという目的達成のために、これからも努力していくことが我々に課せられた責任でもあるのだと思います。わが国を本当の意味で民主国家にする努力を今後も続けていきたいと思います。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。