スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密保護法の背後にある時代遅れの国家思想

安倍自民党の暴走によって「特定秘密保護法」という史上最悪の法律が作られようとしている。全ては行政の恣意的な思惑だけで秘密の指定ができ、しかもそれは60年もの間、完全に国民から隠されるだけでなく、それに反した場合には逮捕され、裁判の内容まで秘密にされるというひどさである。こんな法案に賛成する自民党、公明党、維新の会、みんなの党の国会議員たちは、近代国家における民主主義のなんたるかを何もわかっていない。彼らの頭は、西欧の歴史的に言えば、中世時代を脱して出来上がった絶対主義国家という理念程度のひどいものである。その絶対主義国家とは何かを簡単に説明しよう。

西欧の中世とは、土地の上に農民や商工人、軍人が、各々特定の集団として共同体を作り、その共同体が中心に世界が作られたものをいう。手工業者のギルドなどはその典型である。基本的には都市国家であったものがキリスト教による統一的な共同体の集合になった世界が西欧の中世である。それは教会という高度に組織された制度のもとのヨーロッパ共同体と呼ばれるもので、後世のイギリスとかドイツとかフランスという個別の国の存在は何もない世界である。個々の国王が存在していても、それは一定の土地を支配するものではなく、特定の貴族との契約関係だけでつながる社会であり、君主との契約を契約貴族が拒否すると、その土地は別の君主と契約した土地となり、常に領土というものは流動的なものとしてしか存在しえなかった。それ故に教会という普遍的な制度を持つキリスト教世界が一つの有機体として機能していただけのものに過ぎなかった。個々の人間は農民はずっと農民のままに何世代も続き、商人も貴族もおなじように過去から続くものとしての存在に過ぎなかった。これを変えたのがルネッサンスと呼ばれる人間の復活思想である。それによってヨーロッパは中世を脱するのである。

人間の復活という思想により、個々の身分制度で一生を決められるものから個人が職業などを決めるように変わるとともに、宗教においても宗教改革が起こり、教会中心のキリスト教は神と個人の直接契約というものに大きく変化する。これが他律として存在していたキリスト教を自律とした宗教に変え、人間の自立を生んでゆく。人間というものの考えが大きく変わることでヒューマニズムという人間中心主義の思想が始まり、それに従ってマキャベリの絶対主義国家というものが作られ中世が終わる。絶対主義国家とは家産国家と呼ばれる特定の支配者の持ち物国家である。そこに初めて地域国家という個別の国、ナショナルなるものが誕生する。世界は個別の国々に分かれ、全てを呼ぶときにはインターナショナルなる言葉に変わってゆく。絶対主義とは、利己的な人間を統制する手段として秩序を作り上げる「権力」というものの確立である。要するに支配するための装置として国家という機構、すなわち制度が作られたのである。また宗教も、宗教改革により個別の形態が生じたことにより国教制度というものが作られ、支配者に都合の良い形で利用された。国家は支配の手段として税金の徴収や、暴力装置としての軍隊のために徴兵制度を作り出す。中世では考えられないものが制度として確立されてゆく。それが現代の State という言葉の原型である Stato というものになった。過去のものとの違いは、政治としての共同体を指す意味のレス・プブリカ、リパブリック、コモンウエルスと違い、「権力」そのものを意味したものに変わる。

端的に言うと、これが中世を脱した西欧の流れであるが、そこにできた思想は絶対主義国家というものの確立であり。それは安倍自民党が目指すものと何も変わらない。権力者は明治維新では表向きは天皇というものであり、大日本帝国は天皇の家産国家であった。けれど絶対主義国家の特徴として、そこには官僚という機構抜きに国家の権力は維持できない。徴税や徴兵制、法律などの整備の全てが専門的知識を持つ官僚の手に委ねられて国家は運用される。全てが天皇という権力の名のもとに、実態は官僚の行う政策や法律に縛られて国が動かされる。こうして日本は変わったのであるが、太平洋戦争に負け、連合国から民主国家に変える意図で憲法は国民主権の国として大きく舵が切られた。けれど実態は何も変わらず、官僚たちはひそかに自民党という政党を作り国を動かしてきた。法律は三権分立を無視する意味で閣法制度が採用され、司法制度にも人事権を関与させて全てが行政府の意のままの国にされた。そして政権交代が起きたが、官僚の裏工作と民主党議員たちの情けない体たらくで完全に失敗して元に戻された。

安倍自民党による秘密保護法は絶対に認めてはならない。法案が通った暁には、一日も早く政権交代を実現し、徹底的に国を変えなければならない。この絶対主義国家という超時代遅れの国の体制を変え、完全な三権分立を持つ本当の意味の民主国家を作り上げる以外に日本の未来はない。国民は歴史とその背後にある思想の流れをよく知らなければならない。今の教育制度では何も変えられない。自らが積極的に学び、我々の過去の優れた精神的思想である仏教、原始神道を理解し、国家神道の復活を阻止し、平和国家として世界に貢献しなければ未来はない。二度と自民党政権に戻さないように国民の奮起が必要である。


月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。