スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の定義の混乱がひどすぎる

前にもIT用語の問題でわが国のカタカナ用語を非難しましたが、同じようなことが至る所で見られることに驚いています。政治や政策を論ずるときや経済の問題にも関連する「言葉」についての私見を述べたいと思います。

よく「新自由主義」という言葉を聞くと思いますが、この言葉を調べると驚いたことに自由主義と同じであることが分かります。なぜ新自由主義という言葉が古いものと概念が同じなのに「新」などと言う単語を使うのでしょうか、理解できません。このようなことが混乱を助長させる原因なのです。本来の自由主義の原語は「Liberalism」(リベラリズム)であり、ヨーロッパと米国では厳密な意味では多少異なりますが、基本的には政治的自由を実現させた重要な考え方を表したものです。初期の古典的自由主義は「レッセフェール」で知られる「放任される自由」を基本とした個人主義に基づいた自由経済主義、小さな政府(Limited Government)を求める思想でした。
 
しかしながら経済において何も規制のない状況下では貧富の差が激しくなり、結果として個人の自由が損なわれるという考えが台頭したのです。その結果、近代以降に初期の考えを修正した、政府や地域社会が介入して極端な格差を解消する必要がある、としたものが「New Liberalism」や「Social Liberalism」と呼ばれるもので、社会自由主義などと翻訳されているものです。本来はこちらが新自由主義と定義されるべきものだと考えます。

これに対して前述した「新自由主義」と一般的に言われているものは「Neo Liberalism」のことを指し、「New Liberalism」に対抗した古典的な意味の自由主義に回帰することを目指した思想を言います。その意味ではNeo Liberalismは「回帰自由主義」とでも呼ばれるべき言葉です。市場経済重視の考えから、民営化や規制緩和、福祉の縮小を主張するものですが、主として経済問題が主体の用語です。この考えを政治的なものまでに広げたものが「libertarianism」(リバタリアニズム)で「自由原理主義」と呼ばれている言葉です。最終的には「無政府主義」というものを容認する考えにも似た思想ですが、さすがに無政府主義までについては容認していない意見が多数意見となっています。 

また「小さな政府」と「大きな政府」という言葉も正確に理解されていません。この言葉は政府機構という物理的なものが大きいとか小さいと言う事を述べたものではないのです。一見すると「大きな政府」とは組織や人員が多い政府のように理解されがちですが、本来の意味は「規制や福祉に対する関与の大小」を表すもので、物理的な組織という概念の「効率性」というものは大前提です。不要な組織や非効率な制度、合理性のない人事制度や給与体系などは大きな政府だろうが小さな政府だろうが誰も認めてはいません。
 
この「新自由主義」という言葉の使い方一つに見られるように、我が国のカタカナ語の不統一や誤訳とも思える日本語への変換はとても重大な問題です。明治時代に知識人たちが諸外国の制度や考え方を導入した時のみごとな日本語への変換と比べて、現代のカタカナ語の氾濫は知識人たちの責任放棄と言わざるを得ません。官僚や政府の都合の良い解釈がまかり通るだけで国民は簡単に世論操作されてしまいます。
 
良い例では「マニフェスト(選挙)」という言葉でしょう。公約の重要性という観点で論じられ始めて各党が飛びついたものですが、本家の英国での制度的なことまで理解している人がどれだけいるでしょうか?英国では政党の決めた政策(マニフェスト)に従って立候補者が選挙運動を行い、当選者は政党の党議拘束のもとに政治を実行します。議員個人の意見はある意味では無視されます。逆なやり方が米国型で議員個人ごとの政策に対する意見に従った政治です。党議拘束はないので法案ごとに議論は百出します。もちろん選挙の時の公約を無視するという意味ではありません。各議員の公約は公約として個々人が義務を負うのです。この意味では日本がマニフェスト形態の選挙をしても、結局は個人を選ぶという概念のもとで選挙が実行されている矛盾については議論がないのです。公職選挙法なども個人に対する規定が主体であってマニフェスト選挙などは想定されているとは思えません。定義が曖昧なまま物事だけが進められている典型です。

また、言葉の正確な定義のない世界においては、何かが発展できる可能性はとても低いものになるでしょう。訳の分からない言葉や矛盾した用語があれば、何かを学ぼうとする人々は混乱し、言葉の理解だけで疲れ果てて本来の意味の学ぶという行為を放棄してしまうでしょう。その良い例をIT用語の以下のカタカナ語に記してみましょう。

オブジェクト指向、コンパイラ、プロシージャ、アプリケーションソフト、・ ・ ・ ・

これらの言葉を見ただけで何を意味するか分かる人がいるでしょうか。プログラムという勉強を始めようとする人々は、本来の意味のプログラミングの前に、これらの複雑な訳の分からない用語を理解することから開始しなくてはならないのです。大多数の人はこの時点で止めたくなってしまうのが頷けます。 ITにおいてわが国が遅れているといわれる原因もここにあるのではないでしょうか。

このように正しい日本語に翻訳がなされることはとても重要なのです。それを放置している現状で科学技術や教育にお金を投入しても効果は非常に薄いものにしかならないでしょう。欧米の哲学者はラテン語の理解から始めます。それは使用する言語の定義を明確にすることで思想を正しく理解し、又、自分の意見を伝える必要があるからです。ちょうど契約の中で使用される用語の定義のような感覚です。またカタカナ語以外にも、政治において必要な言葉とその背景にある思想についての正確な考え方を国民に広く知らしめる努力も必要だと考えるのです。勿論、国民一人一人の努力を否定するものではなく、学びやすさという観点と、正しい言葉の理解を前提とした実のある討論の必要性からの意見です。まあ、どちらにしても今の日本の官僚社会主義形態では、どのような形の政策議論ををやってもうまく機能はしないでしょうけれど。皆さんはどのように考えるでしょうか?

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。