スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が国の政治形態は始まりから機能不全のまま

以前から提起しているようにわが国の民主主義は機能していません。それは戦後から今に至る歴代内閣の継続年数を見ても分かることです。タイミングよくこの問題を年表にした記事があるので是非とも参考にして下さい。

ここで分かるように過半数の内閣は2年以下しか続いていないのが実態です。1945年8月以降から現在に至る65年以上もこの状態でいたことに改めて驚いて下さい。この原因を分析した知識人はいたでしょうか?私が直感的に判断したことは、やはり官僚組織の問題でした。明治以来連綿と続いている官僚制度は、敗戦により連合国から与えられた民主主義という「制度」をも骨抜きにしてきたのです。三権分立は名ばかりにし、衆議院と参議院の制度までうまく拮抗させることで国会議員たちの活動が機能しないように制度が作られてしまっています。それは官僚と一体化した自民党という政党でさえコントロールされてきたことを現しているのです。

現在に至るまで知識人と言われる人々は、政治の貧困などと言う言葉だけで、一つの政府が長続きしてこなかった理由の具体的な原因を何一つ提示していません。戦後の混乱を経て国民は懸命に働き、その結果、世界が驚いた経済復興が短期間でなされました。このことを知識人たちは、単純に政策が正しく、官僚が優秀であったかのような誤魔化ししか我々に提示していないのです。政治が正しかったならこんなに短期間しか続かない政府であったはずはないでしょう。現実は国民が優秀で勤勉だったからであって、決して政策や官僚制度が優秀であったわけではないのです。経済成長が続き、パイが大きい時には何をしても成功したための錯覚があっただけと言わざるを得ないでしょう。むしろ現在のようにがんじがらめの規制が無いことが幸いし、企業の活動が活性化したことが原因と見たほうが自然です。その事はバブル経済を許し、それが破綻してからも一向に回復していない現状を見ても明らかだと思います。経済成長が大きくなっていったにも拘らず、時の政府は常に「政局」に翻弄され続け、結果として未来を見据えた政策を提示できず、国民が政治に失望している間に官僚は増大した税収の省庁による争奪戦に終始した結果、経済活動までもが委縮したのです。ある意味、米国一極主義で突き進んできた事の当然の帰結と言えるかも知れません。しかも未だにその間違えさえ認めようとせずに、せっかく政権交代をしたのに菅直人政権は公約を裏切り、米国への隷従ともいえる政策を続けようとしているのです。

米国や欧米の民主国家においては、民主政治の確立に至るまで長い歴史を有しています。米国の歴史が短いとはいえ、その建国の背景である「自由」という概念の歴史を考えれば200年以上はゆうに超えているのです。わが国の65年程度の歴史とは桁が違います。私見として述べたことがすべて正しいとは思わないものの、少なくともわが国が積極的に「民主主義」というものの何たるかを国民に教育し、知識人と言われる人々も活発な議論を展開してきたでしょうか。これだけは明確に「ノー」という答えを出しても間違いはないと考えます。マスコミも連日報道してきた事は殆どが経済的なことが主体で、政治については「政局」と言われる問題ばかりを面白おかしく報道してきたに過ぎないのではないでしょうか。繰り返し述べているように、わが国に本当の意味の民主主義を実現させるためには「制度」としての民主主義ではない「獲得した」民主主義に変える必要があるのではないでしょうか、そのことで国民は民主主義の何たるかが初めて実感できるのではないのでしょうか。政治が行うべき問題は経済も重要ですが、国家のあるべき形を国民に明示して進めることが大切なのではないのでしょうか。少なくとも今の形態が、実態は三権分立や主権在民を実現していないことが明らかな以上、国会議員たちの自覚は昔以上に重要になっているのです。

せっかくの政権交代を無駄にしないために、国民が選択していない者たちによる統治という官僚国家を変える努力を始めるべきです。官僚制度が怖いのは、責任を求めるべき具体的なものが見えないことで、それは「制度という総体」で国家が動かされているために明確に見えないことによります。それを変えることは、その「官僚制度」の変革を実行するという事であり、目に見えない大きな敵と戦うようなもので、時間と費用が掛かるものになるという我々の覚悟が必要なのです。短絡的に見ることなく、マスコミによる世論操作に惑わされることもなく、何をするべきかしっかりと認識しなければなりません。直近の目標は次の点を提案します。 
  1. 閣法制度を廃止することで行政府の立法行為を禁止させる。
  2. 国会に国会議員が行う立法行為に必要な人員と組織を作る。
  3. 検察と裁判官の人事交流を禁止するとともに、検察特捜を廃止する。
  4. 司法制度の独立性を確保するために行政府との完全分離の人事制度を確立する。
  5. 参議院制度を変え、衆議院の優越性を確立する。

当面これだけのことでも大議論になり、既得権を守る守旧派の動きや参議院議員たちの反対で大変な事になるだろうと今から分かる気がします。しかし始めない事には何も進まないでしょう。あるべき姿を決めて物事を進めれば世界一優秀な我が国の国民は絶対に理解するはずです。官僚たちが行う反対の常は「焼け太り」という常套手段です。何か不具合があると、それを規制したり矯正するという名目で、同一組織内に別の組織や今ある組織の改編を行い、そのことでますます増殖を図ります。今回の検察の改革案を見れば、このことを絵に描いたような改革案と称するものが出されているのが分かります。そうではなく別個の組織による監視や組織そのものの改廃、法律による罰則の強化が必要なのです。とにかく小生のような提案を、国民自らがどんどん出していくことが大切なことだと思うのです。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。