スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党、その他野党のえせ政策

野党は全ての党が子ども手当や高校無償化などの民主党政策を「ばら撒き」と非難しますが、自民党がしてきた無駄な公共事業こそが「ばら撒き」ではなかったのでしょうか。機能しない国際空港や利用者の水増しで作られた地方空港、各地の港湾施設、車の通らない高速道路、時代遅れのダム建設、等々の枚挙にいとまのない事業により900兆円にもなる財政赤字が作られたのです。この事実を無視して報道しないマスコミや評論家の態度は何なのでしょうか、政権交代という経験が初めてとはいえ、正に民主政治後進国を象徴するような偏向意見ばかりです。

その総括も反省もないまま民主党政策を「ばら撒き」などと非難する資格が自民党や公明党にあるはずがないのです。先の国会での予算審議における自民党議員たち、とりわけ丸川珠代などの品のない政策無視の罵倒にも等しい言葉の数々にはあきれたものです。自民党が主張する消費税の増税は何を根拠に言っているのでしょうか。彼らは自分たちが巨額の財政赤字を作ったから増税しますと言っているだけではないのでしょうか。過去の政策の誤りの付けを国民に求めることこそ単なる税金の「ばら撒き」なのではないでしょうか。小泉、竹中路線においてネオリベラリズム的な経済政策を実行したのですが、結局は国民負担を増やしただけで小さな政府という根本的な部分には何も手が付けられず失敗したのです。さらに官僚制度については何の手も付けていないために、税金を国民に直接還元する政策は提示できず、官僚と一体化した族議員たちの利権のための補助金政策以外の選択肢しか提示できないのです。これでは元の官僚国家に戻るだけです。

他の野党も大したことを主張しているわけではありません。根本となる国家の形態をどのようなものにするという議論がすっぽりと抜けているからです。その意味では菅直人の言っている民主党の当初の公約の見直しは許せない裏切りです。国民は過去の自公政権による税金の無駄使いと、国民切捨ての政策を止めるために政権交代を選択したのです。その原点を無視した行為について我々が許すなどと思っているならとんでもない思い上がり者です。原点の公約ができないなら解散して国民に信を問うべきでしょうが、民主党内には原点の公約を遂行するべきという議員たちがまだ多数いる以上は、それらの議員たちに政権を委ねるのが筋です。そして特別会計を一般会計に繰り込むなどの、根本的な改革による国家形態の在り方を変えることこそが政権交代を実現させた国民の意思に沿ったものになるのです。

官僚の意向に従って世論操作を繰り返すマスコミなどに惑わされず、ましてや自民党などの偽りの政策に惑わされて元の官僚国家に戻すようなことは何の意味もないことです。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。