スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主主義という皮をかぶった社会主義国家

この国では「憲法」は何の意味も持っていないようです。戦争を放棄するために全ての交戦権を放棄しているのに自衛隊は大きな組織で存在し、マスコミも知識人も前提となる憲法を議論しません。三権分立はもっとひどい状況です。立法行為も司法に至るまで行政府たる官僚の意のままにされたまま何も変わっていません。一体この国はどうなっているのかという根本的な問いかけさえ出てきていない状態なのです。正に普通の国ではないのに誰もが「見て見ぬふり」をしています。

相も変わらず同じ事を繰り返し書かなければならないのは自分でも嫌になります。しかしながら、この国では知識人と言われる人々さえ何の声も上げない異常な状態にされているのです。天皇制を絶対的なものとして明治憲法が起草された時点でも、美濃部達吉らの学者たちは「天皇機関説」を主張し天皇の絶対性を否定しました。それに引き換え、わが国の現状の知識人と言われる者たちの沈黙は何なのでしょうか、あまりにも情けない状況に陥っています。国家の基本的な在り方の議論がないまま、単純に政治が悪いという議論ばかりが先行した結果、国民は国家観の基準も見失い、結果として社会全体に無力感が充満してしまっているのです。

本来の民主国家であれば国民が選んでもいない公務員たちが国家を動かすような事は断じて許されるものではありません。その事すら誰も声に出して論じないという異常さはどこから来ているのでしょう。崩壊以前のソ連や現在の北朝鮮を見れば、国家を動かしているのは公務員であり国民ではありません。社会主義国家では国民は主権者になっていません。この国では憲法が「主権在民」を明確に定義しているのに主権は国民にないのです。それが何の議論もなく放置されたままでいます。かろうじて選挙制度は確立されていますが、国民は民主主義の何たるかを理解していないので、投票率は60%程度と極端に低い状況です。個々人の実際の投票率は、政治家たちを応援する団体の所属者たちの高い投票率を考慮すると、実際にはさらに低いものになっている事は容易に想像できます。これが「全ては政治が悪い」というような世論操作の結果なのです。

国家の基本的な問題である予算や公務員の実態に関する情報は、全てが官僚の意のままに操作され、正確な情報は何も公開されていません。結果として国民は高い税金や、隠れた税金ともいうべき公共料金や公共サービスに対する印紙などと言う媒体を通じて高い費用を支払うことを余儀なくさせられています。免許証の更新だけでも何千円もの手数料が取られ、そこで配布される資料は天下り団体による中間搾取の源泉になっている有様です。公共財である高速道路や空港、港湾などの使用料なども法外の料金となっています。空港の着陸料はどこに使われているのでしょうか、情報公開されているのだろうか。その上で、日本は生産性が低いと平気で指摘されているのです。こんな状況下で企業がいくら頑張っても生産性で海外に勝てるわけがないのです。国内産業が衰退するのは当たり前でしょう。それに拍車をかけるように、何かの会社を立ち上げようとすれば省庁ごとの二重、三重、時にはそれ以上の規制が覆いかぶさります。国中に閉塞感が充満しないわけがないのです。 それに加えての消費税の増税論議などが加われば閉塞感はさらに深まり、国民の鬱積した不満がまた政治家に向かうという悪循環に陥っています。陰で喜んでいるのは官僚たちでしょう。

我々は政治が悪いなどと本気で言える状況にあるのか自問しなければなりません。自分たちの要求に対してその努力をしているのでしょうか。「誰かがやってくれる」という風潮がなくならない限りこの国は決して変わらないでしょう。幸いにもまだ選挙については官僚も手出しはできていません。これを使って国民の代表者を国会に送り、憲法をその本来の機能通りに戻して初めて民主国家が確立されるでしょう。政権交代したのに、以前と同じような他人任せの「政治が悪い、政治とカネが悪い」などという世論操作に振り回されず、本当の意味の民主国家にしなければ何の意味もなくなってしまいます。官僚と一体化した自民党のようなエセ民主政党に騙された結果が現在の我が国の姿なのです。国民一人一人の自覚が今こそ試されているのです。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。