スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森ゆうこ議員の検審議決追及を応援して

検察審査会法 第一章 総則
第一条 二 〇2
検察審査会は、告訴若しくは告発をした者、請求を待つて受理すべき事件についての請求をした者又は犯罪により害を被つた者(犯罪により害を被つた者が死亡した場合においては、その配偶者、直系の親族又は兄弟姉妹)の申立てがあるときは、前項第一号の審査を行わなければならない。

上記のとおり検察審査会法では 検察審査会に申し立てができるのは、「犯罪の被害者」、「事件について請求した者」、「告訴の当事者」のいずれかに限られる。このように考えると、検察審査会法のこの条文からすでにおかしい事が分かる。本来の趣旨は、検事による「起訴便宜主義」というものの恣意的な行為を監視し、おかしい場合に、その不当性を審査するために作られるている制度であれば、何ゆえにこのような条文になったのだろうか。

条文に「犯罪」と書いては推定無罪を否定している事になるのではないのか、「事件の被害者」であるべきではないのか。また「事件」とは何を指すのであろうか、ここにも恣意的なもの含まれている気がする。納得できるのは「告訴の当事者」だけだろう。

そもそも小沢一郎は検察が起訴できなかったのであるから犯罪は成立していない。従って告訴の当事者も被害者も存在していない。事件がないから、事件について請求する事自体が不当である。勝手に検察が見立てて事件を作っただけなのに、何ゆえに検察審査会に対してなされた申し立てが受理されたのであろうか。一体全体、具体的な被害者は誰だったのか、どのような具体的な被害があったのか、それらは受理の時点で立証されていたのだろうか。

あらゆる内容がおかしいのに、裁判所側は最高裁までもが全ては刑事裁判にて決着させろ、などという結論を出したこと自体が不当ではないのか。この国の司法は何も機能していないではないか。小沢一郎側は再度、裁判所に対して検察審査会への申し立てそのものの不当性から訴え直すべきである。森ゆう子議員の追及を少しでも応援したい。

追記: 阿修羅に投稿したら、さっそく「推定無罪」の件で非難投稿があった。検察審査会の意味をまるで理解していないのではなく、明らかに意図的に小生の意見を曲解させようとの意図が丸見えであった。今、ヤフーや阿修羅などに頻繁にこのような投稿が明らかに組織的になされている。意図的な世論操作に加担した意見投稿が多くなっているから注意が必要だ。あまりそのようなコメントが来るようになったら受付を拒否するように変えるつもりである。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。