スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我々は政治に何を求めているのか

戦後65年たった現在、語られることは経済的に成功してバブルが崩壊以降の経済的な成長のない事ばかりである。やれ政府の経済政策がどうの、日銀の金融政策がどうの、就職率がひどい、企業の利益がどうだ、等々の話ばかりだ。ごくたまに尖閣や竹島の問題が出た時以外、安全保障が大きく語られる事はない。その背後にある問題は語られてきたのだろうか? その良い例として、小泉・竹中によるリバタリアン的な経済政策に基づく政策の失敗の分析を考えてみよう。郵政民営化で全てがバラ色になると言っておきながら、実質は毎年、社会保障費を2200億円も政権交代まで削り続け、地方交付金も大幅に削ってきた。雇用形態も派遣労働法の改悪により、大企業が潤うだけで正規、非正規の格差が広がり、特に若者の閉塞感が強まり国民生活も考え方もズタズタにされた。このために一年半前に初めて本格的な政権交代が起きたのであったが、その理由は経済的な事だけであったのだろうか。 原因をリバタリアニズムとかネオリベラリズム等による「政治哲学的」によって分析した解説はほとんど見ない。

さらに政権交代になる前から、それを阻止せんとした官僚や既得権を持つマスコミなどの激しい画策がなされ、小沢一郎の陸山会事件に代表される大規模な民主党に対するネガティブキャンペーンとなり現在に至っている。それに拍車をかける意味で、民主党の代表選に絡んでの菅直人への交代による公約への裏切り行為によって政治状況はますます混迷している。逆に言うなら、官僚、自民党守旧勢力、マスコミなどによる権力奪回が成功しつつあることを裏付ける事ができる。しかし国民は本当に元の自民党による官僚社会主義国家への回帰を望んでいるのだろうか? 元のリバタリアニズムのような政策をする政党が過半数を持つことを望んでいるのだろうか? それではあまりにも悲しい結果に終わるだけではないのだろうか。我々国民は政治に何を求めているのだろう。というより政治家に対して何を求めているのだろう。誰もどのような国にしたいという考えがないのではないのだろうか。答えは選挙における投票率の低さに、すでに示されているのではないのだろうか。

大多数の国民は、何度も言うように、この国が本当の意味の民主国家ではなく官僚により全てが采配されている事実に気が付いていない。生活が良くならないのは政治が悪い、政治家が悪いからだと思わされている。マスコミは投票率の低さが政治への信頼性の低さの結果だと報じているが、とんでもない嘘である。自分たちがそのように仕向けてきた結果なのだ。何かあるたびに政治とカネや、政治家のプライベートな言動までも面白おかしく非難する。そのくせ国会における実質的な予算の審議がない事などは非難しない。一般会計の3倍以上の規模のある特別会計についても報道もしない。やる事は新しい政策の中身も議論せずに「ばら撒き」と非難するだけである。そして企業減税には触れずに消費税の増税を煽る。経済成長でGDPが中国に抜かれたとはいえ世界屈指の成功を国民は勤勉さによって獲得した。それなのに、国民は国から正当に見返りを得られたかと言う本質の議論がすっぽりと抜けたままにされている。一体この国のマスコミは何を考えているのだろう、完全に官僚のための宣伝機関に成り果てている。さらに知識人と言われる人々の沈黙もひどいものだ。官僚による「補助金」により、大学や研究にまで税金のばら撒きによって骨抜きにされた結果、本来の意味での学問的な意見までが封鎖されてしまっている。 国民は、できるだけ政治に参加させまいとされて、ずっと騙され続けているのが現実であり、本質的な議論は何もなされていない。投票にも行かない人々は今一度なぜなのかを自問してみるべきだ。


誰も本質的な意見を提起しない以上、我々がネット上で議論するしかないのではないだろうか。子供たちに残すべき、より良い国にするためには、我々は何を求めて、何をするかを議論して決めなければならないのではないだろうか。戦後、敗戦によって与えられた表面的な制度としての民主主義を、本来の意味での民主主義にしなくて良いのか、経済至上主義の国のあり方で良いのかどうか、一人一人が自問する時ではないだろうか。勿論、経済的な自立なき生活は成り立たないのであるから、その問題を無視するわけにはいかない。しかしながら日本国民としての我々のあるべき姿の考えが、あるのか無いのかでは結論は大きく異なるはずである。その大前提は、もちろん国粋主義的な考えではない「民主主義」という基盤に立った議論でなければならない。

その意味で三権の分立という、権力の集中のない公平な国家の実現は急務なのである。現状は官僚によって三権は独占された状態なのだから、その改革なくして本質的な議論は何の意味も持たない。まず必要な事は国家の形態を本当の民主国家に変え、同時に国民としてのあるべきアイデンティティーと言うべきか、価値観というべきか、国民全体が求めるべきものに対する本質的な議論の開始が必要なのではないだろうか。既存の制度を変えたくない人々もいるだろう、しかし本当にそれで良いのだろうか? マスコミによる表面的な事象に惑わされず、本質的な事を議論する重要性を個々人の判断に求めてみたい。マスコミや国民を馬鹿にしている評論家や官僚たちに我々国民の優秀性を示そうではないか、そして、その実現のために国会議員たちに求める事を明確にするべきではないのだろうか。そのような過程を経て、初めて投票率は上がるのではないのだろうか。全ては国民の覚醒にかかっている。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。