スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明らかにエジプトや中東の出来事を誰かが恐れている

エジプトでのムバラク退陣要求を叫ぶ無数の民衆の姿は過去にない広がりを国中に及ぼしている。もはやムバラクは9月の大統領選挙を前に辞任せざるを得ないだろう。30年にわたる独裁による官僚機構の腐敗と、国民への適正な分配なき政策に対して民衆の怒りが爆発したのだ。チュニジアにおけるジャスミン革命に端を発した市民革命は中東にどんどん広がるだろう。

我が国はどうなのだろうか? 「ジャスミン革命は日本で起きるか」という投稿をしたが、驚いたことに意図的に趣旨を変えようとする多数のコメントに晒された。明らかに誰かが組織的かつ意図的に小生の投稿内容を捻じ曲げようとしていた。暴力革命や自衛隊の決起など何も記載しないのに、わざと論点をそちらに誘導する内容のコメントばかりだったのには本当にあきれさせられた。

いずれにせよ、中東各国の独裁と言われている政体の長さは一番長いものでも40年くらいである。それに比べればわが国の官僚独裁の期間は戦後以来ずっと続いているのであるから65年という驚くべき長期になっている。国民は見せかけの民主主義に騙されて、戦後のわが国は民主主義国家だと思わされているが、実態は「官僚社会主義国家」なのである。その事は何度も投稿しているが、敢えて繰り返すなら、三権分立が何も機能していない事、特に立法行為が実質的に官僚に委ねられている「閣法制度」の存在で明らかである。さらに司法機能も「判検交流」という憲法違反の人事交流が行われている事から、官僚の恣意的な取り締まりと裁判が長年にわたり続いている。その最もよい例は小沢一郎に関わる陸山会事件などに見られるものや、有罪率が99%以上という世界的に見ても異常と言える数字に表れている。

これらの事実を認識し始めている国民に対して、ここ数週間に起きた中東におけるネットを通じた市民革命の成功に対して、明らかに日本のマスコミは報道が少ない。海外のマスコミは大々的に報道しているにも拘らず、その報道の少なさ、専門家の評論の無さについては異常ともいうほど少ない。誰かが裏で操作している事が透けて見える。

我々も声を挙げよう、マスコミの世論操作に負けることなくネット上で、ツイッター、FaceBook、その他のあらゆるツールによってこの国の実態を討論するべきである。阿修羅のような誰でも投稿可能なサイトがある事はとても素晴らしてことなので、多数の人々が多数の意見を投稿するべきだと思う。現象だけを見ないで、その本質にあるものを考えて我々が覚醒すれば、必ずわが国を本当の意味の民主国家に変える事が出来ると信じている。マスコミによる下らない政治家の醜聞などに惑わされずに、官僚独裁の実態を本当にこのまま許していいのか、しっかりと考えるべきである。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。