スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは自分の生活という視点で政治を考えた事はあるか

国民の権利という問題を何も語ることが無いこの国は本当に民主国家なのだろうか。義務だけを強制されているのではないのか? 我々は本気で政治というものの在り方を議論した事があるだろうか? 国会議員は我々の代表者であるという議論や自覚は国民にあるのだろうか? 

選挙にも行かない人々が政治を非難する資格があるのか?、何も根本的な事が語られない。立法、司法、行政という三権分立がない「閣法制度」や「判検交流」が堂々と行われている事実を誰も問題視さえしない。これがこの国の言う民主国家なのだろうか。あなたは考えた事があるのか、自問するべきだ。もっと言うなら「国会議員たちよ、あなた達は「立法府の職員」という自覚があるのかと問いたい。議院内閣制というり行政府が立法行為を堂々としている制度の前に、自分たちの本来の業務を理解してるのかを問いたい。誰が今の制度を作り上げたかを議論したことがあるのか?、自民党という官僚と一体化した官僚社会主義政党の問題を何故、大きく問題にして議論できないのだろう。選挙が全てで国民の意見が集約されているなどという欺瞞に、参加もしない国民の安易な考えが乗せられている事実をなぜ誰も指摘しないのだろう。官僚の思うままに議員達が告発されたり辞めされたりしている事がその答えなのではないのか。誰も民主主義という本質について議論も、考えも封鎖されている事実に気が付いていない。ここに問題の全てがあるのではないのか? あなたは考えた事はあるのかと問いたい。自分子供たちがこのような国でいいのかと問いたい。

見せかけの民主主義に対して国民は何をしているのだろう。我々は支払っている税金に対して、あまりにも無関心なのではないのか。消費税の問題でも、生活必需品に対して何の控除もない日本という国は、他国の制度に換算すれば14%にもなるという事実にさえ言及がない。それでもあなたは増税議論を容認するのか、ぜひとも聞いてみたい。政治は自己責任であり、それが機能するには自分たちが参加しないでできるのか。全てが官僚の思うままにされている事に気づかされないままで、あなたは本当にこの国のあり方を考えないで良しとするのだろうか、子どもの未来を考えて答えを聞いてみたい。

Comment


        
月齢・日付・時刻
この記事に対し意見を呟く
訪問者カウンター
全記事表示リンク
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。